ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:ミステリー
条件をリセット

詳細検索

作・天音蓮

イストワール国~その花の名を私は知らない~

 月詠奏(つくよみかなで)は祖母に育てられた。  21歳の誕生日に聖堂で大オルガンを弾いている中、イストワール国の聖堂へ転移してしまう。  還る手立てを探るうちに、彼女は運命の渦に巻き込まれていく。  ※『R15』と『残酷な描写あり』は念のためです。  ※遅筆の為、のんびりとした不定期更新になるかと思います。気長にお付き合いください。  拙い作品に、貴重な時間を使ってもいいよ、という心の広いかた、ご笑納いただければ幸いです。  ■■ 第一章 転移編 完結しました ■■  金髪に貝紫色の瞳をした子供になって転移した奏は、アルフレデリックに拘束された。  記憶が無いと偽った奏はディアヌローズとなり、たった一人の家族である祖母の許へ還るため、聖堂を目指すと決めた。  しかしこの国の人々や精霊と交流を深めていくうちに、嘘をつくことに耐えられなくなっていった。  ※転移当初の彼女は、かなり情緒不安定です。ご注意ください。  ■■ 第二章 ■■  雪の積もったある日、庭で魔獣に襲われたディアヌローズ。その時、奏の時に見ていた夢が甦る。  犯人が判明しないまま季節が変わり、花まつり見物に行ったディアヌローズは拉致されてしまう。  アルフレデリックの捜索を拉致犯はギリギリで躱し、ディアヌローズは森の中にあるアジトへと移送した。  ディアヌローズは精霊たちの力を借りて、拉致された子ども達と夜の森へ脱出した。 【迫り来る手(前編)】  目を覚ましたディアヌローズは、レミが居ないことに気付いて大樹を飛び出した。すると、ある提案をディアヌローズに持ち掛けてくるものが現れた。

更新:2022/9/11

文字数:370,324文字

- - - -

0
0
0
0

作・とよしー

ヤンデレ彼女は愛が足りない?

 身長2m体重130kg、顔も悪ければ口も悪い高校2年生、尾上拓也。  周囲から恐れられる尾上だが、周囲には秘密で演劇部のアイドル、針宮千代子と交際していた。  明るくて誰にでも優しい天使――そんな針宮には裏の顔があった。 「なんで私と一緒に帰ってくれないの? 私と一緒に歩くのが恥ずかしいの? それなら私、尾上くんと釣り合えるようにもっと頑張るから……」 「別に目立ってもいいじゃない。それとも私と一緒にいるのが見られると、まずい相手でもいるの? もしかして委員長? 前から怪しいと思っていたけど、あの子やっぱり……そうなの? それとも他の女? 怒らないから、教えて」 「尾上くんにその気がなくても、悪い虫は寄ってくるからね。だって尾上くん、かっこいいもん。美佳、奈々、香織、委員長……みんな……みんな、尾上くんのことを狙ってる……! 私から尾上くんを奪おうとするなんて絶対許せない……!」  異常なまでの針宮の嫉妬深さに、どうして自分のことを信頼してくれないんだろうと尾上は悩む。  彼女は本当に、俺のことを愛してくれているのだろうか? *第35回前期ファンタジア大賞で2次落ちした作品です。  応募した分は投稿し終えましたので、不定期で後日談を投稿していきたいと思っています。

更新:2022/9/7

文字数:120,845文字

- - - -

0
0
0
0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。