ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:身分差

条件をリセット
詳細条件で探す

作:サケ/坂石遊作

聖女は隠居したい ~ただの薬師、ちやほやされたくて聖女を名乗ったら何故か全国民が信じてしまったが、無自覚チートなのでなんとかする~

「聖女を名乗ってちやほやされよう!! なーに、一日だけだし平気でしょ!!」  平民の少女リゼットは、幼い頃から薬草が好きで、ひたすら研究した末に大抵の怪我や病気を治せるようになった。しかし魔法が重視されるこの時代において、リゼットの地味な努力は評価されなかった。  もっと色んな人にちやほやされたい……そう思ったリゼットは、ふと閃いた。  ――聖女。  数世紀おきに現れるという伝説の女性。神に愛されている彼女の魔法は、あらゆる怪我や病気を治すと言い伝えられていた。  自分も一応、怪我の治療とかなら得意だし……ちょっとだけなら聖女のフリをしてもバレないのでは? そう思ったリゼットは、 「私が聖女よ!!」  リゼットは聖女を自称し、一日限りで色んな人にちやほやされようとした。  しかしその嘘を想像以上に多くの人が信じてしまう。……実は先日、神託で「聖女が現れる」と予言されていたのだ。更にリゼットが製作したポーションの効果が尋常ではないことや、リゼットの経歴がでたらめであることなど、次々と妙な事実が明らかになり、民衆はリゼットを崇め始めた。  遂には本物の聖女までもがリゼットを慕いはじめ――。 (……あれ? 私、もしかしてもう聖女として生きるしかない?)  これは、承認欲求だだ漏れの主人公が聖女を自称してイケメンに囲まれようとしたら、いつの間にか全国民(本物の聖女含む)に崇拝されて取り返しがつかなくなる話。

更新:2022/9/9

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:皐月琴日(華宮ルキ)

強か聖女はくじけない~婚約破棄され、辺境に追放されましたが騎士団長(王弟殿下)の最愛になりました~

「この僕がお前のような卑しい生まれの女と結婚できるわけがないだろう! この毒婦め!」 バルベルデ王国に住まう男爵令嬢リアナは現男爵の愛人の子である。元々は平民として慎ましく暮らしていたものの、母が亡くなり男爵家に引き取られたという過去を持つ。 そんなリアナは類まれなる聖なる力を使いこなすことが出来、王国では『癒しの聖女』として崇拝されていた。 そして、リアナには侯爵家と神殿の跡取りであるルイが婚約者としてあてがわれ、確かな将来を約束されていた。 しかし、リアナが18歳のある日。ルイはリアナの後輩聖女であるアドラと恋に落ち、リアナに婚約の破棄を告げた。 彼曰く、リアナは多数の男性と浮名を流す毒婦だということだ。 確かにリアナは年齢以上の艶めかしい容姿をしており、男性が言い寄ってくることはたくさんあった。が、誰のことも拒絶していた。 けれど、リアナが悪いと決めつけるルイに愛想を尽かし、リアナは彼の言う辺境への追放を受け入れる。 辺境は魔物がたくさん住まう危ない場所。そんなところに追いやられたリアナだが、全く挫けることなく『癒しの聖女』としての任務にあたっていく。 すると、辺境にいる個性豊かな騎士たちと徐々に打ち解け初め――。 さらには、騎士団長で王弟殿下の一人であるエセキエルと恋に落ちていく。 その半面、ルイやアドラは自分たちの立場を悪くしてしまい……。 これは、強かで挫けない聖女がその強さから王弟殿下に溺愛されていくラブファンタジー。 ―― ◆掲載先→小説家になろう、アルファポリス、エブリスタ ◆このお話は『強靭聖女は負けられない~妹にすべてを奪われましたが、大魔法使い(王弟殿下)の最愛になった私の顛末~』という作品と同じ国が舞台です。

更新:2022/9/20

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:荒星

自称泣きゲーのモブに転生~メーカーは泣けるとかほざいてるけど理不尽なヒロイン死亡エンドなんていらねぇ!!

 主人公はある朝、会社に通勤する為に信号待ちしているとトラックが突っ込んできて死んでしまう。しかし、その直後何故か見知らぬ少年になっていた。そして、彼はテレビのニュースを見て、ここが自分の好きだったゲーム『ラストティアーズ』なのだと知る。  『ラストティアーズ』通称ラスティア。  太古の昔、天界で神々が争い、その戦争によって善なる神々の側に着いていた人間界にも危機が迫ったが、龍の力を持ちし英雄が邪神を討ち取り、邪神たちがモンスターを生み出していた工場であるダンジョンが残った。  ダンジョンのモンスターは放っておくと地上へ溢れて出てしまうので、エンフォーサーと呼ばれる者たちがダンジョンへ潜りモンスターを討伐していた。  しかし邪神を復活させようと企む者たちによって、地上でも不可解な事件が起きていた……  彼は途轍もなく理不尽にヒロインが最終決戦で、主人公の為に命を落とす展開を変えようと誓うが…… 「あれ? このキャラ何処かで……そういえばこの俺が転生したキャラって、一番最初の襲撃イベで殺される奴じゃね?」  これは原作知識を駆使して、それでも血反吐を吐きながら少しずつ強くなっていき、登場人物の不幸フラグを粉砕しながら、なんとか自分が死亡する未来を変えようと藻掻く男の物語。  大切な設定ポロリしかねないので、これから感想は基本楽しみに読ませて貰うだけにします。皆さま応援ありがとうございます!

更新:2022/9/9

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。