ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:伏線
条件をリセット

詳細検索

作・ハル

公認魔幻語使い(マジスタ)の日常生活

■【第一巻のあらすじ】 見習いを修了した魔道士クリスはマジスタのライセンスを取るため、首都アルティアに向かっていた。しかし、その途中の森で、ゴブリンの一群に襲われる。彼を救ったのは、一万年もの昔に滅びたはずの「旧文明」の女性アリシアだった。彼女は一体何者なのか。また、ひょんなことから小柄で生意気な幻術士パルフィと出会ったクリスは、二人の剣士とともにパーティーを組み、さらに回復士を仲間にするため、旧文明兵器との無謀な戦いに挑むことになる。 ■発声するだけで特別な力を放出する『魔幻語』。それは、一万年前に栄華を極め、一夜で滅びたと言われる『旧文明』で使われていた言葉である。そして、現在において、魔道士や幻術士、魔道剣士など、この言葉を呪文や技に利用する者は総じて「魔幻語使い」と呼ばれていた。その中で、国からライセンスを受けて、ギルドの依頼をこなす者たちがいた。 それが、公認魔幻語使い(マジスタ)である。 これはそんな新人マジスタたちが、かつて高度な科学力を誇った旧文明の謎に立ち向かいながら、成長していく物語。 1巻ごとに完結する物語に加えて、全巻を通して展開するストーリー、そして、冒険に満ち溢れた彼らの「日常生活」をぜひご覧ください。 ■絵師さんに頼んで、絵画調の鉛筆画を挿絵にしています。 ■各巻のあらすじもどうぞ。 ■第五巻「東方の国ヒノニア」スタートしました! ■連載五周年! ありがとうございます。

更新:2021/1/8

文字数:1,093,646文字

- - - -

0
0
0
0

作・黒長 二郎太

実は凄い!! うる星やつらの伏線回収と軌道修正  原作40周年おめでとうございます!

あまり話題になりませんが、個人的にこれは凄い!と思ったものに、うる星やつらの、軌道修正と伏線回収があります。 現在の状況からは想像しにくい部分もあると思いますので、当時の状況を含めて書いたものです。 初期にはラムはヒロインどころかレギュラーですらない敵でした。 1話で地球をかけた鬼ごっこをやりますが、2話にはもう出てきません。 (第1話が掲載されたときは5話短期連載作品だったそうです) それが最後にはあの完璧な締め方です。 当時は凄かった……のレベルではなく、作者の高橋留美子先生は、軌道修正しつつ話を回収する能力が、極めて高いように思います。芸術的レベルです!! (2018年の)8/30が、うる星やつらの原作開始から40周年だったそうで、いろいろ流れてきたので思い出して、しばらく前に書いたやつを掘り返して40周年記念向きに寄せて修正したものです。 原作40周年おめでとうございます! 今でもファン(同志)がいっぱい居て嬉しいです。

更新:2018/9/2

文字数:5,693文字

- - - -

0
0
0
0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。