ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:心霊

条件をリセット

条件でさがす

作:沖光峰津

怪奇現象と言う名の病気

 主人公の中田哲也がストーリーテラーとなり怖い話しを聞きまた体験していく物語です。  全10編の短編集ですが最後のオチに繋がる話もいくつかあります。  磯山病院という心療内科の病院で警備員のアルバイトをしている中田哲也がいろいろな怪奇な現象を体験する。  入院している患者の大半が幻覚や妄想で何度も聞くと辻褄が合わない事だらけなのに対し何度聞いても一括して話の辻褄が合い、まるで事実であるかのように突拍子もない話をする人たちがいる。  哲也はこの人たちは本当に心の病気なのだろうか? もしかして事実なのではないのかと思い、いろいろな人たちに話を聞いて回ることにした。  第一話「安心毛布」  第二話「子供」  第三話「袋」  第四話「岩田さん」  第五話「河童」  第六話「夢」  第七話「狸」  第八話「ドッペルゲンガー」  第九話「隙間」  第十話「警備員」  怪談と言うよりアニメの日本昔話の怖い話し的な雰囲気が出せればという思いで書いてみました。 小説家になろうさんでもそれなりの評価を得て調子に乗って「怪奇現象と言う名の病気 乙」という続きを書き始めています。 よろしければ一度目を通してもらえると嬉しいです。

更新:2018/4/23

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

1

気になる

2

読んでる

作:まっきー劇場

土下女(どげんな)

舞台は長野県のとある町。家業であるベーカリーの跡取りとして日々奮闘している絵里奈。介護士である夫の健也との間に5歳の一人娘を抱え、商売も軌道に乗った機会に従業員を募集することにした。現れた希望者、祥子を採用することにしたが周囲はそれに反対する。率直に言えば商売向きではない容姿と一風変わった性格からだった。「それでもいいところがあるはず」と反対を押し切って祥子を育てようとする絵里奈。しかしそれは予期せぬ不吉な兆候の始まりだった。 竹書房 最恐小説大賞での最終候補作品『ストレージ:被害者』、優秀作品『DARMA〈ダーマ〉』に続くホラーサスペンス第3弾は同コンテスト2020で再び最終候補作品に選出されました。招かれざる客を受け入れてしまった若夫婦に叩き付けられる恐怖、そして解き明かされる戦慄の真実とは・・・! (2020/6/29公開~8/11完結) ※物語に登場する地名は架空のものであり所在を特定するものではありません イメージ主題歌:鬼束ちひろ『帰り路をなくして』 https://www.youtube.com/watch?v=hzZU5p1ukZA 表紙・挿絵素材:「ぱくたそ」「写真AC」より ●Records(旧ランキングでの最高位) 竹書房【最恐小説大賞 2020】最終候補作品 ホラー日間ランキング  第1位(計5日) ホラー新作ランキング  第1位 ホラー完結ランキング  第1位(23日連続) ホラー月間ランキング  第5位 ●読者皆様からの声(レビューから抜粋・順不同) 「恐くておぞましい場面が多いですが、それを超える優しさと愛を感じさせてくれました」hideTさん 「悲しい歴史は辛く、人の想いはどこまでも強く描かれて最後まで読んで良かったです」‡花屋の政‡さん 「ホラーだけどただ怖いだけじゃなくて一つの深い物語でした」霧尾 駆琉さん 「私にはINGA以来まっきーさんの作品は生涯心に刻まれたものばかりです」亀太郎さん 「人間の怖さと優しさを感じられる作品ですね。映像化されないかなーなんて思ってます」ことあさん 「ホラーの面白い所が詰まった贅沢な作品。睡眠不足に注意です」夜空の散歩者さん

更新:2020/8/11

0.0
1

評価

1

レビュー

1

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。