ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:努力

条件をリセット
詳細条件で探す

作:ミリオン

『最初の村周辺でレベル99にしてみた』をマジの人生でやってみた。結果、神になった俺が、日本人を異世界に召喚してチートをあたえてみたら……

 孤独を愛する高校生『閃(せん)』は、事故死で異世界に転生。  神様チートはなかったが、『世界一レベルが上がりやすい才能』と『無限転生』をもっており、  かつ、『この世の誰よりも努力が出来る資質』をもっていたので、  当然のように、最強となって『究極の神』になる。   ――『神以上の経験値倍率』と『無限転生』という究極チートを持った主人公『閃(せん)』。  とんでもない速度で強くなる彼が、とんでもない時間を積んだ結果…… 「もういい! 異世界転生、もう飽きた! 何なんだよ、この、死んでも死んでも転生し続ける、精神的にも肉体的にもハンパなくキツい拷問! えっぐい地獄なんですけど!」  これは、なんやかんやでレベル(存在値)が『10兆』を超えて、神よりも遥かに強くなった摩訶不思議アドベンチャーな主人公が、 「もういい! もう終わりたい! 終わってくれ! 俺、すでにカンストしてんだよ! 俺、本気出したら、最強神より強いんだぞ! これ以上、やる事ねぇんだよ! もう、マジで、飽きてんの! だから、終わってくれ!」  などと喚きながら、その百回目に転生した、  『それまでの99回とは、ちょいと様子が違う異世界』で、  『神様として、日本人を召喚してチートを与えて』みたり、  『さらに輪をかけて強くなって』しまったり――などと、色々、楽しそうな事をはじめる物語です。  『世界が進化(アップデート)しました』 「え? できる事が増えるの? まさかの上限解放? ちょっと、それなら話が違うんですけど」  ――みたいな事もあるお話です。

更新:2022/5/2

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:桜良 壽ノ丞

「暇なら物理攻撃しろ」と、双剣を渡されて旅立つ召喚士の少年の物語~【召喚士の旅】Summoner's Journey

【絶望の淵から救い出された不幸な少年と、頼もしくも不愛想な精霊がお届けする、旅と友情、時々苦難の優しい快進撃!】 物語の主人公であるキリムは、危険を冒して各地を回る「旅人」を志望する少年だ。 しかし自身が持つ召喚能力を使っていつかは旅に出たいと思うものの、 魔物の襲来で壊滅した村の復興と病気の父の看病のため、その夢を諦めつつあった。 キリムはそんなある日、駆け出しには不相応な強さを誇る人型の精霊 (クラム)ステアを呼び出してしまう。 生活費も底をつき、父親の薬も残りわずか…… 哀れなキリムを見かねて、ステアはキリムに金策も兼ねた旅立ちを決意させる。 「魔法はどれくらい使える。1度召喚してしまえば暇だろう」 「暇って……。魔法なら1日に5,6発はなんとか」 「話にならん。魔力切れを恐れて突っ立っているくらいなら武器を使え」 「え、ええ……? 俺、召喚士ですけど」 貧乏な村を襲った悲劇のせいで、出遅れてしまった新米召喚士の少年キリム。 そんなキリムを放っておけない不愛想で優しい相棒、ステア。 時折現れる他の精霊の助けや人々との出会いにより、キリムは次第に旅人としての頭角を現す。 そして旅の中で、それぞれに隠された秘密へとたどり着く。 キリムとステアは諸悪の根源となる者を捕らえ、両親や精霊たちの雪辱を果たせるのか……。 どうか面白いと思っていただけましたら、♥、作品フォロー、★にて応援を宜しくお願いします! 感想、レビューもお待ちしております。 小説家になろうでも公開中です。

更新:2022/4/6

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:あけちともあき

転生魔王のマニュアル無双

真面目だが空気が読めず、冷や飯を食らっていた会社員、柘植隆作(つげ-りゅうさく)は、ある時目覚めると、謎の面接室にいた……! 面接官は異世界の魔神。 その世界、ディオコスモでは、彼の勢力である魔族が危機に陥っているというのだ。 隆作はどういうわけか、最後の魔王としてスカウトされ、異世界へ転生することになる。 味方はJK上司に、ゴブリンの姫。 壊滅しかけのゴブリン一族。 しかも、過去にJK上司がやらかした大敗戦のせいで、協力的とは言いがたい。 敵は国を興した七人の勇者、七王。 それぞれ絶大な権能と、軍隊を操り、魔族を殲滅しようとしている。 しかも、彼らに鍛えられた人間族はなかなか精強……! 隆作は、最後の魔王こと黒瞳王ルーザックとなり、これに立ち向かうこととなる。 彼の武器は、とても丈夫な魔剣と、プラモデルを召喚する能力、そして真面目さ、融通の効かなさ、マニュアル至上主義。 最初は地味だった戦い方も、新たな魔族が仲間になることで、戦術が広がっていく。 石橋を叩いて渡るような策略で、地道に地道に勝ちに行く、一大戦記の幕開けである。

更新:2021/7/22

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。