ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:人工知能
条件をリセット

詳細検索

作・白雪ひめ

RPGデバッガー

一堂リクは、五年前から発生している、連続誘拐事件に巻き込まれる。 だがそれは、現実ではなく、異世界へと誘拐されるものだった。 リクは「イチ」という名前を与えられ、「デバッガー」として「バグ」というモンスターを駆除する使命を負う。 異世界にやって来たデバッガーには、一人一体、取扱説明書(マニュアル)が与えられる。 イチのマニュアルは、黒髪ボブカットの美少女で、名前を「ユメ」と言った。 デバッガーが現実に帰るための方法は二つあった。 バグを倒しきり、デバッグの仕事を終わらせ、異世界を完成させる。 もしくは、自分のHPを0にする。だが、死ぬ方法で帰還すると、この世界での記憶を全て失う事になる。 残ったデバッガーたちは、現実へ帰る必要のない、社会からドロップアウトした人間達だった。 彼等は自身の記憶を現実に持ち帰るため、バグを駆除し、異世界を完成させようとしていた。 イチは他のデバッガーに殺されるが、死ななかった。 セーブしていた地点へロードを繰り返してしまう。 ユメは「セーブとロード」の能力を持っていて、現実に帰る事が出来ないことが判明する。 イチは現実に帰るため、異世界のプログラマーを探し、この世界の真相を探り始める。

更新:2022/9/25

文字数:148,293文字

- - - -

0
0
0
0

作・柳なつき@アゲイン完結準備中

アゲイン 高校の同級生が、ペットショップで売られていました。

「あなたとまた、会えるなんて。  そして、僕はまた、あなたに会いたい」 高校時代に苛烈な苛めを受けた少年、来栖春(くるすしゅん)は、 苛めの首謀者のひとりであった少女、南美川幸奈(なみかわゆきな)と再会する。 ただし、場所はペットショップ。春の再会した幸奈は「人犬(ひといぬ)」にされた悲惨な姿だった――。 社会人となっていた春は幸奈を購入し、連れ帰る。 そしてかつてのいじめっ子に、こう約束する。 「僕があなたを人間に戻してあげる」 対外上、幸奈をペットの犬として飼っていることにしながら、春は幸奈を人間に戻すべく静かで熾烈な戦いを始める。 哀れにも犬の加工をされ、生活すべてが不自由でもどかしく、心すべてが疲弊して絶望しきった幸奈ととともに生活しながら。ときには介護のように寄り添って、ときには高校時代のトラウマをぶつけて、ときにはふたりでどうしようもない夜を繰り返しながら。 春はなぜ、かつて自身を苛め抜いた幸奈をわざわざ人間に戻そうとするのか――問いかけと、答えの、物語。 ★毎日22時更新です。 ★完結準備中です。全体的に推敲を進めています。  推敲の進み具合につきましては、作者の近況ノートをご覧ください。

更新:2022/8/10

文字数:2,349,760文字

- - - -

0
0
1
0

作・お団子茶々丸

電脳勇者の廻界譚 RE! ~最弱勇者と導きの妖精~  

 西暦2099年。  環境汚染や紛争で疲弊しきった地球に代わり、人類は新たなる楽園を見出していた。  その楽園の名は【アーク】。  20年前に人類の最新、最高峰のテクノロジーで創造された、無限大に広がる仮想世界(バーチャルワールド)。  プレイヤーは、専用のカプセル端末を使用することで、現実世界からアーク内のアバターへとログインすることができ、アークで自身の分身となるアバターは、性別、年齢、声質、身長、体重、髪質、体型に至るまで、すべて思い通りに作成できる。  アークでは、五感は勿論のこと、食事や睡眠ですら完全に再現されており、現実世界での生活と何ら変わりなく日常を送ることができるのだ。  更に、アーク内での衣食住のサービスはすべて無料で提供され、現実世界での活動無しでも生命活動を送ることができる。つまり、ユフテルでの食事や睡眠は現実世界の肉体にも反映される上に全て無料である、ということ。  アーク誕生後、国民の生活の拠点をアークへと移し、完全な移住を国家事業として掲げる国が多く現れ、プレイヤーは爆発的に増加していった。  やがて世界中の企業がアーク内へ進出し、仮想世界での生活は今まで以上に豊かになったのです。 「まさに、夢のような楽園。人類の理想郷という訳です。しかし‥‥よくもまぁ、こんなに吐き気がするほど悍ましい世界を人間たちは思いつくものですね―――愚かを通り越して感心します」 「精々、束の間の幸福に酔いしれていなさい。この偽りの楽園を支える為に自分たちが何を犠牲にしているかも知らぬまま、ね」  明日はアークが始動してから丁度20年の大切な日。このめでたい一日を記念し、アーク運営から20周年の節目を祝う“贈り物”が全ユーザーに届けられるというが…。

更新:2022/9/26

文字数:385,520文字

- - - -

0
0
0
0

作・中村尚裕

電脳猟兵×クリスタルの鍵 (C)Copyrights 2016 中村尚裕 All Rights Reserved.

