ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:戦記

条件をリセット
詳細条件で探す

作:熊吉(モノカキグマ)

イリス=オリヴィエ戦記・外伝 ~アラン・フルーリーは兵士になった~

 アラン・フルーリーは兵士になった。  軍服を着たいと思ったことなどなかったが、それが、彼の暮らす国、イリス=オリヴィエ連合王国での[義務]なのだから、仕方がない。  マグナ・テラ大陸の南側に突き出た半島部と、そこに連なる島々を国土として有する王国は、[連邦]と[帝国]という二大勢力に挟まれた永世中立国だった。  王国に暮らす人々には、誰かに押しつけたい思想も、誇示したい権威もない。  ただ、自分たちのありのままの姿で、平穏に暮らせればそれでよかった。  だから中立という立場を選び、連邦と帝国が度々、[大陸戦争]と呼ばれる大戦を引き起こしても、関わろうとはしなかった。  だが、一口に[中立]と言っても、それを維持することは簡単ではない。  連邦、あるいは帝国から、「我々に味方しないのであれば、お前も攻撃するぞ! 」と脅迫された時に、その恫喝を跳ねのけるだけの力が無ければならない。  だから、王国は国民皆兵を国是とし、徴兵制を施行している。  そこに暮らす人々はそれを、仕方のないことだと受け入れていた。  国力で圧倒的に勝る二大勢力に挟まれたこの国が中立を保ち、争いに巻き込まれないようにして平和を維持するためには、背伸びをしてでも干渉を拒否できるだけの備えを持たなければならなかったからだ。  アランは故郷での暮らしが好きだった。  牧歌的で、自然豊かな農村での暮らし。  家族と、愉快で愛らしい牧場の動物たち。  そこでの日々が性に合っていた。  軍隊生活は堅苦しくて、教官役の軍曹はしょっちゅう怒鳴り散らすし、早く元の生活に戻りたくて仕方がなかった。  だが、これも義務で、故郷の平穏を守るためなのだからと、受け入れた。  幸い、新しく配属になった分隊は悪くなかった。  そこの軍曹はおおらかな性格であまり怒鳴らなかったし、仲間たちもいい奴らだ。  この調子なら、後一年残っている兵役も無事に終えられるに違いない。  誕歴3698年、5月22日。  アランは、家に帰ったら母親が焼いてくれることになっているターキーの味わいを楽しみにしながら、兵役が終わる日を待ちわびていた。  これから王国と自身が直面することになる運命など、なにも知らないままに……。

更新:2024/6/21

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:あけちともあき

転生魔王のマニュアル無双

真面目だが空気が読めず、冷や飯を食らっていた会社員、柘植隆作(つげ-りゅうさく)は、ある時目覚めると、謎の面接室にいた……! 面接官は異世界の魔神。 その世界、ディオコスモでは、彼の勢力である魔族が危機に陥っているというのだ。 隆作はどういうわけか、最後の魔王としてスカウトされ、異世界へ転生することになる。 味方はJK上司に、ゴブリンの姫。 壊滅しかけのゴブリン一族。 しかも、過去にJK上司がやらかした大敗戦のせいで、協力的とは言いがたい。 敵は国を興した七人の勇者、七王。 それぞれ絶大な権能と、軍隊を操り、魔族を殲滅しようとしている。 しかも、彼らに鍛えられた人間族はなかなか精強……! 隆作は、最後の魔王こと黒瞳王ルーザックとなり、これに立ち向かうこととなる。 彼の武器は、とても丈夫な魔剣と、プラモデルを召喚する能力、そして真面目さ、融通の効かなさ、マニュアル至上主義。 最初は地味だった戦い方も、新たな魔族が仲間になることで、戦術が広がっていく。 石橋を叩いて渡るような策略で、地道に地道に勝ちに行く、一大戦記の幕開けである。

更新:2021/7/22

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:藍枝 碧葉

異世界転移して平和に暮らそうと思ったらクラスメイトたちに自分の街を滅ぼされたので、仕返しに反乱を起こすことにしました。

「今のうちに喜んでおけばいいさ、絶頂の先にあるのは下り坂だ、僕がその先へ蹴り落としてやる。忘れるな、おまえたち全員が共犯なんだから──」 「街づくりからはじめる世界平和!」──人間と魔族の戦乱が続く異世界へと転移させられた主人公は魔族との戦いからとっとと逃げ出して、まったく異なる道を選択する。 不毛な戦争を終わらせるために種族の垣根を越えた街をつくって、そこから平和へと繋げようという壮大なプラン。 思っていたよりも順調に進む街づくり計画。人間と魔族共存に向けて小さな光が見え始める。 だが、それは一晩にして滅ぼされてしまった。 しかも、それは勇者──一緒に異世界に転移してきたクラスメイトたちの手によって。 「大切なものを全部奪っていったおまえたちを絶対に許さない」 復讐を決意し、新たなる一歩を踏み出す主人公。 「おまえたちからもすべて奪い取って叩き落としてやる──」 これはそんな反逆の物語。 ※「小説家になろう」にも同タイトルで掲載しています。

更新:2023/12/8

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。