ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:最強

条件をリセット

条件でさがす

作:鈴木拓郎

黒月の英雄騎士――黒き月華と神々の紋章――

 通常の月とは別に『セカンドムーン』と呼ばれる特殊な光を放つ六つの月が天に浮かぶ世界『ムーンレイ』――そこには『セカンドムーン』から『月光』を呼び出しその身に纏うことで超常の力を発揮する『月詠』と呼ばれる特別な存在がいた。『月詠』達は空に浮かんだ、赤、青、緑、黄、紫、銀の月から同色の『月光』を呼び出し使役することで人間を超越し絶大な力を発揮することができた。そして国々はその力を用いて絶えず戦争を繰り返していた。  そんな世界の遠い昔、戦乱の時代。突如通常の『月詠』を超える怪物がある日現れる。その名はクロウツ。彼が『月光』を呼び出す際には、空に今まで存在していなかった七番目の黒い月が浮かび、その身には六つの月の光のどれとも違う『黒い月光』を纏っていたという。そしてその力は通常の『月光』を遥かにしのぎ、その圧倒的な強さのもとクロウツは突然世界を侵略し始めた。  『黒い月光』を纏った悪魔が現れ腕を振れば大地が割れ、剣を刺せば海が裂け、街を通れば大勢の人々が肉塊と化す、そんな地獄絵図の中で抵抗する者ももちろん現れたが意味など無かった。その後一年と経たず、たった一人によってムーンレイは崩壊寸前にまで追いやられたのである。そんな事態を重く見た各国は国の間にあったわだかまりを捨て連合軍を作りクロウツ討伐に乗り出す。  その後、大勢の犠牲の末、ヴァルファレスという一人の騎士とその仲間たちによってついにクロウツは討ち取られる。倒した後もその伝説的な強さは後世まで語り継がれたが、クロウツ亡き後は『黒い月』や『黒い月光』が現れることは二度と無く、クロウツ諸共その存在は疑問視されやがてヴァルファレスという伝説的な英雄の物語を脚色するために生まれた設定と見なされるようになっていった。『銀月のヴァルファレス』というおとぎ話の中の設定として、である。  そしてクロウツが死んだ千年後――ヴァルファレスが生まれたレギン国の王都パルテンにとある少年がやってくる。少年の名はラグナ。騎士採用試験を受けるためにやって来た彼の身には、かつて世界を滅ぼしかけた呪われた力が宿っていた。

更新:2022/8/28

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:美紅(蒼)

大罪の悪王

※注意:主人公は壊れています。物語が進むにつれて、クズ・外道になっていきます。力を持った主人公が、自己快楽のため、我儘であり続けます。カッコイイ悪役をお望みの方は、ご遠慮ください。 グランゼ大陸が【ユースティア大帝国】によって統一されて百年。 大陸が統一されたことにより、大きな格差社会が生まれ、激しい貧富の差が生まれただけでなく、ユースティア大帝国の人間至上主義が広まり、獣人などの亜人たちは排斥されていった――――。 孤児であるヴァイスは、他の孤児たちとその日を生き抜くことに必死だった。 本来、孤児を受け入れるはずの孤児院や教会では、腐敗が進み、どこもヴァイスたちに手を差し伸べることはしない。 さらに、一般的に10歳の誕生日と同時に教会で行う【祝福】という儀式によって、人々は≪天賜≫という特殊な力を手に入れるのだが、当然の如く孤児であるヴァイスたちが【祝福】を受けることは出来なかった。 それでも、悪事に手を染めることなく、まっとうな人生を歩もうと必死に働き、辛いながらも仲間たちと支えあって暮らしていた。 しかし、孤児たちのことをよく思わない貴族によって、ヴァイスは全てを奪われた。 ヴァイスはこの国の『正義』に激しい憎悪を抱き、復讐することを決意する。 貴族を、国民を、そして国を。 何もかも否定するため、力を蓄えるのだった――――。

