glass menu_button

レビュー

作品

レビューを投稿する

運営している人

©オノログ

閉じる

検索結果:16件

タイトルから探す

作者から探す

紹介内容から探す

タグから探す

和風ファンタジー

絞り込み

文字数

ヤクザな退魔

比嘉笙矢という名前の34歳東京都民はヤクザである。指定暴力団関東門倉会の二次団体、黒澤組の組員だ。34にもなっていまだに幹部にしょっちゅうどつきまわされている、しょーもない下っ端である。なんで毎日のようにブッ飛ばされているのかというと、たまに息をすることさえめんどくさがる究極のものぐさだからだ。ケンカも弱いし顔にも体格にも迫力がない。それなのに、笙矢が組長や幹部から愛想を尽かされるどころか、面白いやつだと一目置かれているのには、和風ファンタジーな理由があった。――比嘉笙矢という34歳暴力団員は、まほうがつかえる。わけのわからない呪文とわけのわからない鯉みたいな魔物を使って、ユーレイやヨーカイを退治できるのだ。「……だから呪文じゃねえすよ。祝詞です」//通称『新ヤク』。2005年~2006年に作者のサイトにて更新していた短編連作『ヤクザな退魔』を、某出版社様から書籍化のお誘いを受け、商業誌用として大幅に加筆し、内容を再構成したものです。書籍化のお話がお流れになってしまったため(またか! でも今回は作者がワガママ言ったせいです)、無料公開いたします。また、カクヨムにも転載しております。本作の骨子となった『旧ヤク』はこちら→http://molock.sakura.ne.jp/koi/top.htm

- - - -

評価

1

レビュー

1

読んだ

1

気になる

0

桃嫌いの桃太郎と癖の強い三人の仲間

昔々あるところにおじいさんとおばあさんがおりました―― から始まる桃太郎の物語。 けれど、この桃から生まれた桃太郎、剥いた桃のように瑞々しく美しい青年へと成長しましたが、まさかの桃嫌い。 物心がつく頃には『桃』太郎と呼ばれるのなんて以ての外と「どうか俺のことは『太郎』と呼んでください」と名付け親であるおじいさんへ懇願する始末。口にするのはもちろんのこと、見るのも嫌らしく、おばあさんが来るべき日のためにとこっそり用意していたであろう、桃柄の陣羽織も日の目を見ることはありません。 そんな彼が出会った仲間は、犬、猿、雉の三人。といっても動物ではありません。山犬のように猛々しい者、猿のように身軽な者、そして、雉のように艶やかな者。 ちょっとした事件に巻き込まれつつ、流されるように目指すのは、やはり鬼の住まう島。けれど目的は討伐ではないようで―― ※1)限りなく日本に近い世界ですが、一応日本ではありません。 ※2)この世界では十五で元服し、酒が飲めます。 ※3)セルフレイティングはすべて選択していますがどれもそこまで激しくはありません。桃太郎をベースにしておりますが、バトルシーンはほとんどありません。多少艶っぽい表現があります。

桃嫌いの桃太郎と恩返しの物語達

本妻危うし!? 石蕗屋に恋敵現る! 桃から生まれたのに桃が大嫌いな桃太郎――改め『太郎』は、仲間の犬猿雉と共に、鬼が住まう島、鬼ヶ島を無事に出て帰路につく。そして物語の舞台は再び石蕗屋へと戻るのだが――、 無二の親友である白狼丸のもとへ可愛らしい娘が訪ねてきて、こう言うのである「あなたの妻にしてください」と。 また、飛助のところへは、六人もの爺が「いつぞやの恩を返しに参った」とやって来て、 扇子屋を間借りしている薬師の青衣は、薬草摘みの帰りに幼き頃の自分と重なる少女を拾う。 仲間達の前に次々と訪れる厄介な人物や事件に、太郎は少々焼きもち気味で……? 三つの御伽噺をモチーフにした『桃嫌いの桃太郎』の続編です。 今回は前話よりもBのLが強め(当社比)になっており、前作では語られなかった仲間達の重い過去もざくざく出て来ます。前回よりもシリアス部分が多い気がしますが、何とかコメディも織り交ぜつつ、相変わらず犬猿雉は桃太郎を溺愛している内容となっております。 ↓こちらの続編です 桃嫌いの桃太郎と癖の強い三人の仲間 https://kakuyomu.jp/works/16816452218407521775 ※1)限りなく日本に近い世界ですが、一応日本ではありません。 ※2)この世界では十五で元服し、酒が飲めます。 ※3)セルフレイティングはすべて選択していますがどれもそこまで激しくはありません。桃太郎をベースにしておりますが、バトルシーンはほとんどありません。多少艶っぽい表現があります。

