レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索画面を開く

検索結果:221件

掲載サイトを絞る

タイトルから探す

作者から探す

紹介内容から探す

タグから探す

ミリタリー

絞り込み ※書籍化はプログラムによる判断です。

文字数

作・paiちゃん

オリガン家の落ちこぼれ

 ミズドエル大陸の南には、古い時代に作られた街道沿いにいくつもの王国が並んでいる。大陸中央部にはいくつもの高山を持つシュバレード山脈が東西に連なっており、山脈の北は魔族の支配する土地だ。南の王国は、度々シュバレード山脈の峠を越えてくる魔族の脅威に晒されていた。  どうにか魔族の脅威を凌いでいたブリガンディ王国。その王国に代々に渡って優秀な軍人を送り出してきたオリガン家の次男は、いくら訓練を積んでも剣の腕は上がらず、魔法すら使うことも出来ずに成人の日を迎える。  全くの無能というわけでもなく、弓や近頃使われだした銃の腕は誰も驚くほどだ。 だが、貴族の男子であるなら弓より剣が貴ばれる。それが出来ねば魔法で才覚を出すことになるのだ。  16歳を過ぎた春分の日。父親の勧めにより辺境の砦に仕官するため、レオンはオリガン家を後にする。  不思議な縁で従兵を手に入れたレオンが到着した砦で、獣人族で構成される弓兵部隊の副官に成れたのだが直ぐに魔族の襲撃を受けた。  どうにか撃退したものの、新たに出城を作る指示を受けた。  出城の位置もレオン達に任せるということを不審に思ったレオンが砦に偵察部隊を派遣すると、砦にいたのは傷だらけの開拓民達だった。  どうやら、ブリガンディ王国内に獣人族の排斥が行われているらしい。  このままでは、出城さえ襲撃されかねないということで、安住の地を求めてブリガンディ王国を旅立つことにした。  安住の地は求めるのではなく、作ることになるだろう。  仲間達と力を合わせ、何とか王国軍と魔族の脅威を退けねばならない。  さて、どこに、どうやって作ろうか。

- - - -

0
0
0
0

作・ふみ

ある日の共和国陸軍兵器開発構築本部、あるいは魔女の日常

 ある商人は国の支配者に言った。 「あの魔女の要求を拒んではなりません」  しかし支配者たちは言った。 「法に依らねば国が成り立たない。一個人の我儘だけを聞くわけにはいかない」 「そんな道理のわからぬものは放っておきなさい」  商人はしれっと返した。 「私の富を見なさい。私の成功を見なさい。すべては魔女のおかげです」  なおも言い募る支配者たちに商人は決断を迫った。 「魔女がこの国に居る限り、この国の繁栄は約束されるのです。もし魔女を排斥するというのであれば、私もこの国を捨てましょう」  魔女の件はともかく、商人に逃げられるのは困る。支配者たちは折れた。商人の弁については半信半疑なものが大半であったが、商人の言ったことは驚くべきことに事実であった。    それから半世紀。  魔女は小銃弾の生産数の桁をみっつよっつ増やし、自己緊縛軽量砲を開発し、アルミヘッドの直噴ディーゼルエンジンを量産し、真空管の不良率を押し下げた。  駆逐艦は6万馬力の蒸気タービンで35ノットを出し、戦闘機は音速を超えた。  商人はやがて老いたが、死ぬ間際に、病をおして支配者たちのもとに最後の念押しに訪れた。 「けして魔女を粗略に扱わぬよう…」  それが25年ほど前。この話を聞いた宇宙人は思った。 「それってどこの座敷童だよ」  

- - - -

0
0
0
0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化タグについて

書籍化の判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。

通知

こちらはユーザー用の機能です。

一覧
to_top