glass menu_button

作品

レビュー

運営している人

@オノログ

閉じる

検索結果:9460件

タイトルから探す

作者から探す

紹介内容から探す

タグから探す

冒険

絞り込み

文字数

勇者失踪〜帝国から逃げ出した女勇者〜

そこは昔、爆炎の勇者と呼ばれた戦士が治めた土地。 今ではアグニ帝国と呼ばれ…人界でもトップクラスの国力を保つ国だった。 この国では【勇者】と言うクラスを持つ子供が産まれるという。 女神によって強大な力を授かり…その力は世界を救うと言い伝えられて来た。 アグニ帝国領土の辺境の地。 とある村で生まれ育ったとある少女が居た。 少女は名をシャルロッテと言い…村一番の美少女だとか言われている。 無口でクールな印象を周りに与える…そんな彼女には誰にも言えない秘密があった。 それは…自身が転生者だと言う事。 前世の記憶なんて殆ど無いし、知識なんて有ってもほぼ意味をなさない。 何もかもが違う世界で…もうすぐ15年。 15歳になってクラスを得れば、村を出て生活出来るかも知れない。 そう思ったのも束の間…シャルロッテに与えられたクラスは【勇者】だった。 ほぼ拉致状態で帝都に連れられて…もう3年経つだろうか。 人界を滅ぼすと言う…魔界軍の情報は未だに掴めず…私がしている事と言えば、皇帝陛下直々の…魔物の討伐依頼や騎士の育成だった。 元々が平民、前世は庶民の私には皇帝に口出し出来る程の気概もない。 「……これって…完全に帝国の犬じゃん…!?」 そう思った私は、夜の内に帝都どころか帝国を飛び出した。

- - - -

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

魔法で奏でる三重奏! ~無慈悲な世界は女神の箱庭~

家族なんていない、そんなものは最初からいなかった。そして捨てられた私に当時の記憶なんて無かった。 唯一分かるのはこの世界を作った女神と同じ名前だったという事。そして常人ではありえない魔法使いとしての才能。 生まれてから12年間暮らしてきたマギアは親の顔も知らずに孤児院で暮らしていた。でも最初からいない親の事なんて知らないし興味もない。孤児院での生活は楽しかったし毎日に生きがいを感じていた。 でもどうも幸せな時間は長くは続かない。それは一日にして無残に散った。私の大事な物、かけがえのない場所は灰となり炭となりそこにあった幸福な現実は無残な思いでとして私の中に焼き付いた。女神の手先を名乗る悪魔が私の大切な全てを壊したから。そしてその悪魔が話す事実は衝撃的なものだった。 女神の暇つぶしで創られた人形、それが私の正体。暇つぶしの為に私は作られ暇つぶしの為に奪われた。そんなの許されないでしょ? もしこの世界に神がいるならどうしてこうも過酷を強いるのだろうか。こんな世界ならいらなかった、こんな悲しい思いをするなら生まれたくなかった。 私は世界に宣言する、私の幸せを壊した残酷な魔族、そして救いの無いこの世界を作った無慈悲な女神への復讐を……。 「何年かかったって絶対に見つけ出して潰してやる……っ!」 無慈悲な女神の創った箱庭(セカイ)で3人の魔法使いが集う時、女神の祝福を受けたはずの大魔法使いの女神への復讐が始まる。

- - - -

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。