ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:最強主人公

条件をリセット
詳細条件で探す

作:ときの

魔法使いは○○をうたわない

 ケモノ・マモノと呼ばれる、人を食らうものが存在しつつもそれなりに平和な世界。  ケモノから人々を守る警護隊の手が届かない山道で、狩人・カガリが拾ったのは、完全脱力状態に陥った奇妙な子供だった。  彼はレギ。小柄で一見普通の子供に見える、……男の子? 女の子?だ。  「自称・最強の魔法使い」を名乗り、"あるもの"を探し集める旅の途中だという。  目的のものがカガリのそばにいると集めやすそうだと判断したレギは、そのままカガリの押しかけ助手になってしまう。  果たしてレギは、助手をしつつ、いじられたり、遊ばれたりしながら、目的のものを見つけられるのか?  レギが狩人登録で手にした証石が示す、ひび割れた黒い石の意味は?  基本的にのんびりした話です。でも、たまに戦いますよ! えらいものまで呼んじゃいますよ!  だって、最強の魔法使いですから。  あっ、そうそう。このお話はちょっと大人向けです。いろんな意味で。  *  一章完結の話です。どこから読んでも大丈夫。  お好きなところからどうぞ!  レギとカガリの出会い →「赤い髪の狩人」    日常まったりが好き→「観察記録」    モフモフとミステリー風味→「小包の言伝」    ケモノうようよ魔法戦→「浄化の器」    にゃーんな日常小ネタ→「よくある一日の話」    惚れた腫れた?→「ままならないっ!」R-15  最終章→「だから、その手を」R-15    *  下のお話には挿絵が入ってます。  観察記録:5.にゃぅにゃっみぃぇうぉぅ  浄化の器:27.バイオノイド  よくある一日の話:2.テラス席の給仕係  だから、その手を:4.赤いたぬき  2021/10/08 第1話、第2話を大幅加筆。  2021/10/05 完結しました!  2021/9/12 第5章『6.おまけの一幕』タイトルを『6.飛行術についての一幕』に変更。  2021/6/12 幕間を第5章『よくある一日の話』に変更  2021/3/30 プロローグを新たに書き起こし中。「誰かの記憶1」と「2」を移動。  2021/3/25 プロローグを「誰かの記憶1」に変更し、幕間「誰かの記憶2」を追加挿入。  2021/3/8 章の構成を見直しました。    第1章「小包の言伝」と第2章「赤い髪の狩人」を入れ替え。 表紙絵:Kamaneko(ときの)

更新:2021/10/5

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:奥州寛

連鎖術師の冒険譚

 リックは生まれながらの職業適性が、連鎖術師という誰も知らない職業だった。  幼馴染シエラの誘いでSランクパーティに居させてもらっているが、初級魔法しか使えず、威力も弱く、魔力上限も低い、唯一の長所と言えば魔法を連続して唱えられること。  ある日、ついにシエラに愛想をつかされ、無一文でパーティを追放されてしまう。  高いレベルの魔物がうようよいる街で一人となってしまった彼は、何とかして安全な街へ逃げようと、単独で街の外へと向かい、案の定魔物に襲われてしまう。  その時、自棄になって魔法を連続で使用すると信じられないほどの威力となり、魔物を焼き払う。  何が起きたか分からない彼の頭に、突如として声が響く。 「連鎖術師としてのレベルが上がりました。連鎖威力向上Lv2、相乗効果上昇Lv1を習得します」  つまり、魔法を連続して唱えるほどに威力が上がる。  つまり、例えば水属性の魔法で敵を濡らした後、雷属性の魔法を使えば威力が上がる。  つまり、魔力上限が低かろうと高威力の魔法が連続して打てる。  リックの才能は開花し、最強への道を成り上がっていく。  ……一方で彼を追放したパーティは何故かトラブルが絶えず。不穏な空気が立ち込めていた。

更新:2021/7/14

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:海道一人

《解析》の魔法は全てを見通す ~ 魔法が使えないからと追放されたうえに殺されかけた少年は魔神の力で最強の戦士となる。魔法騎士?僕の目には弱点だらけにしか見えません~

