ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:男性主人公
条件をリセット

詳細検索

作・久野真一

研究者な俺と幼馴染が紡ぐイチャイチャ研究生活

 時は2020年8月。場所はカナダ最大の都市トロント。主人公の織田善彦(おだよしひこ)は、はじめての  国際学会という大舞台での発表にのぞんでいた。  彼、織田善彦(おだよしひこ)は、京都市内に住む高校2年生。彼は若くして現役研究者の卵として  活躍し始めている才能豊かな男子生徒。彼には、一人の幼馴染がいた。  彼女の名前は、徳川涼子(とくがわりょうこ)。彼女は、同じく若くして現役研究者の卵として活躍し  始めている才女。文武両道で、しかも、若くして実績をあげている彼女は、少し冷たさを感じさせる美貌もあり、  高校内でも熱狂的なファンが多数いるのだった。  専門分野が近い二人は、時に論文を共同執筆し、時に白熱した議論を戦わせる仲。    2人はカナダで行われる国際学会ICFGに現在出席中。そして、出会うは鬼才・天才、あるいは変人な研究者たち。  そして帰国後に始まる、新たな日常。研究者として、そして、恋人として。  研究者&研究者なカップルがイチャイチャしながら紡ぐ、異色の「研究」物語開幕!  専門的な知識がなくても楽しめます……たぶん。  ※この物語はフィクションです。現実のある学会の慣習を踏まえて書かれてはいますが、  ※あくまでフィクションです。  ※小説家になろう・カクヨム同時掲載です。

更新:2022/6/1

文字数:123,256文字

- - - -

0
0
0
0

作・久野真一

お世話を焼きに行ってる片想いの幼馴染が一週間前からデレデレな件

 僕、永山基樹(ながやまもとき)は、高校一年生の普通の男子。  僕には、数年前から片想いをしている、幼稚園の頃からの付き合いの少女がいる。  秋里紅葉(あきさともみじ)。ちょっとぼーっとしていて、だらしが無くて。  でも、誰よりも好きな相手。    そんな僕は、彼女のお母さんの許可をもらって、ひっそりと彼女のお弁当を作っている。   いずれ僕が作っている事を明かそうと思いつつ、未だに照れもあって出来ていない。  しかしどうにも一週間前から、紅葉の様子がおかしい。  急に手をつないでくるし、抱きしめられるし。  何か好意を伝えようとしているのは感じる。  でも、おばさんとおじさんには黙ってもらう約束だったはず。  一体、何故?と考えていたところ、お昼休みに、紅葉が何やら教壇から妙な事を話し始めたのだけど。  これは、ちょっと抜けていてお馬鹿な紅葉と、意気地がなかった僕の、  これまでとこれからの、幸せなだけのお話。

更新:2021/6/20

文字数:11,565文字

- - - -

0
0
0
0

作・津嶋朋靖

モニターに応募したら、系外惑星にきてしまった。~どうせ地球には帰れないし、ロボ娘と猫耳魔法少女を連れて、惑星侵略を企む帝国軍と戦います。

近未来、物体の原子レベルまでの三次元構造を読みとるスキャナーが開発された。 とある企業で、そのスキャナーを使って人間の三次元データを集めるプロジェクトがスタートする。 主人公、北村海斗は、高額の報酬につられてデータを取るモニターに応募した。 スキャナーの中に入れられた海斗は、いつの間にか眠ってしまう。 そして、目が覚めた時、彼は見知らぬ世界にいたのだ。 いったい、寝ている間に何が起きたのか? 彼の前に現れたメイド姿のアンドロイド(P0371……通称Pちゃん)から、驚愕の事実を聞かされる。ここは、二百年後の太陽系外の地球類似惑星。そして、海斗は海斗であって海斗ではない。二百年前にスキャナーで読み取られた海斗のデータを元に、三次元プリンターで作られたコピー人間だったのだ。  自分がなぜ遙か未来の異惑星で再生されなければならなかったのかを知るために、海斗はPちゃんを連れて旅に出る。途中、猫耳魔法少女のミールが旅の仲間に加わり、惑星を侵略する帝国軍と戦いながら、海斗たちは自分を再生させた者がいると思われる町、リトル東京を目指すのだった。 この小説はアルファポリスで2017年1月から連載を始めました。 現在小説家になろうととマグネットとノベルアップ+でも公開しています。

更新:2022/11/26

文字数:1,160,479文字

- - - -

0
0
0
0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。