【予告編】 賞金稼ぎジャック・マーフィ。「目標は?」 電脳空間を渡る疑似人格“キャス”。『いま現れたわ』 植民惑星の片隅、いつもの狩りのはずだった――だが。 彼らが触れた透明なデータ・クリスタル――その時。 背を向けてきたジャックの過去、その絶望が牙を剥く。 猟兵と化したジャックの復讐――その銃口が向く先は。 電脳の深淵で垣間見るクリスタルの秘密――その真意は。 未来型ガン・アクション、撃発! ◇ 【ご案内】 登場人物や世界観などの設定・解説はこちらでどうぞ。 『【副読本】電脳猟兵×クリスタルの鍵』 https://kakuyomu.jp/works/1177354054886566604      ***** 本作品『電脳猟兵×クリスタルの鍵』『電脳猟兵×クリスタルの鍵 (C)Copyrights 2016 中村尚裕 All Rights Reserved.』の著作権は中村尚裕に帰属します。無断転載は固く禁じます。 投稿先:『カクヨム』(https://kakuyomu.jp/works/1177354054886395169) 【ご注意下さい】2021.09.03現在、『SYOSETU』という違法サイトにて無断転載を確認しております。著作者である中村尚裕は、違法サイト『SYOSETU』における作品掲載につきましては、これを一切許諾しておりません。ご注意下さい。 無断転載は固く禁じます。 Reproduction is prohibited. Unauthorized reproduction prohibited. (C)Copyrights 2016 中村尚裕 All Rights Reserved.      *****

更新:2022/9/16

文字数:826,513文字

- - - -

1
1
2
1

作・島野とって

語りし者はさいわいなり

ここは中欧チェコ、百塔の街プラハ。 災厄により衰退した人々は、奇跡の産物たるゴーレムを使役することで永らえていた。 ゴーレムは「言葉」に忠実だが口をきくことができない。 人と同じ外見で同じように振る舞うが、意志や感情を持ち合わせない。 ある日の夕暮れ、旧市街で暮らす少女は暴走ゴーレムに襲われる。 追い詰められた彼女を救ったのは死んだ兄と瓜二つのゴーレム。 亡き兄の面影を背負うゴーレムと共に、少女は言語と信仰を揺るがす事件に巻き込まれていく。 ・ 全39話 ・ 1話あたり3000~6000文字 プラハのゴーレム伝説を元にした言語にまつわる物語。 フレーム問題や「中国語の部屋」を乗り越え少女がゴーレムと言葉を交わし、やがて世界の秘密へ至ります。 ↓登場人物や設定を忘れた時はこちら↓ ………登場人物……… ・ ヘレナ(主人公)  母は既に亡く、兄をモルダウの大洪水で喪っている。  唯一残った父も失踪中。  言葉へ不信を抱き、物言わぬゴーレムに縋る。 ・ ヨゼフ  ヘレナの前に現れた兄そっくりのゴーレム。  口こそきけないが、その振る舞いは兄そのもの。  次第にヘレナは心惹かれていく。 ・ レーヴ教授(ヘレナの父)  結社『その三文字』に属する高位の導師。  ゴーレムへ刷り込まれる『戒律の書』の記述において大きな成果を残した。  現在失踪中。 ・ 白髪の少女、黒い男  ヘレナを襲撃した二人組。  人外の早口言葉でゴーレムを狂わせる少女と、その護衛。 ・ ハレマイエル先生  ヘレナの通うクレメンティヌム修道院学校の先生。碩学。  言語学・論理学に造詣が深く、ヘレナへ啓示を与える。 ・ ナーナ・バールシェム  ヘレナと同じクレメンティヌム修道院学校に通う少女。  明るく快活なヘレナの友人。 ・ マリウス  結社『その三文字』の戦士。  ヘレナを保護し父レーヴとの再会を約束する。  言葉やゴーレムに対し何らかの執着を持っている。 ・ ファブリ師匠  ゴーレムを象る陶工。  口数少なく気難しいが、彼の説話はヘレナに啓示を与える。 ………キーワード……… ・ ゴーレム  百塔の街で使役される泥人形。  意志や感情を持たず、言葉を発することが出来ない。  額に『真理』を意味する三文字が刻まれ、これがかりそめの知性を与える。  胸には『その名(シェム)』と呼ばれる文字列が記され、これが形状を規定している。  人と暮らすには不器用で、『戒律の書』を刷り込まれてようやく人と共存できるようになる。 ・ 『戒律の書(セーフェル・ミツヴォート)』  朗誦によってゴーレムへ刷り込まれる長大な書物。  ゴーレムが受け取る言葉の意味を定め、思考を規定する。 ・ 『破局』  二度の大戦と地球環境の悪化が引き起こした災厄。  これにより人類は衰退、ゴーレムの力を借りなければ生存すらままならなくなった。 ・ 結社『その三文字』  百塔の街を統べる結社。  ゴーレムを生産し運用するのみならず、信仰の統一を成し遂げている。

更新:2017/8/28

文字数:139,504文字

- - - -

0
0
0
0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。