ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:成り上がり

条件をリセット
詳細条件で探す

作:シャチクマー

私と婚約者のデートの邪魔する皇子を同性愛者だと動画配信したら国際問題にまで発展した…

「動画配信」… 現在セレスティア王国では魔法水晶により動画を撮影し、様々な人が見れるように配信する事が流行していた。 魔物を狩ったり、良い暮らしの様子を映したり、人によって配信する動画は違う為、動画配信は娯楽に溢れていた。 アイアス家の令嬢・カティアも、認知はされていないが細々と動画を配信していた。 彼女は「動物と話せる」個性を利用して、動物に動画を撮って貰っていたが、人々の嗜好には合わないようだった。 カティアには婚約者のレイドがいた。 しかしいつも皇子ディアスの邪魔が入って、デートが満足に出来る事はなかった。  流石にデートを邪魔される事に我慢できなくなっていたカティアは、皇子ディアスが自分と婚約者のデートを邪魔する様子を、動物を使ってライブ配信していた。 その後認知されていない動画配信者だからと「皇子が同性愛者」だと編集し、冗談交じりに配信をする。 その結果、国際問題にまで発展してカティア達の人生は変わり始めた。 波瀾万丈の末に、カティアは無事に婚約者のレイドと結ばれるのか?

更新:2023/7/17

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:シャカチキ

文字化けスキルの料理人!料理スキルは戦闘向きじゃないと放置された俺は、料理スキルで異世界にある食材で作ったメシを堪能します!

死んだと思ったタツヤは、意識が戻ったら異世界に召喚されていた。  他に勇者召喚された皆はチートスキルを授かってるけど。なぜか俺だけ―― 「料理人?」 「ぷっははっ……ハハハハハハハっ!おいおいこのオッサン闘う為に異世界に呼ばれたのに職業が料理人かよっ!マジでウケるっ!」 と戦闘向きじゃないスキルを授かり、俺は皆んなからバカにされ、すぐさま森に放置される。  人里離れた森で家庭菜園をやり、異世界の生活は困難を極めると思いきや「料理人スキル」が役に立つ。 「――う、うっ、うめえーっ!」  普通に異世界の食材も美味いし、自分で作った農作物もめっちゃ美味い。  更に日本の調味料で作った料理はもう最高!  美味いメシとお酒。  そして可愛い女の子がいれば、ここが異世界でもいいじゃない。  これは一人の男が美味いメシくって、異世界をメシを堪能して自由生活する――!!の物語

更新:2023/7/29

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:十並あそん 

まぜるなキケンー調合士の迷宮探索

 世界は貴重な資源の供給源でありながら魔物たちの巣窟でもある『ダンジョン』を中心に回っていた。    そんな異世界に現代日本から転生した男レオン。  彼もまたそのダンジョンというものに魅入られ、その最深部を目指す『探索者』を志す者の一人であった。 この世界の人々は『ギフト』という特殊な能力を授かって生まれてくる。 その力は凄まじく、戦闘に適したギフトさえ授かれば狂暴な魔物が相手でも容易に葬ることが出来る。  しかし彼が生を受けたのは借金まみれの貧乏商家、生まれ持ったギフトも商家の人間にふさわしいものであった。   ポーションを生成するためのギフト『調合』   荷物を亜空間に収納出来るギフト『インベントリ』  ギフトがあるゆえに、必要なギフトを持たない者には厳しい世界。  それでもレオンはその道を歩むことに決めたのであった。  家の抱える膨大な借金。  すでに亡き母、理不尽な借金相手の言いなりとなる父。  そして『荷物持ちのポーション屋』と揶揄される探索者には向かないギフト。  あらゆる逆境をはねのけレオンは探索者の頂点を目指す。  異色の探索者レオンの成り上がり物語。  ※小説家になろうでも投稿しております。

更新:2022/8/19

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:読み方は自由

得意の技能(スキル)が死んだ俺は、所属の組織(パーティー)から追い出されたが、代わりの最強技能(スーパースキル)が目覚めたので、新しい冒険生活(ライフ)を送る事にした

 剣士系の強力スキル、「超剣士」を持っていた14歳の少年、ゼルデ・ガーウィン。彼はA級冒険者のパーティに属し、今日も森の中でモンスターを戦ってきましたが……。そんな彼に悲劇が起ってしまいました。有能な人間を無能へと変えてしまう現象、自分のスキルが死んでしまう悲劇。通称、「スキル死に」が起ってしまったのです。突然の事態に呆然としてしまうゼルデ。彼の仲間達も、その光景に驚いていましたが、パーティーのリーダーは「それ」を見逃しません。モンスターとの戦いが終わると、離れた場所に彼を連れていきました。リーダーは、彼にパーティーからの追放を言いわたします。「無能な人間は要らない。お前はもう、用済みだ」と。リーダーは彼の言葉も聞かないまま、彼にパーティーの脱退書を渡して、自分の部下を追いだしてしまいました。  その現実に打ちひしがれるゼルデ。彼は真っ暗な気持ちで近くの町に向かいましたが、その道中で不思議な少女、ミュシアに出会いました。彼女は彼の中で眠っていた真なる才能、魔術師の才能を目覚めさせて……。これは絶望から這い上がる少年の物語、そして、「ざまぁ」すらも超えた「アイツらの事を絶対に見かえしてやる!」物語です。    本作は、拙作「現実の世界に不満を抱く男子中学生が、邪神の力で異世界へと転移し、そこで内なる悪魔(欲望)を解き放つダークファンタジー https://kakuyomu.jp/works/1177354054897549479」の外伝作品です(一部、それに関する内容も描かれます)。もしよろしければ、本編と合わせて読んでみてください。  この作品は、「小説家になろう」でも掲載されています。

更新:2023/8/13

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:朝凪 霙

一から剣術を極めた俺は最強の道を往く〜やがて神髄に辿り着く少年の剣術は、この世の全てを凌駕する!〜

   少年――コウは、『落ちこぼれ』だった。  コウが亀だとするならば、周囲の人間は鳥。『努力しても足りない』。コウには圧倒的な時間が足りなかった。  だが、運命というものも残酷で、コウの村は魔物に襲われてしまう。  コウは弱い。それでもコウは剣を握り、魔物に立ち向かった。  決して勝てる相手ではなかった。ただ、魔物と戦う最中に、コウは不思議な空間へと飛ばされた……  これは、一から剣術を極めた少年が、大事なモノを守り抜く為に――そして、『最強』へと上り詰める為に、剣術学院の学生として成長していく物語である。  ただの無双とは一味違う、剣術の『真実』を追い求める少年の、学院ファンタジー‼︎  そして、無双要素有り、剣術要素有り、成り上がり要素有り、厨二っぽい(?)要素有りの、剣戟ファンタジー!!  ☆初めて書く連載小説ですが、頑張って良いものを作れるようにしていきたいです。  もしそれでも良いなと思ったら、評価や感想よろしくお願いします。

更新:2021/3/28

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。