ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:戦争

条件をリセット

条件でさがす

作:ぺんぺん草のすけ

②俺はハーレムを、ビシっ!……道具屋にならせていただきます1部2章~【カク11+なろう50合計61万PV】ほのぼのスローライフを想像したあなた残念!コレは親を殺された少年と悲劇のヒロインたちの復讐物語

ただいま49話目を書き直し中! 〇エロはほとんどありません! トラウマの原因となる気分の悪いエロがあります。 〇この物語は群像劇の多視点、たまに、作者視点にぶっ飛びます。 【あらすじ870字】 魔物素材と日常道具を融合して新しい力を発現させるの融合加工。 それは、魔装装甲と呼ばれしものなどを作り出し、人類と魔物との戦いにおいて欠かせないものであった。 主人公タカトもまた、融合加工職人を目指す。 だが…… 出来上がるものは「スカートまくりま扇」や「ガールズ!アン・ドゥ パンツ、ぁー!」、「美女の香りにむせカエル」などと訳の分からぬものばかり。 ある日、拾った女騎士。 顔には罪人の焼き印が押され、豊満な片胸がそぎ落とされていた。 そんな傷を融合加工で治すのだ。 師匠である権蔵も唸るほどのアイデア。 その技術を、軍事に向ければおそらくそれは超一流なのだが……向かうはなぜかエロばかり。 だが、その下心も、一緒に暮らす記憶を失った神様ビン子に阻まれる。 ビン子は働き者で頑張り屋さんなのだが、料理の腕は迷コック! 出来上がるものは「電気ネズミのピカピカ中辛カレー」や「紅の豚カツ」など絶叫メニュー! だが、この二人には、さらに大きな謎があった。 タカトの心の奥底には鑑定の神すらも恐怖する得体のしれないものが潜み、時折、その凶暴性を覗かす。 そして、ビン子もまた、失われた記憶に眠る本来の自分に翻弄されていく。 ビン子が好きなのはタカトなのか…… それとも、タカトの中に眠る別の何かなのか…… いや、そもそも好きという感情はビン子のものなのか…… そんな二人が、いろいろな騒動に巻き込まれ、変な道具を駆使して解決していく。 ムフフな本を読んで丸めた使用済みティッシュ。 それを隠滅するために考案した「タマホイホイ」。 だがなぜか、人魔というゾンビを大量に呼び寄せた。 当然、街は大混乱! その後、お役所の女局長様にその製造方法を教えろと脅される。 しかも、その女局長さん、どうも人間じゃないみたい! そこに、妹を探す神様や、オカマのオッサン! 娘を守るために宰相に体をゆだねることに耐え続ける母親などが乱入してきて大混乱。 だが、最後はタカトが敵をどついてバシッと決着! と思ったら、決まらない! だがそれは、いつもの事! そうこうしているうちに父の敵である獅子の魔人の過去に近づいていくのだ。

更新:2022/12/23

0.0
1

評価

1

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:茂木 鈴(もぎ すず)

英雄魔導船

 日本のとある町。  どこにでもいる普通の高校生・如月祐二のもとへ、とある人物がやってきた。   「パンパカパーン! おめでとうございます、祐二様! あなたは厳選なる抽選に選ばれました!」 「なんの話ですか? とても胡散臭いんですけど」    統括会の職員と名乗る比企嶋慶子は、祐二に海外への大学推薦の話を持ってきた。   「この推薦を拒否された場合、総理大臣が直接説得に来るそうですよ。もしそれでも断るなら、『かしこきあたり』にご登場願うことになるでしょう」   「なんですか、その畏れ多い話はっ! そんなの、絶対に止めてくださいね!」 「では、推薦を受けることでいいですね!」    同じ頃、ドイツ貴族のカムチェスター家では、船長をテロで失い、魔導船が自壊の危機に瀕していた。    数年のうちに、何としても新たな船長を見つけなければならない。  だがカムチェスター家の血を引き、高い魔力を保持する者など、簡単に見つかるものではない。    叡智の会、巨大企業ゴラン、栄光なる十二人魔導師の子孫たち、テロ組織ヘスペリデス、バチカンの異端審問委員会、投資家企業連合のダックス同盟、アルテミス騎士団……各団体がそれぞれの思惑のもと、世界は危うい均衡の中で成り立っていた。    魔導船を駆る魔法使いたち、地球を脅かす侵略種との戦い、魔導船が見つかったとされる『はじまりの地』……これはのちに、『英雄魔導船』と呼ばれるようになる一隻の魔導船と、それにまつわる人々の物語である。

