ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:架空戦記

条件をリセット
詳細条件で探す

作:すきま讚魚

我が糖質 ~合言葉は「オール・ヘイル・カロリー!」異世界で鬼教官になったので、体育会系スキルを駆使して物申します!~

「俺には到底理解できんものがある! "人を良くする"と書いて"食"だ。何故食べることに罪悪感を感じ、緻密な計算をせねばならんのだ!」 アドルフ・カノン・フォーゲル。 国防軍に所属する鬼教官。彼には前世の記憶があった。 元強豪校からド三流体育大学、八百長だらけのスポーツ界、社畜を渡り歩き、流行り病に罹って過労死した主人公が転生した先は「食の主義で三つ巴の戦争が起こるカオスな世界」。 どうしてこうなった……!! 二周目の人生はパティシエになりたかったのに! 前世で得た知識、 ・100%正しいフォームのラジオ体操 ・絶対他人に押し付けたくない根性論 ・正しい減量の仕方と現実 ・スポーツ医学とスポーツ法学 ・人の殴り方と壊し方 ……そして美味しいご飯やスイーツの作り方! 戦場において一切合切役に立たないと評された能力【食材召喚】を駆使し、食の概念の押し付けにナカユビタテロ!! ヘヴィメタルとミリタリーとアメコミが好きな鯵がおくる、偏差値ゼロキロカロリー、好き勝手にふざけ散らかすおふざけ戦記。 ※本作は完全なるフィクションです ※ この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません ※暴力表現、戦争、人種、宗教観についての表記/発言が含まれますが、そういった行為を推進したり団体に与する意図は一切ございません © 2022 Sukima Sangyo Corporation. All Rights Reserved.

更新:2023/4/6

0.0
1

評価

1

レビュー

1

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:柊遊馬

復活の艦隊 異世界大戦1942

 第一次世界大戦後、イギリス海軍拠点スカパフローにて拘留中のドイツ艦隊70隻あまりが消えた……。  それから20年あまりが経過した1940年。異世界から侵攻してきたムンドゥス帝国によって世界は大戦に巻き込まれていく。南半球へ攻め入り、着実にその領域を広げた異世界帝国は、ついに北半球にも侵略の魔の手を伸ばしてきた。  アメリカ太平洋艦隊がハワイ沖にて撃滅され、大日本帝国海軍が誇る連合艦隊も、トラック諸島に襲来したムンドゥス帝国艦隊と交戦するも大敗を喫してしまう。  追い詰められる連合艦隊だったが、その救援に現れたのは、ワシントン海軍軍縮条約の結果、標的艦として沈められたはずの戦艦『土佐』らと、スカパフローで自沈したドイツ艦を再生した秘匿艦隊だった。  魔法技術研究部=魔技研の手によって蘇り、新たな姿となった艦と兵器を携え、日本は、異世界からの侵略者に立ち向かう。  自沈艦隊、浮上せよ! ※カクヨム、ノベルアップ+でも連載中

更新:2024/6/24

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:未翔完

【旧版】黎明へ進め

【旧版】これは、一人の弱き少年が〈真の強さ〉を探し求める物語。 ※注意※  この作品はタイトルにもある通り、旧版です。   作品の状態としては完結となっておりますが、ストーリーとして中途半端な状態で終わっています。新版は別に投稿されていますので、それだけでも世界観は理解していただけると思いますが、製作過程である旧版も併せてお楽しみいただければ幸いです。  キャラ設定やストーリー展開はその多くが変更されている為、予めご了承ください。  新版(現在非公開)→https://kakuyomu.jp/works/1177354054940854081  4月1日。  桜は開花目前の新たな芽吹きの日。  〈音無雄輝〉という15歳の少年が西暦1853年の世界に転移した。  少年が降り立った日本らしき国は〈日本国〉でもなければ〈大日本帝国〉でもなかった。  〈大日本皇國〉。  元の世界とは歴史も、人々も、地勢さえも。  何もかもが違う、並行世界の中で。  偉大なる〈旭皇〉の下で、二千年の歴史を誇る極東の島国。  その国では〈魁魔〉と呼ばれる異形の存在が、何百年もの昔から民を脅かしていた。  近代化の一方、公家・寺社・平民勢力とが政争を続ける〈畿内〉。  崩れゆく太平の世を憂う雄藩の叛意に揺れる〈天鷹原幕府〉。  分かたれた日本。続く魁魔との戦い。揺れ動く政界。  大陸では、清王朝を打倒して草創された〈大中華国〉が、実質的独裁制の下で急速に拡大。  次々とアジアへと版図を広げる西洋列強の脅威は、新たな時代への胎動を告げていた。  大なる時代の荒波に翻弄されつつも、皇國は〈黎明〉へと進もうとしていた。  音無も、皇國と同様に多くの解決せねばならない問題を抱え、深く悩んでいた。  そんな中で、彼は一人の皇國軍人と運命的な出会いを果たす。  不慣れなことばかりだけれど、音無は一生懸命に一日一日を生き抜くことを決めた。  そして、たくさんの人との出会いと別れを繰り返し、彼は次第に成長を遂げていく。  あらゆる苦難に立ち向かって、それぞれの〈黎明〉を目指して進み続ける人々。  彼らと進む先には、どんな運命が待ち受けているのだろうか……。  舞台の幕は上がる。  なれど僅か序盤で、不完全な形で打ち切られてしまうだろう。  それでも、席を立たないでほしい。  少年の、彼らの征く先を、見届けてほしい。  この戦記〈黎明へ進め〉は、一人の弱き少年が〈真の強さ〉を探し求める物語である。

更新:2020/11/22

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。