ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:西洋風

条件をリセット
詳細条件で探す

作:三毛門炎空

神ではないと何回言えば...

山間の町に住む高校2年生の寺門桃子は、ある日川の対岸にオオカミがいるのを発見する。 動画を撮ろうと川に足を踏み入れた時、突如発生した鉄砲水に巻き込まれ桃子は川に流されてしまう。気が付いた時には異世界の古代文明大国ナバー王国にいた。 ナバー王国では神殿建設の儀式が執り行われている真っ最中だった。大勢が見ている中、人柱となる死者の体に桃子の魂が乗り移り生き返ってしまったのだ。 ナバー王国では生き返った人間を『レヴィ』と呼び、神の使いと崇める奇妙な信仰があり、桃子は『神の使いレヴィ』となってしまった。 何故異世界の死者に憑依してしまったのか...。それは天才降霊術師ガミー導師が仕組んだ計画だった。 王家の骨肉の争い、それを利用した陰謀、国家間の紛争に巻き込まれるモモコ。しかし神の使いとしてチヤホヤされたり素敵な出会いもあったり、日本では経験出来ない面白さも感じつつ奇妙な運命に翻弄されてゆく。 当初はイケメン王子たちとのラブコメの予定で書き始めましたが、恋愛ものとは程遠い内容になっています(汗) 初めての長編小説で稚拙な部分が多々あるかと思いますがご容赦を。完結目指して頑張ります! ★2023年5月31日、自作の表紙をアップしました。

更新:2024/3/31

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:鶏 天太郎

東逝のサキ〜小さな僕の大きな旅袋〜

英雄リーベルトは言った。 「この大地は繋がっていた」 それから数百年。 その証拠は依然として見つからず、無知か夢想家のみが語る戯言となった…… ───────────────────────────── 森の中で最愛のじいちゃんと二人、ひっそりと暮らす。そんな日々がずっと続くものだと信じて疑わなかった。 しかし、そんなあたりまえの日常は唐突に終わりを迎える。 世界の摂理すら凌駕する秘宝、特異叡智。 現代の英雄だった祖父が遺したものは、そんな特異叡智の一編『錬金術師の知嚢』だった。 そして少年は旅に出る。 祖父と師の想いを背負って向かうは東。 少年・サキが踏み込む世界はあまりに広く、美しく、そして冒険に満ち溢れている。 その先に見るものは、残酷な世界か、最果ての叡智か。 それとも── ───────────────────────────── コンセプトは「強化アイテムで少しづつ強くなっていく物語」 ※異世界転生モノではありません。 ※初めは地味な展開が続きますが、徐々に派手になる予定です。 ※表紙画像は自作です。Twitterでは線画等も公開しているので、宜しければフォローお願いします。

更新:2021/12/17

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:文田孝太郎

黒の八騎士

セントレスト王国魔導騎士団。 それは出自を問わぬ実力至上主義の組織。 国内の有事に対応するため、彼らは今日も、陰日向に奔走している。 本作はシリーズ作品として、長編の連作を予定しています。 他の作品と同様に、最後まで書き上げてから順次公開していく方式を取ります。 ※注意※ 戦闘シーンがあり、また作者は人体の損壊描写等を読むのにそれほど抵抗がありません。 ネットに公開する以上、過度の暴力描写とならないよう心掛けてはいますが、念のため、暴力描写ありとしてセルフレイティングを設定しています。 ※注意その2※ 本作はいわゆる昔ながらのファンタジー作品を目指しています。 ジャンルこそ異世界ファンタジーとしていますが、転生や転移、チートといった要素はありません。 ハーレム要素も当然ありません。 加えて、剣と魔術の世界ではありますが、スキルやジョブといった既存ゲームのシステムも取り入れていません。 〇Unfortunate Sons(完結) 王国西部に位置する交易都市カラミノ。 そこで発生している連続失踪事件の解決のため、イクルス・ウィリオン率いる第26実務班が派遣される。 これが初の正規任務受領となるウィリオン班の8人は、はたして事件を解決に導くことはできるのか? 〇呪われた剣士(完結) 北部穀倉地帯にて、農民たちによる蜂起が発生した。 彼らが向かうのは、一帯の村落を管轄する行政都市ヴェスト・ラティナ。 率いるは大剣を携えた黒衣の男。 迎え撃つは、ウィリオン班のみ。 〇それぞれの休日(更新中) 王都へ帰還したウィリオン班の一行。 班員たちは、それぞれに休日(?)を過ごす。

更新:2024/3/18

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:今晩葉ミチル

暗殺王子の婚約者

 スラム街に住むプリーメルは、母親と二人で暮らしていた。  食べ物さえロクに手に入らない状況で、母親は日を追うごとに弱っていった。  そんなある日、レーベン王国で王宮就職試験が告示される。幅広い人材を求めていた。迷宮から宝玉を探し出すのが課題であったが、プリーメルは一日掛けて課題を達成する。  それから二週間後に、レーベン王国の王子であるエウリッヒの口から、王宮就職試験に合格した事と、エウリッヒ自身に暗殺者の過去があり身分にこだわりがない事を告げられる。  プリーメルは覚悟を決めて王城に足を踏み入れる。イタズラ好きの騎士団長のシュタム、凄腕の執事のヴルツェル、陽気な暗部のアストと出会う。  そして大国ポルトン王国の王女であるルーナが、自身をエウリッヒの婚約者にするように、執拗に言い寄っているのを知る。  レーベン王国を乗っ取る目的があるのは明らかであった。  ルーナとの婚約を破棄するために、プリーメルはエウリッヒの婚約者のフリをさせられる。  プリーメルは無事に任務をこなし、ルーナの野望を阻止して、愉快な仲間たちと共にレーベン王国を守る事ができるのか。  スラム街少女と暗殺王子の恋愛関係はどうなるのか。  プリーメルの淡い恋心は揺れる。 ---------------- 【作者が考える作品のセールスポイント】 1.献身的なプリーメルの尊い愛情 2.重い過去と向き合うエウリッヒの懸命な生き様 3.レーベン王国の愉快な仲間たち ----------------

更新:2022/7/22

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。