阿吽の夜叉

朝霧 烈圭(あさぎり れつか)は九州のとある片田舎に生まれ、地元の高校に通っている女子高生。親兄弟はおらず、幼い頃から親戚の家をタライ回しにされていたが現在は一人暮らし。静かで平穏な暮らしを送っていた。 しかし、高校2年生の春。 クラスで隣の席となった天鬼 夜鷹(あまき よだか)とその兄、天鬼 藍之仁(あまき あいのじん)という転入生の双子との出会いによって、烈圭の平穏な日常は突如として壊される。 烈圭がこの世の大多数の人間には見えざる者共───かつては妖怪や物の怪と恐れられた、不可視の〝異形〟の存在を認識することができる見鬼(けんき)の才を持つ、稀な人間であるということにはじまり。烈圭は彼ら双子に次々と自身の知られざる〝秘密〟の数々を暴かれてゆく。 後に烈圭はこの不思議な双子との出会いと並び。かつては異形殺しを生業とし、〝修羅狩り〟と呼ばれる祓い屋組織の1人であったことを仄めかす、怪しげな生物教師の男とも遭遇してしまう。 偶然か必然か。 これらの奇妙な出逢いをきっかけとし。 烈圭の平穏でありながらも色褪せていた日常は 奇しくも妖しい、色濃き〝怪異〟に染まってゆく。 そうして烈圭は自分の〝生きる〟意味、 〝生かされた〟意味、 本当の〝家族〟の在り処を求め。 人間 ・ 鬼 ・ 妖 古より続く、この三つ巴の存在の因縁に 巻き込まれてゆくこととなる─── かつて、我々を統べる者は 隔てなく全て〝 夜叉〟と謳われ、貴ばれた。 人の子らはそれらを心から畏れ。 妖共はそれらを酷く厭う。 そして、それらの中でも 古き夜の終わりを告げ、 始まりの朝をもたらす彼らを 我々はこう呼んだ──── 『 阿 吽 の 夜 叉 』 これは彼らの〝はじまり〟 そして彼らの〝おわり〟を紡ぐ 幾多の夜叉共の物語────── ────────────────── ※宣伝※ 現在、作者鹿山のTwitter(@keiji8888kayama)にて本作「阿吽の夜叉」のキャラクターイラスト(絵 : 鳥海えな様@enasuskak)を公開中。大変素敵なイラストとなっておりますので、是非読者の皆様もご覧下さい。 また、6月上旬より読者閲覧画面が公開される〝たいあっぷ〟というサイトにて本作「阿吽の夜叉」第10話までを挿絵付きかつ無料で読むことができます。よろしければ是非、ご覧頂けましたら幸いでございます。 ※本作では章タイトルからサブタイトルにまで、物語の〝芯〟を表すような様々な〝意図〟を含ませております。その簡単な解説集を作者(鹿山)の近況ノートにて記しておりますので、是非お目に留めて頂けましたら幸いでございます。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません

point_star point_star point_star point_half_star point_zero 3.5

評価

3

レビュー

2

読んだ

1

気になる

0

友士灯―ともしび―

 人ではないモノの力と感性を持つ少年少女が、何のために生きて力を振るうのか、人間らしく変わるために何をすればいいのかを探す物語。(※当作の俺っ娘は男前系女子ではありません)  花街の自警団に所属する少女、志乃は妖雛(ようすう)――人間でありながら、妖怪でもある希少な存在。人外由来の能力を持つが、共通して興味索然とした部分を持つ彼ら彼女らは将来、道具として都に徴兵され、〈物の怪〉と呼ばれる異形と戦わなければならなかった。  畏怖も忌避も、道具と見なされることも笑ってあっさり受け入れ、徴兵の日を待っていた志乃だが、他者から「先生」と仰がれる初老の男性、直武の旅に同行することが急遽決まる。その旅は、彼女ともう一人の妖雛を育てるための旅だった。 「君たちは、意思なく志も無い道具ではない。人間だ。だからこそ、灯火を得て進まなければならない。掴みとりたいものと、そこまでの道を照らす灯火を見つけなさい」  ――進む道を照らす火は、自分で灯さなければならない。  これは心の灯火を得るまでの、そして、空虚な半妖の少年少女が、人間らしくなるまでの物語だ。  第一章から第六章までの大まかな地図と道のりはこちら→https://kakuyomu.jp/users/skhb-3725/news/16816700427852341602  舞台や登場人物、用語一覧はこちら→https://kakuyomu.jp/works/1177354055595184174 ※「!?」などの半文字表記は横読みでの見栄えを個人的に考慮して「!?」と大文字表記にしております。 ※この作品は「小説家になろう」でも掲載しております。

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。