ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:異能

条件をリセット

条件でさがす

作:代々木夜々一

3年F組クラス転移 帝国VS28人のユニークスキル。剣と魔法の世界に召喚された高校生はざまぁかましてエルフの廃墟でのんびりスローライフのつもりが人類の危機に立ち上がり団結チートで国を相手に無双する

3年F組28人が全員、召喚魔法に捕まった! 放り出されたのは闘技場。武器は一人に一つだけ与えられた特殊スキルがあるのみ!何万人もの観衆が見つめる中、召喚した魔法使いにざまぁし、王都から大脱出! 3年F組は一年から同じメンバーで結束力は固い。中心は陰で「キングとプリンス」と呼ばれる二人の男子と、家業のスーパーを経営する計算高きJK姫野美姫。 逃げた深い森の中で見つけたエルフの廃墟。そこには太古の樹「菩提樹の精霊」が今にも枯れ果てそうになっていた。追いかけてくる魔法使いを退け、のんびりスローライフをするつもりが古代ローマを滅ぼした疫病「天然痘」が異世界でも流行りだした! 原住民「森の民」とともに立ち上がる28人。圧政の帝国を打ち破ることができるのか? ちょっぴり淡い恋愛と友情で切り開く、異世界冒険サバイバル群像劇、ここに開幕!

更新:2022/12/28

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:西織

ウィザードリィ・ゲーム

 ウィザードリィ・ゲーム。  それは、魔法士たちが織りなす魔法競技。  魔法という概念が認知された架空の現代。魔法士たちが技術を競い合う、ウィザードリィ・ゲームが興行として人気を集めていた。  第一部 まだ青き出藍の鏡  かつて神童と呼ばれた少年、久能シオンは、四年前の事故の後遺症で、魔法士としての実力の大半を失っていた。その頃の情熱を失いながらも、未練がましく魔法学府の末席を汚していたシオンは、ある日、ファントムの少女である七塚ミラから声をかけられる。 「――ウィザードリィ・ゲームで、わたしを一番にしてください!」  ミラのお願いを初めは断ったシオンだったが、彼女のひたむきな姿に惹かれ、ゲームに参加することになった。  これは、かつての実力を失った少年と少女が、再起を図るの物語。  第二部 言霊の幸わう国  草上ノキアは、人生に諦観を覚えていた。  まどろみの中にいる時だけが、誰よりも自由で、何者よりも自由な時間だった。 「面倒は嫌だし、きついのは論外だ。つらいことも、少し我慢すれば過ぎてくれる」  おそらく自分は、そうして全てから逃げて生きていくのだと、彼女は信じて疑わなかった。  そんな彼女は、ある日クラスメイトの久能シオンに、一つのお願いをする。 「私の恋人のふりをしてくれないかい?」  立ち向かうは、神代より続く魔法の大家。  家同士の婚約を義務付けられたお嬢様を助けるために、久能シオンは神咒宗家のお家騒動に巻き込まれてしまう。  第三部 抗いの拳 Desire for recognition  少女は孤独だった。  誰も認められない。誰にも理解されない。その孤独を抱えて生きていた少女は、一人の少年と出会った。 「やっと……見つけた」  八年前、二人は出会った。  四年前、二人は敗北を経験した。  そして、今。  神童だった少女は、神童だった少年に挑む。

更新:2020/5/7

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:あかさや

竜がいた異世界にて ‐無意味に異世界召喚された僕は最後の竜の力を得てもとの世界に戻るために抗い続ける ‐

9月3日完結いたしました フリーターの氷室竜夫はある日突然、異世界に召喚された。しかし、特殊な力は与えられず、それどころか言葉すら通じなかった。なにも事情がわからないまま投獄されてしまった竜夫は死を覚悟する。そんな竜夫を救い出したのはこの世界に存在する最後の竜だった。 最後の竜は異世界の住人である竜夫に興味を持ち、あることを達成してもらう代わりに自分の力をすべて竜夫に与えると持ちかけてくる。 それは、どこかにいるはずの復活した古き竜たち始末すること。 ここはかつて、竜が高度な文明を築いていた世界。 この世界の人間は、はるか昔に突然消えた竜の文明の遺産を利用して高度な文明を築きつつあった。 竜夫は竜の申し出を受け入れ、力を手に入れた。そして、もとの世界に戻るために、かつて竜がいた異世界を駆け、多くを知り、多くを失いながら、なにも知らぬ異世界で戦い続けることになる。 これは、理不尽に抗う物語。 毎週月曜、水曜、金曜17:00~19:00の間に更新です もっとやれそうなら更新が増えるかもしれません なお他サイトには転載はしていません 2020年1月31日 第1部完 2020年11月24日 第2部完

