glass menu_button

作品

レビュー

運営している人

@オノログ

閉じる

検索結果:866件

タイトルから探す

作者から探す

紹介内容から探す

タグから探す

人外

絞り込み

文字数

私、神様推しです!〜信者(自称)の恋模様〜

 これはとある依存気味な少女と依存されてしまった青年との話─── 「はいっ。初めましてこんにちは。本作の主人公こと、エンプティです!あらすじを書くのがとんでもなく苦手な作者に変わり、あらすじを言いますよ!  とある出来事からVRMMOを治療目的でプレイすることになった私は、その世界で神様…己の全てとも言える人物と出会います。  暫くは安穏とした生活を送っていたのですが、とある日、神様ランキングなるものがある事を知ってしまいます。勿論、私は神様を一位にする為に頑張るわけですね!  さあ、その道行を見たい人は寄っていって下さい!決して、暇はさせませんから!(多分。)  …あっ。注意事項です。このお話は割りとリアル面が出てきたりします。また、恋愛色強めなようでコメディー的でシリアスななんとも言えないストーリー構成となっておりますので、耐性の無い方はご注意下さい。  そして、当然ではありますがこの物語はフィクションですので、人によってはおかしく感じる点もあると思います。違和感を感じて我慢ならない場合はブラウザバックをお願いします。  それでは、皆様にとって良き暇つぶしとなりますようお祈り申し上げます。」 ─────────────────────  ※神様ランキングについて※ 神様ランキングとはギルドランキングのようなものです

- - - -

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

手造りだよ、ダンジョン創世記

純粋なダンジョン物とは違います。 ダンジョンを源流とした創世記です。 ダンジョン物として読んだら、ガッカリする場合もあります。 ご了承下さい。 さらに、私はテンプレ嫌いですので、そのつもりで読んでください。 しかし、ダンジョン物の記載ルールなどない筈だが…誰がつくったんだろ? まぁ、あっても、型にハマるのはゴメンですから、無視しますけどね😁 また、頑張って執筆しますので、よろしく。 【流れ流され何処までも】[link:novel_view?w=22922709] よろしく😃 以下、ダンジョン・ファミリー♪ 手造れっ!ダンジョン想製譚 [link:novel_view?w=22119931] 手造っちまった…あやかしダンジョン [link:novel_view?w=22139416] 手造りだっ!ダンジョン創作録 [link:novel_view?w=22147146] Let's Make Dangion!! [link:novel_view?w=22161028] 手造り!ダンジョン設立記 [link:novel_view?w=22152970] つくダン[link:novel_view?w=22078886] もしダンジョンマスターになってしまったら[link:novel_view?w=22350010] もう一つのK-ヨッシー・ダンジョン作品 【これって…】[link:novel_view?w=22813613]も、よろしく😃 本小説のページコメントは、エブリスタがページコメント削除機能をクリエーターへ返さない限り使用禁止とします。

- - - -

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

殿下、真実の愛を見つけられたのはお互い様ですわ!吸血鬼の私は番いを見つけましたので全力で堕としにかかりますから悪しからず

「アドリエンヌ嬢、どうか……どうか愚息を見捨てないでくださらんか?」  ここガンブラン王国の国王は、その痩せた身体を何とか折り曲げて目の前に腰掛ける華奢な令嬢に向かい懸命に哀訴していた。 「国王陛下、私は真実の愛を見つけてしまったのです。それに、王太子殿下も時を同じくして真実の愛を見つけたそうですわ。まさに奇跡でしょう。こんなに喜ばしいことはございません。ですから、そのように国王陛下が心を痛める必要はありませんのよ」  美しい銀糸のような艶やかな髪は令嬢が首を傾げたことでサラリと揺れ、希少なルビーの様な深い紅の瞳は細められていた。 「い、いや……。そういうことではなくてだな……。アドリエンヌ嬢にはこの国の王太子妃になっていただくつもりで儂は……」  国王は痩せこけた身体を震わせ、撫でつけた白髪は苦労が滲み出ていた。  そのような国王の悲哀の帯びた表情にも、アドリエンヌは突き放すような言葉を返した。 「国王陛下、それはいけませんわ。だって、王太子殿下がそれをお望みではありませんもの。殿下はネリー・ド・ブリアリ伯爵令嬢との真実の愛に目覚められ、私との婚約破棄を宣言されましたわ。しかも、国王陛下の生誕記念パーティーで沢山の貴族たちが集まる中で。もはやこれは覆すことのできない事実ですのよ」 「王太子にはきつく言い聞かせる。どうか見捨てないでくれ」  もっと早くこの国王が息子の育て方の間違いに気づくことができていれば、このような事にはならなかったかも知れない。  しかし、もうその後悔も後の祭りなのだ。  王太子から婚約破棄された吸血鬼の侯爵令嬢が、時を同じくして番い(つがい)を見つけて全力で堕としていくお話。  番い相手は貧乏伯爵令息で、最初塩対応。 『アルファポリス』に掲載中のものを移植しました。 執筆し始めて二ヶ月ほどの作品の為、拙いですがご了承くださいませ(੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭ु⁾⁾ *今度の婚約者(王太子)は愚か者です。

- - - -

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。