ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:
条件をリセット

詳細検索

作・笛吹ヒサコ

世界を望めば、世界は我が手の中に

 不定期 金曜日11時30分更新  登場人物紹介 https://kakuyomu.jp/users/rosemary_h/news/1177354054883474486  一なる女神さまは、人間と竜族に知恵を授けました。 『そして最も弱き人間と最も強き竜族が争わぬよう、一つだけ受け入れねばならないことがあります。最も強き竜族はこれよりオスのみ。種を残すためには、人間の女を妻としなければならない。お前たちは、これを受け入れることができますか?』  生まれたときに、竜の花嫁となる娘は、その手に花婿となる竜のウロコを握りしめている。  そのウロコの色で四つの竜族のうち、どの竜族の竜かわかる。  赤ならば、火竜。  青ならば、水竜。  銀ならば、風竜。  茶ならば、地竜。  けれども、最南端の港町リュックベン市のパン屋の娘フィオナ・ガードナーが握りしめていたウロコは黒だった。  黒いウロコは、千年前に滅んだはずの世界竜のもの。  世界竜は、四竜族よりも上位の竜族であった。  その世界竜族の生き残りがいるかもしれない。  フィオナが十五歳の春。  四竜族の若者たちと、北の帝国の女戦士、西の聖王国の姫君とともに、花婿探しの旅に出る。  竜族を排除することを目的とした、真理派。  誰もいないはずの世界竜族の都で知った、世界の終焉のこと。  旅は、フィオナが予想していたよりも、壮大なものとなっていく。

更新:2020/10/10

文字数:573,412文字

- - - -

0
0
0
0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。