glass menu_button

レビュー

作品

レビューを投稿する

運営している人

©オノログ

閉じる

検索結果:42件

タイトルから探す

作者から探す

紹介内容から探す

タグから探す

群像劇

絞り込み

文字数

そして、君たちは世界の片隅で引きこもることを選んだ。

 世界は緩やかに停滞しようとしている。  数世紀も前から叫ばれていた燃料枯渇問題は、様々な取り組みが行われているものの、未だ解決の糸口が見つからないでいた。  まだ裕福な地域も残るものの、地理的に自然エネルギーに乏しく、また化石燃料もない貧しい地域はエネルギー制限がかけられており、日常生活が原始的になり文化的な生活が送れない地区は広がっている。  君たち ―― 日本もまた、自然エネルギーに乏しく、化石燃料のない国だった。  それでも、技術立国としての地位を確保していたため、裕福な国ではあったが、技術が飽和していた世代において、衰退の一途を辿るであろうと予言されていた国でもあった。  日本は火山帯である地形を利用した地熱発電を推進することで、どうにかエネルギーを確保しようと奮闘した。  しかし、国際社会はそれを許さなかった。  残り少ない資源をコントロールしようと各国は躍起になり、ようやく海底地熱発電機構 ―― ワダツミシステムの運用にこぎつけた日本に対し、エネルギー資源の供給に制限を課したのだ。  運用が始まったばかりのワダツミシステムでは、国内需要を賄いきれないと判断した日本は、衛星を使って太陽エネルギーを地表受電するという、とんでもない技術を採用した。  そのことにより、当時、ぎりぎりの均衡で保たれていた国際社会のパワーバランスが崩れると懸念されたが、日本はその技術及び得たエネルギーの国際流出を自粛し、緩やかに鎖国するという道を歩んだ。  列島に生きる人々の生活を支えるのは、東海沖に浮かぶ人工島からなる海底地熱発電機構である<ワダツミシステム>、そして、列島上の宇宙空間に建設した静止衛生群および宇宙基地からなる宇宙太陽光発電機構<アマテラスシステム>。  これは世界の片隅で引きこもることを選んだ人々の群像劇。 ※思いついた順に書いていこうと思っていますので、時系列はバラバラです。 -お礼- ※本作は『箱庭』シリーズのリメイクです。 ※『箱庭』シリーズに反応くださった方ありがとうございました。 ※今後はこちらを地味に更新していきたい所存です(2021/08/31)。

俺はハーレムを、ビシっ!……道具屋にならせていただきます【カク9+なろう32合計41万PV】ほのぼのスローライフを想像したあなた残念!コレは親を殺された少年と悲劇のヒロインたちの復讐物語…だと思う。

【この物語は、群像劇の多視点、たまに、作者視点にぶっ飛ぶでございます。あらかじめ、ご理解とご妥協をお願いいたします。】 【あらすじ】  これは、人の住まう聖人世界にある融合国という国のお話しです。  この融合国では、魔物の組織と道具を融合して特別な力を与える融合加工技術という技術に長けていました。  そのなかでも古き基本技術を習得した主人公タカト君は、今日も懸命に道具を作っております。『スカートまくりま扇』とか『美女の香りにむせカエル』とか『裸にメガネ―』とか……もう、名前からして、アホな道具ばかり。  己が欲望に素直に従うタカト君は、今日も元気に女の子に頭を下げます。 「おっぱい揉ませてください!」  そんな時、いつも決まってハリセンが落ちてくる。  ビシっ!  このハリセンの猛者こそ、我らがヒロインのビン子ちゃん。だけど、このビン子ちゃん、実は記憶を失った女神さま。そのため、何の力もありません。その上、胸もありません。ついでに、お金もありません。まさに、貧乏神?  こんなアホなタカト君ですが、実は目の前で獅子の顔をした魔人によって父を殺され、母により崖から落とされた壮絶な過去を持っておりました。時折見せる辛い表情は、その魔人に対して復讐を思っているのでしょうか?  しかし、今日も今日とて、のほほんと配達に。そして、欲に目がくらんだタカト君、じいちゃんにくぐるなと言われていたのに門を通ります。この門は、聖人世界と魔人世界をつなぐ門。そう、その先は魔人と魔物が住まう世界。そりゃぁ、魔物、襲ってきますわな……し~らないっと! 【これは出演者の勝手な感想であり、小説の面白さを示すものではありません】 「初っ端から重いのよ!重い!ギャグのかけらもないじゃない!」 ・・・byピンクのオッサン 「ギャグとシリアスの二面性・・・うちのお嬢みたい!」 ・・・by紙袋をかぶった裸エプロンのお・と・こ 「オッパイ揉ませてください!」 ビシっ! 「何すんねん!この!貧乳!」 ビシっ!ビシっ!ビシっ! ・・・byずれた主人公とおかしな女神 【ご注意】 ★道具屋さんのウキウキライフをご想像した方。残念! この物語の本編は復讐物語です。家族を殺された主人公。恋人を殺された青年騎士。陵辱され身を落とした令嬢など、それぞれの復讐劇。今頃、気付いた作者です。テヘ。 ○本作品には、エッチなハーレム、ご都合主義のハーレム、異世界転生、異世界転移、俺TUEEE、チート、悪役令嬢などは全くありません。 ○いちゃいちゃエッチな展開も今のところございません。 ●ただし、キャラクターのトラウマが発生する場面においては、少々気分を害する箇所がございます。回避ルートを設けておりますので、苦手な方はそちらのルートを読んでいただき、後の章へとお進みください。 ------------- 一話あたり1,000文字~1,500文字を目安に書いています。 (加筆修正のため、この文字数を超える場合もあります。) 大体、1分~2分程度で一話をサクサクと読むことが可能です。

- - - -

評価

1

レビュー

1

読んだ

0

気になる

0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。