glass menu_button

作品

レビュー

運営している人

@オノログ

閉じる

検索結果:7451件

タイトルから探す

作者から探す

紹介内容から探す

タグから探す

男主人公

絞り込み

文字数

喋る黒猫とうそつきの麦わら

高校には行かずにひとりずっと旅をしている少年、謙人。 廃線になった路線の線路上を歩いていた時に出会ったのは、自らをありすと名乗る少し変わった麦わら帽子の少女だった。 変わっていたのは彼女だけでなく、ありすの飼い猫のミーシャは唐突に皮肉めいた台詞を話し始める。 猫が喋るというあり得ないはずの事実に謙人は少し混乱していたが、ありすはそんな謙人をよそに、ずっと出来ていなかった自分の村のお祭り「春渡し」に参加してほしいと願う。 謙人は混乱しつつもそれを受け入れて、数日間だけ村に滞在する約束をして、訪れた村の中でありすの友人の女の子たちも含めて交流を深めていく。 だけどその中で皆はそろって「最後の夏だから」と気になる事を告げていた。 どうして最後の夏なのかは、誰も答えない中、「春渡し」は始まっていく。 祭りが進むにつれて、謙人は一つの村の、そしてありすの秘密を知っていく。 うそつきの麦わらのついていた、たった一つの嘘の秘密を―― 彼女に秘密とは、うそとは、最後の夏の意味とは何なのか。 謙人は意味を知ると共に、探していた旅の目的を見つけていく。 このお話は少しだけ不思議な、切なくて、だけど優しいお話です。 完結しました。 このお話はノベルアップ+さん、カクヨムさん、エブリスタさんにも掲載しています。

- - - -

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

転生した元地上最強の男は異世界でも最強を目指す〜現代で剣一本で地上最強の生物へと成り上がった男は魔法至上主義の世界でも剣一本で成り上がれるか〜

”地上最強の生物”  この称号を得るにふさわしい生物は一体なんだろうか。象か?熊か?虎か?鰐か?獅子か?河馬か?インターネットが普及した現代で少し検索すればこれらの生き物の名前が上がるだろう。  少なくともこの中に”人間”をあげる酔狂者はいないと断言できるだろう。 毎日0時に投稿 第1部完結済み(予約投稿済み)  そもそも人間は弱い生き物だ。誰かが人間が野生動物と対等になるには銃火器を持って初めて対等だと言っていた。  これは真理だ。人間には外部環境から身を守る毛皮や鱗がない。圧倒的な身体能力を生み出す筋肉がない。相手を切り裂く爪や牙といった武器がない。  そして何より平和ボケした現代人には闘争心がない。  闘争心がないものは野生では生き残れない。故に人間は野生の世界では弱者である。  それがこの世界、特に現代においては圧倒的な真理であった。  しかし2XXX年、その真理を覆し、現代において地上最強の生物と呼ばれた男がいた。その男にはいくつかの伝説がある。曰く、1人で戦争を終わらせた。曰く、木刀1本でホワイトハウスを征服した。曰く、その男は修羅の化身だ。曰く、石炭を握ってダイヤモンドへと変えた。曰く、各国がその男1人に平和条約を締結した。曰く、裏社会で知らぬものはいない。曰く、猛獣が避けて通る。曰く、各国がその男1人に対して平和条約を結んだ。  あげればキリがない。  そんな男が、今、死のうとしている。

- - - -

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

聖騎士団を追放された俺が、最凶の力を手に入れて戻ってきた件~悪魔に魅入られた男の成り上がり英雄譚~

かつて聖騎士としての才覚を見出されたアーサー・アッシュフィールド。 だが彼は最初の任務で仲間を失っただけでなく、彼らを殺めた悪魔に体の一部を奪われてしまい、邪悪な存在として聖騎士団を追放される。 それから二年後、農村で隠遁生活を送るアーサーの元に、かつての上官である女騎士ブラッドがやって来る。 彼女から告げられたのは「二年前の事件が、聖騎士団によって仕組まれていた」という恐るべき事実だった。真実を知るべく、アーサーは聖騎士団に戻る決意をする。 そこで彼を待っていたのは、幼馴染のステラとの再会。 そして落ちこぼれ部隊こと『十三番隊』への配属と、彼を敵視する者の卑劣な罠だった。 ――だが、アーサーは悪魔の力で並み居る悪党と怪物を薙ぎ倒す! チームメンバーのリックス、エミリヤと共に、アーサーは聖騎士団上層部こと『円卓』に接触するべく成り上がる! 今度こそ仲間を守り抜き――悪魔の正体を知る為に! 全てを失った男が最凶最悪の力で正義を執行する、超王道ファンタジー! ※他サイト様でも掲載しております。

- - - -

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。