更新:2020/12/6

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:秋水

紫電の射手 ~勇者パーティで無能扱いされて追放。しかし雷に打たれて紫電の力を手にし、美少女達と最強パーティ結成 もう勇者パーティには戻りません~

「なぁ、イグナール……ここまで来て申し訳ないんだが、お前はここに残れ」  最強の魔法使いの両親から生まれたイグナールは、将来性を見込まれ勇者にスカウトされて魔王討伐パーティに加入。  二年間の厳しい修行を経たのにも関わらず、イグナールは己の属性を持たない『無属性』のまま。つまり、魔法の使えない無能だった。  そのため魔界へと旅立つ前日、勇者に足手まとい認定されてパーティを追放。  悔しさと己の情けなさに涙を流し、雷雲立ち込める豪雨の平原へと駆ける。  そして運悪く、天から降り注ぐ雷に打たれ瀕死になるも、パーティに同行していた幼馴染の助けによって一命をとりとめる。  目覚めたイグナールにはなんと、前例のない『紫に輝く雷属性』を帯びていた。  そこに現れる謎のメイドがほのめかす、雷属性と魔王との戦いの因果。  強くなるため、自身に宿った力の謎を究明する旅が今始まる。

更新:2022/8/26

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:八又ナガト

異世界から追放された最強の勇者が、地球でスローライフを送るお話。

「邪神を討伐した今、邪神をも超える勇者という存在は、民にとって新たなる恐怖を生み出すだけ。よって勇者アルスをこの世界から追放する!」  邪神討伐後、王都に帰還したアルスに待ち受けていたのは、アルスを異世界に追放するというふざけた宣告だった。  邪神を倒した勇者が、国王以上の権力と名声を持つことを嫌悪したからだ。 「確かに邪神は倒しましたが、あれは時間を経て復活する存在です。私を追放すれば、その時に対処できる人間がいなくなりますよ」 「ぬかせ! 邪神の討伐から復活までは、最低でも200年以上かかるという記録が残っている! 無駄な足掻きは止めろ!」  アルスの訴えもむなしく、王国に伝わる世界間転移魔法によって、アルスは異世界に追放されてしまうことになる。  だが、それでアルスが絶望することはなかった。 「これまではずっと勇者として戦い続けてきた。これからはこの世界で、ゆったりと余生を過ごすことにしよう!」  スローライフを満喫することにしたアルス。  その後、アルスは地球と呼ばれるその世界に住む少女とともに、何一つとして不自由のない幸せな日々を送ることになった。  一方、王国では未曽有の事態が発生していた。  神聖力と呼ばれる、邪悪な存在を消滅させる力を有している勇者がいなくなったことにより、世界のバランスは乱れ、一か月も経たないうちに新たな邪神が生まれようとしていた。  世界は滅亡への道を歩み始めるのだった。  小説家になろう様、アルファポリス様でも投稿しております。

更新:2021/1/14

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:夜分長文@「追放された使用人」書籍化

【書籍化】ゴミ以下だと追放された使用人、実は前世賢者です~史上最強の賢者、世界最高峰の学園に通う~

『短いあらすじ』 前世賢者のガルドが、魔法レベルが衰退した世界の最高峰の学園で無双する話。 『長いあらすじ』 「お前は使用人としてゴミ以下だ!」 「トレイ伯爵様が仰っている通り、あなたはゴミ以下です。分かっていますか?」 前世で賢者まで成り上がった結果、自由を求めて転生したガルドであったが、転生したのはいいものの『使用人』になってしまう。 しかし、育ててくれた恩もあるし、『賢者』も引き継いでいたので、その力で領地を護っていたのだがトレイ伯爵や執事長はそれを『サボっている』として罵ってきた。 「お前のようなゴミは必要ない! さっさとこの家を出ていき、野垂れ死んでおれ!」 追放宣告をされ、街を彷徨うガルド。そこでたまたま風に流されてきた紙に目を落とす。 『レミリオン魔法学園、生徒募集』 そう言えば、前世では即冒険者になっていたから学園生活なんて送ってこなかったなぁと思ったガルドはその学園の試験を受けることにする。 世界中の貴族たちが集まっているようで、各々が魔法を披露しているがどれも初級や中級ばかり。 こんなものかと無双していたのだが──え、ここって世界最高峰の学園なの? というか、平民だから最下生として通わされるらしい。まあいい。 そう思ったガルドは、魔法が衰退した世界でひたすらに無双する。 (ちなみに、ガルドが去った後の領地は魔物が暴れ始めて大変なことになりました)

更新:2022/5/10

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。