レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索画面を開く

検索結果:116件

掲載サイトを絞る

タイトルから探す

作者から探す

紹介内容から探す

タグから探す

幕末

絞り込み ※書籍化はプログラムによる判断です。

文字数

作・野口 ゆき

むつの花

黒船来航以来、日本国内は混乱していた。 江戸幕府を助ける『佐幕派』、鎖国をやめ他国と国交を結ぶ『開国派』、天皇を敬う『尊王派』、外国人を排斥する『攘夷派』、幕府を倒す『倒幕派』、そして、それぞれの人々の思惑、信念、陰謀、野望により、慶応四年(1868年)江戸時代最後の内乱が勃発した。 『戊辰戦争』である。 奥羽越列藩同盟を中心とする『旧幕府軍』と長州藩・薩摩藩を中心とする『新政府軍』との戦いは、火器の発達により凄惨を極めた。 最早、槍や刀の時代ではなかった。 新しい時代の始まりであった。 その激しい時代の渦の中に巻き込まれた、小さな藩があった。 越後・長岡藩である。 はじめ、長岡藩は河井継之助による構想『スイスのような中立国』を目指した。 内乱をしていては外国に侵略される可能性がある事を、河井は憂慮していた。 慶応四年(1868年)五月二日。 小千谷の慈眼寺にて河井は『新政府軍・軍監』岩村精一郎と会い、戦をやめて皆で新しい国家を作り、国を共に守る事を提案した。 『小千谷談判』である。 しかし、交渉は決裂。 長州藩・薩摩藩は、戦で徹底的に幕府を討つ必要があった。 自分達が徳川に成り代わるには、幕府の存在は邪魔だった。 交渉など、無意味だった。 河井は長州藩・薩摩藩の横暴さ、不正義を目にし、とうとう決断した。 『我らも、戦に参加しなければならない。 戦を、早く終わらせねばならない。 国を亡ぼさない為に・・・』 長岡藩は『奥羽越列藩同盟』に加盟し、参戦する事になった。 その長岡藩に、一人の少女がいた。 長岡藩士・野口久馬の娘、野口ゆきである。 ゆきは長岡で家族や友人達と共に、平和に暮らしていた。 しかし、少しずつ戦の影が忍び寄っていた。 ゆきは戦に巻き込まれて行く中で様々な人々と出会い、学び、自分が何の為に生きているのか、自分の役割とは何かを考えるようになる。 ※ 『dnovels』終了の為、掲載していたもの(2014年12月28日~2016年9月22日)   を転載しました。 ※ 2019年12月31日、訂正終了致しました。   今後、大きな内容の変更を行う予定はございませんが、誤字・脱字等見つけた場合は   訂正等するかもしれません。   大変申し訳ありません。 

- - - -

0
0
0
0

作・筑前助広

中老 相賀舎人は揺るがない!!

 江戸時代。夜須藩の改革に心血を捧げる男がいた。齢三十で中老に抜擢。名君と謳われた栄生利景の側近として、数々の政策を生み出した。他者の意を介さない冷酷さと、己の能力への圧倒的な自信。それが夜須の藩政改革を可能にした。  夜須藩中老・相賀舎人、三十三歳。何事にも揺るがない、冷酷なる能吏の仕事を今回はご覧いただこう。 (短期集中連載、全五回) ※アルファポリス第一回歴史時代小説大賞特別賞「狼の裔」の前半の裏側と、後半に繋がるスピンオフ作品です。 ※この物語はフィクションです。実在の人物・団体・地名とは一切関係ありません。 ※この物語は、「巷説江戸演義」と題した筑前筑後オリジナル作品企画の作品群です。舞台は江戸時代ですが、オリジナル解釈の江戸時代ですので、史実とは違う部分も多数ございますので、どうぞご注意ください。また、作中には実際の地名が登場しますが、実在のものとは違いますので、併せてご注意ください。 ※本作品には、差別用語と思われる語句が登場しますが、それは物語の舞台設定上致し方なく、差別を助長させる意図は一切ありません。

- - - -

0
0
0
0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化タグについて

書籍化の判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。

通知

こちらはユーザー用の機能です。

一覧
to_top