更新:2021/11/24

0.0
1

評価

0

レビュー

0

読んだ

1

気になる

0

読んでる

作:相葉ミト

天藍エンゲージ! ー新人女子パイロット空戦記ー

2022/2/27追記 この作品は現実での暴力行為や戦争を肯定するものではありません。 相葉は戦争がフィクションの存在のみであり、実際の戦禍において傷つく人々が居ない世界を望んでおります。  30年前の海面上昇で、大きく姿を変えた地球。  そこでは、人類統一を目指すビエンと、それぞれの文化を保とうとする海洋都市同盟空軍の武力衝突が続いていた。  海洋都市同盟空軍、チョイダット基地に、新米戦闘機パイロット、犬養ユキは配属された。  体罰が飛んでくる鬼教官バーグ、訓練学校時代からの親友リッカ、心強いAIの相棒ぬいぬいなど、さまざまな味方に囲まれて、ユキは戦士として成長していく。  戦闘の中、ユキは不思議な声を聞いた。  それは、彼女が空軍に入るきっかけとなった、テロリストに襲われた幼いユキを救った謎の水色の戦闘機につながる糸口だったーー。 ※本作の内容はフィクションであり、実在する組織・人物・国家等とは一切関係ありません。また、この物語は、法律・法令に反する行為や反社会的行為等を容認・推奨するものではありません。最後に、この作品は軍隊を取り扱ったものですが、戦争を推奨するものではありません。 2021/09/05 違法コピーサイト発見にともなう対応 本作の無断転載を禁じます。Do not repost.谢绝转载。 私が『天藍エンゲージ! ー新人女子パイロット空戦記ー』を投稿しているのは以下のURL https://kakuyomu.jp/works/1177354054890592857 のみであり。これ以外のURLで本作品が投稿されている場合は違法コピーです。

更新:2022/2/27

5.0
2

評価

1

レビュー

1

読んだ

0

気になる

1

読んでる

作:夜霞

アリサ・リリーベル・シュタルクヘルトは死んだ

長きに渡り戦争が続く二つの国。 身分社会の王政国家・ペルフェクト王国。 国民の代表たる議員によって成り立つ議会制の国・シュタルクヘルト共和国。 ペルフェクト王国軍の少将・オルキデア・アシャ・ラナンキュラスは、上官の命令で、自軍が破壊した敵国・シュタルクヘルト共和国の軍事施設と軍事医療施設跡にいた。 目的はこの地で捕虜となっていた自軍の兵士を解放することだった。 けれども捕虜となっていた自軍の兵士は、既に移送されており、残っていたのは医療施設で治療を受けていたシュタルクヘルト共和国軍の兵士と関係者ーーの死体だった。 そんな中、オルキデアは唯一の生存者を見つける。 菫色の瞳と藤色の髪を持った女性だったが、襲撃時の怪我とショックから記憶を失っていた。 そんな女性に「アリーシャ」と名付けて捕虜としたオルキデアだったが、とある事件に巻き込まれたのをきっかけにアリーシャに興味を持つ。 けれどもアリーシャは敵国の娘、オルキデアの好きには出来ない。 それならせめてアリーシャを国に帰そうとするが、頑なに帰りたがらず、とうとう部屋に引きこもってしまったのだった。 どうにかしてアリーシャを説得出来ないかと悩んでいたオルキデアの元に、突然、疎遠になっている母親が、縁組の話を持ってやって来たのだった。 「なあ、俺の妻と恋人、どっちがいい?」 縁組を回避するためにオルキデアが提案したのは、この国でのアリーシャの生活と引き換えにした「契約結婚」。 縁組の話と同時期に記憶を取り戻したアリーシャには、どうしても国に帰りたくない理由があるようだったーー。 一方シュタルクヘルト共和国では、襲撃の際にその場に居合わせていた、とある女性が行方不明となっていた。 その女性の名前は、アリサ・リリーベル・シュタルクヘルト。 今は廃止されたシュタルクヘルト共和国の王族の血を引く女性であったーー。 縁組回避から始まる契約結婚、そしてーー真実の愛。 これは「愛」を知る物語。 王道ファンタジー風の恋愛物語。 ロマンスファンタジーが好きな貴方へ。 ※2/1から更新を再開します。(詳細は近況ボード2022/1/26をご覧下さい) ※こちらは『平和を描く』と同じ世界観で描いています ※タイトルに「※」がついている箇所には、R18シーンがあります 【表紙はあままつ様のイラストをお借りしています】

更新:2023/1/11

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。