ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:現地主人公

条件をリセット
詳細条件で探す

作:いろいろ書く

迷宮脱出物語~目覚めたら奇妙な灰色の部屋にいました。初級魔法しか使えなくなったけど絶対にこの迷宮から脱出します!~

「新人騎士レン少尉」は、魔物との戦いで捕まってしまい、目覚めた時には奇妙な灰色の部屋にいた。 装備は全てなくなり、病院着のようなローブを着ているだけで、視界はぼやけ、手足はしびれてまともに動かない状態。しかし、レンは自分が初級魔法を使えるようになっていることに気付く。この初級魔法を使って灰色の部屋の外を探ると、なんとここは魔物がうろつく迷宮の中だったのだ。 「このまま、この灰色の部屋にいては、魔物に殺されてしまう!」 レンは、初級魔法をたよりに迷宮の出口を探すために灰色の部屋を出たものの、あっさりと魔物に追いつめられてしまう。 手近な部屋に逃げ込むと、そこにいたのは牢屋に閉じ込められた巨人だった。 巨人は敵か味方か?この迷宮は何なのか?なぜ、レンは魔法を使えるようになったのか? レンの迷宮脱出の大冒険が今始まる。 この小説は全十七話作成済です。 初日は三話、二日目以降は毎日午後十時までに更新します。 (申し訳ありません。予約投稿から手動投稿に変更させていただきました。)

更新:2024/1/22

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:文田孝太郎

黒の八騎士

セントレスト王国魔導騎士団。 それは出自を問わぬ実力至上主義の組織。 国内の有事に対応するため、彼らは今日も、陰日向に奔走している。 本作はシリーズ作品として、長編の連作を予定しています。 他の作品と同様に、最後まで書き上げてから順次公開していく方式を取ります。 ※注意※ 戦闘シーンがあり、また作者は人体の損壊描写等を読むのにそれほど抵抗がありません。 ネットに公開する以上、過度の暴力描写とならないよう心掛けてはいますが、念のため、暴力描写ありとしてセルフレイティングを設定しています。 ※注意その2※ 本作はいわゆる昔ながらのファンタジー作品を目指しています。 ジャンルこそ異世界ファンタジーとしていますが、転生や転移、チートといった要素はありません。 ハーレム要素も当然ありません。 加えて、剣と魔術の世界ではありますが、スキルやジョブといった既存ゲームのシステムも取り入れていません。 〇Unfortunate Sons(完結) 王国西部に位置する交易都市カラミノ。 そこで発生している連続失踪事件の解決のため、イクルス・ウィリオン率いる第26実務班が派遣される。 これが初の正規任務受領となるウィリオン班の8人は、はたして事件を解決に導くことはできるのか? 〇呪われた剣士(完結) 北部穀倉地帯にて、農民たちによる蜂起が発生した。 彼らが向かうのは、一帯の村落を管轄する行政都市ヴェスト・ラティナ。 率いるは大剣を携えた黒衣の男。 迎え撃つは、ウィリオン班のみ。 〇それぞれの休日(更新中) 王都へ帰還したウィリオン班の一行。 班員たちは、それぞれに休日(?)を過ごす。

更新:2024/5/22

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:双刃直刀

世界中のスライムのステータスを引き継げる俺は、賢龍を泣かせるために今日もダンジョンの深層に潜る

十五歳になったらスキルを貰う世界で、主人公のフェイルは幼馴染のミラと一緒にスキルを授かった。だが、ミラが最強のスキルを3つも得たのに対して、フェイルが得たスキルはスライムをテイムできるものだけ。魔物使いは、テイムした魔物のスキルとステータスを引き継げるため、決して弱いスキルではない。だが、スライムという魔物には、決定的に強さが足りなかった。フェイルは失意のうちにミラと別れて、その日の食費と宿代を稼ぐだけの底辺冒険者になった。だが、そんな日々も長続きはしない。女勇者となったミラが不治の石化病に掛かったのだ。石化病は、ダンジョン四十層にいる賢龍の涙でしか治せない。それを聞いたフェイルは、ダンジョンに潜って直ぐに死に掛けてしまう。死にかけたフェイルがテイムしたスライムは、全てのスライムの元となったエンペラースライムだった。  それからフェイルはダンジョン攻略を誓い、誰も追いつけない速度で強くなっていく――――――

更新:2018/3/9

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。