更新:2022/9/3

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:一ノ瀬るちあ🎨

不遇職【スライム召喚士】の異世界ライフ ~最弱の魔物《スライム》しか召喚できないハズレ職だからと追放された転生者、実は万能チートだったので悠々自適ライフを送ります~

28歳童貞が転生したのは、『天職』と呼ばれる女神の祝福によってすべてが決まる世界。 散々だった前世に後悔した彼は、今度こそ本気で生きていくんだと死ぬ気で努力した。 「あなたの天職は――『スライム召喚士』です」 だが、彼に授けられた天職は、最弱の魔物《スライム》しか召喚できないハズレ職。 そのうえ、実の父である剣聖から「もはや貴様に父と呼ばれる筋合いはない!」と家を追放されてしまう。 終わった。 結局、努力なんて無駄だったんだ。 やり直したって、俺の人生は変わらない。 再びどん底の人生を歩む主人公。 だが、彼はその時『スライム召喚士』の真の能力に気づく。 召喚したスライムと同じスキルが使える? レベルを上げれば使えるスキルが増える? これは『スライム召喚士』という不遇職を授けられてしまった転生者が、隠し仕様で自由自適な人生をやり直す物語である。

更新:2022/7/19

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:一条光

黒の瞳の覚醒者

更新を再開しました。  あらすじ 普段通りに眠りに就いたはずが朝を迎えたのは一面に広がる草原の中だった。 何も分からないまま航は彷徨い、日本ではありえない町に辿り着き情報を得る為に町に入るがそこでは異界者は蔑みと恐怖の存在だった。  恐ろしい異世界人の仕打ちに怯え放浪する中、餓死寸前で優しい女性に出会う――。  フィオ編の更新を再開しました。今後は本編その後と交互に更新していく予定です。  落書きの項目を追加しました。こちらは気分転換に書いたもので貯まったら更新しますがあくまで気分転換にやっている事なので更新頻度は遅いかと思います。 フィオ編や落書きは更新しても新着?には載らないと思いますのでTwitterで確認してもらえればと思います。  アルファポリス - 電網浮遊都市 -となろうに投稿されているものと一部異なります。カクヨムは改稿していく予定です。  投稿前に確認はしているつもりなのですが、寝惚けている事もあり誤字脱字があると思います。変な個所に気付かれた方がいらっしゃればご指摘頂けるとありがたいです。ここが物足りない、ここがつまらない等のご意見も頂けたら嬉しいです。

更新:2023/1/23

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:@kokorotokokoro

俺は美少女召喚師!全人類がありふれた職業が天啓として与えられた中で、俺の職業がめちゃくちゃ頭おかしい件!

――世界に謎の声が響いた。 それは全人類の脳内に声が響き、その人間が最も取り組んでいるであろう事を職業として与えたのだ。その結果に人類は超常的な力を……得る筈はなく、ただその職業に適した技術や身体能力の向上が見られるという地味なものであった。 中には超能力者や魔術師などの異能を持つ職業を得た人間も居るには居たが、それは数百万人に一人と言っていい程の激レア職業であった為に発現した当初は誰もがデマだと思い騒ぎにならなかった。 だが、その異能を持つ職業がもたらす力が現実に大きく影響すると世間が知った時に世界は大きく変わる。 呪術師や霊能力者の職業から得られる力は既存の警備体制では防ぎきれず、次々と各国の要人の命が奪われ、更にゲームの中の邪神官の職業を得た者は現実に怪物たちを召喚し、邪神をこの世に創り出そうと画策をし始める。 そんな中で、『美少女大戦』というゲームのプレイヤーランキング一位の大刀気合(だいとう きあい)は、ゲーム内の主人公の職業である美少女召喚師を得てしまう。 毎日一体の強力な力を持つゲーム内の美少女をランダムで召喚出来るカードを引ける気合はその大きすぎる力の代償なのか、計らずとも異能の職業を持つ異常者たちと国家の陰謀へと巻き込まれていく――ッ!

更新:2021/11/13

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。