「魔法を使えない者がこの学園にいても無駄だ」 主人公ルーク・サーベリーは魔力はあっても魔法として発動することができないために魔法騎士学園を退学になってしまう。 更に爵位を狙う叔父に命を狙われ、片手と片目を奪われたうえに濁流の中に落とされる。 瀕死のルークの命を救ったのは山奥に封印された最強の魔神イリスだった。 イリスの弟子になったルークはあらゆる事象を解き明かす固有魔法《解析》を身につける。 どれほど強力なモンスターであっても解析して弱点を見つけ出す《解析》とイリスの元で身につけた魔法によって最強の魔法騎士に成長したルークは山を下りる決意をする。 ルークの望みはただ1つ、それは自分に無能の烙印を押した学園や亡き者にしようとした叔父に復讐をすることではなく、ただ1人の友人と再会すること。 ※タグからNTRなしを消していますがこれは検索避け対策です。本作はNTRなしを保証しています ※この作品は小説家になろうとアルファポリスにも投稿しています

更新:2022/10/10

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:艇駆いいじ

【書籍化決定】最速進化のスライム無双 追放された俺の外れスキル<スライム>は超効率的にレベルアップするチートだったので、100倍速で鍛えて世界最強に成り上がる。【WEB版】

S級冒険者パーティ『残忍な刃(ブルータル・エッジ)』に所属するアルクス。 彼が持つスキル<スライム>には二つの能力があった。 一つはスライムの姿に変身できる『擬態』。もう一つは自分の分身を作成できる『分裂』。 そのどちらも弱く、<スライム>は外れスキル扱いされていた。 唯一の取り柄である『分裂』を買われてパーティに参加していたが、ある日パーティリーダーのダンから追放を言い渡されてしまう。 「俺はな!! お前みたいに弱い奴を見てると虫唾が走るんだよ!! このスライム野郎!!」 暴力を振るわれ、罵倒の言葉を投げられ、アルクスはダンに復讐し、強くなることを誓う。 強くなるためにモンスターを倒していたアルクス。その時、彼はとんでもないことに気づいてしまう。 「まさか……分裂した数だけ経験値が倍になってるのか!?」 アルクスのスキルには、『分裂』した数だけ経験値が増えるという隠された能力があった。 まさにチート級のその事実に気が付いたアルクスは、誰よりも早くレベルアップを繰り返していく! 「いける……! これならダンに追いつくことができるぞ!」 着実に強くなっていくアルクス。レベルが上がっていくにつれて、<スライム>はさらに成長していく。 分裂できる数が増え、スライムのレベルが上がり、ますますレベルアップの効率が上がっていった。 一方、パーティリーダーだったダンはアルクスの成長に追いつけず、破滅の道を進んでいく。 気が付けば、アルクスは誰も追いつけない『最強』の領域へと到達してしまう――。 主人公がサクサク強くなっていく、爽快感あふれる追放ストーリー。 小説家になろうにも掲載しています。

更新:2022/7/16

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:Y.A

異世界帰りの勇者は、ダンジョンが出現した現実世界で、インフルエンサーになって金を稼ぎます!

コミカライズが、コミックウォーカーとニコニコ静画にて連載中! 小説版が、電撃の新文芸より第二巻まで。コミカライズ版第一巻がコミックHuより発売中! どこにでもいそうな中学生、古谷良二には秘密があった。 それは中学三年生になる前の春休み、突如異世界に召喚され、十年間の苦労ののち魔王を倒して元の世界に戻って来たというものだ。 しかも良二はまったく年を取らず、異世界へと召喚された同時刻にというオマケまであった。 ところが、元の世界に戻って来た直後に両親が事故死し、葬儀で親戚とは揉め、突如世界中に見慣れたダンジョンが出現して、良二の環境は大きく変わっていく。 世界が、エネルギーと金属、便利な生活に必要な素材、アイテムをダンジョンからしか得られなくなり、極一部の『冒険者特性』を持つ者たちがダンジョン内でレベルを上げ、大きな成果を得て金を稼ぐようになり、世界は大きく変わりつつある。 二つの世界で活動した影響か、冒険者特性を持つも、ジョブが表示されず、レベルが1のままである良二は、優れた冒険者資質を持つ幼馴染に見捨てられるも、マイペースに活動を開始して大金を稼ぎ、インフルエンサーとなっていく。 特に人生の目標もない良二の明日はどっちだ?

更新:2024/3/3

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。