ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:剣聖

条件をリセット
詳細条件で探す

作:朝凪 霙

一から剣術を極めた俺は最強の道を往く〜やがて神髄に辿り着く少年の剣術は、この世の全てを凌駕する!〜

   少年――コウは、『落ちこぼれ』だった。  コウが亀だとするならば、周囲の人間は鳥。『努力しても足りない』。コウには圧倒的な時間が足りなかった。  だが、運命というものも残酷で、コウの村は魔物に襲われてしまう。  コウは弱い。それでもコウは剣を握り、魔物に立ち向かった。  決して勝てる相手ではなかった。ただ、魔物と戦う最中に、コウは不思議な空間へと飛ばされた……  これは、一から剣術を極めた少年が、大事なモノを守り抜く為に――そして、『最強』へと上り詰める為に、剣術学院の学生として成長していく物語である。  ただの無双とは一味違う、剣術の『真実』を追い求める少年の、学院ファンタジー‼︎  そして、無双要素有り、剣術要素有り、成り上がり要素有り、厨二っぽい(?)要素有りの、剣戟ファンタジー!!  ☆初めて書く連載小説ですが、頑張って良いものを作れるようにしていきたいです。  もしそれでも良いなと思ったら、評価や感想よろしくお願いします。

更新:2021/3/28

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:つくも

【連載再開!】【書籍化&コミカライズ】ポイントギフター《経験値分配能力者》の異世界最強ソロライフ ~ブラックギルドから解放された男は万能最強職として無双する~

「フィルド。お前はもう必要ないんだ」 「本当にいいのか? 俺のポイントギフターのスキルは、経験値を分配するだけじゃなく増加も……」 「良いから早く出ていけって。もうここにお前の居場所はないんだから」 「そうそう。お前みたいな役立たず雇ってる金でさ、うちは他所からエースを引き抜いたんだよ」 「そうか」 幹部陣からそう言われ、ギルドをあとにすることを決めたフィルド。 その直後、国内トップの成績を走り続けていたギルド『栄光の光』は崩壊の危機に直面することになる。 「どんどん力が発揮できなくなるぞ……!?」 「剣が重い……?」 「えっ……魔法が出ないんだけど!?」 フィルドに指示して溜め込んでいた経験値が剥がされて残るものなど、何年もぬるま湯生活をしてきた者たちにあるはずもない。 新規加入した剣聖もまた、ポイントギフターありきで移籍を決めていたため、話が違うとすぐに飛び出す始末。 ギルドが崩壊していく一方、自由を得たフィルドは、これまで分け与えていた経験値が全て個人に還元されたことで、 大陸随一の実力者に成り上がっていた。 ※すかいふぁーむさんとの共著です。原案、プロット、すかいふぁーむさん。本文つくも。 アルファ、なろうでも連載予定 【書籍化決定】ありがとうございます!

更新:2022/2/16

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:るふと

勇者を名のる剣聖の弟子

 100年ぶりの『剣聖』がこの国に誕生した。  剣士を目指していた少年は剣聖の弟子になりたくて村を飛び出した。  少年が旅の途中で出会った美少女はとんでもない剣の達人で、魔物をあっという間に倒していく。  きっとこいつが『剣聖』に違いないと思っていたら、なんとそいつは『勇者』だった。 「なんだよ、『剣聖』じゃないのかよ」 「『勇者』だと名乗って残念がられたのは初めてです」  だけど実はこの『勇者』が『剣聖』でもあったのだ。 「『勇者の弟子』は募集していませんが『剣聖の弟子』なら大歓迎です」  どうやら俺を『剣聖の弟子』にしてくれるらしい。  ところがとんでもない事実が発覚した。  『勇者』で『剣聖』の美少女は・・・なんと妊娠していたのだった。 【勇者の弟子はお嫁さんになりたい!】のスピンオフです。  最終話とエピローグの間の話になります。 ※【勇者の弟子はお嫁さんになりたい!】のネタバレを含みます。第一部まで読んでからこのお話を読む事をおすすめします。  後日談の連載中です。【勇者の弟子シリーズ】3作品を並行連載しています。

更新:2024/3/4

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。