ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:王太子
条件をリセット

詳細検索

作・那戯 きらり

幸薄公女はスパダリ王太子とすれ違いながらも、幸せに成り上がる

 公爵家の公女(令嬢)のアリシア・メロディアスには、妹のヴィヴィがいる。小さい頃から大切な物をヴィヴィに譲っていたアリシアは、成長していくにつれて、ヴィヴィの要求が大きくなっていることに辟易していた。ヴィヴィは両親の魔法の力を色濃く継いだ<原性遺伝子>を持っていて、両親(ローランドとリーサ)には可愛がられている。比べてアリシアは<零性遺伝子>を持っているため、病弱で早死にしやすく、将来何も成せないと言われて、心ない言葉をかけられる日々を過ごしていた。  そんなある日、アリシアがルイス・キャロ・ヴェイン王太子の婚約者に選ばれてしまう。そのことを知った両親やヴィヴィは、時間をかけて壮大な計画を練り、アリシアに呪いをかけた。 「ごめんね、また欲しがっちゃって」  王太子の婚約者という立場が欲しくなったヴィヴィは、アリシアにそう言った。王国の前例に倣い、アリシアを婚約破棄させてヴィヴィ自身が婚約者なるという計画は、こうして動き始めた。   呪いという秘密を抱えたアリシアは、その秘密が暴かれることを怖れながらも、その年16歳になる王族と上位貴族の義務であるファウスト王立学院に入学する。ルイスと距離を置いていたアリシアだが、ローズ・マインベルク伯爵令嬢のおかげで、2人の距離はぐっと縮んだ(短編部分)。楽しい学生生活の訪れを感じていたが、1年後にはヴィヴィが入学してくるのだ。不安になるアリシアに対し、ルイスは「大丈夫だ」と笑った。    主人公アリシアと裏主人公ルイスのささやかな(?)仕返しが始まろうとしていた。 下記短編の連載版です。 https://ncode.syosetu.com/n6098hp/ *短編(「王太子は不幸体質な公爵令嬢とハプニングを楽しみたい」)を長編用に(短編前後の話を追加して)創り直したため、短編とは違う構成(主にアリシア視点)になっていますが、話の内容はほとんど変わっていません。ご了承ください。短編を読んでいなくても楽しめますが、短編を読んでから長編を読んでも、変化の違いが楽しめてお得です。 *カクヨムでも掲載しています

更新:2022/12/9

文字数:159,585文字

- - - -

0
0
0
0

作・蒼月

悪役令嬢として退場してあげました。さあ、これからは私の時間です!

 十歳の頃に家の庭で頭を打ち、前世の記憶を思い出した公爵令嬢テレジア。  それと同時にここが前世でハマっていた乙女ゲームの世界で、自分がそのゲームの中に出てきた悪役令嬢であることに気がつく。  しかしテレジアは推しのヒーローである王太子とヒロインをくっつけるため、敢えて悪役令嬢役を引き受け、シナリオ通りに断罪イベントを経てゲームから退場していった。  ようやくゲームから解放されたテレジアは、母親の生まれ故郷であるバルゴ公国へ身を寄せることにしたのだが……。  そこにも乙女ゲームのような展開が待っていた。  まるで攻略対象者のようなイケメンぞろいの男性達。さらにヒロインらしき令嬢まで登場してきてテレジアは大混乱。  だけどこのヒロイン、どうも様子が変。  それにバルゴ公国の王太子も、何か訳知りのような意味深な態度をとっていたのだ。 「お望み通りに悪役令嬢をやりきったのだから、これからは私の時間です!」 ※すみません。基本的に不定期更新となります。どうぞご了承ください。

更新:2021/12/17

文字数:137,295文字

- - - -

0
0
0
0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。