ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索条件

タグ:追放

条件をリセット
詳細条件で探す

作:消し炭

【加速】しか使えない無能と『勇者』パーティーを追放され殺されかけた僕は何とか助かって、本物の勇者に溺愛されながら、のんびり活動しています。~戻って来いって言われても、さすがに無理があるよね~

勇者フューテ・オルタナ。 それは、千年ほど前に魔王を倒し世界を救ったと言われる伝説の勇者。 今では、そんな彼女の血を引くとされている者たちを『勇者』と呼んでいる。 アクセルは、そんな『勇者』デドニスの『勇者』パーティーの一員として、活動していた。 つい最近では、FランクからAランクまである『勇者』パーティーとしての最高の格付け、Aランク として認められるほどにデドニスの『勇者』パーティーは活躍していた。 だが、そんなとき、アクセルは突然の追放宣告を受けてしまう。 デドニスが言うには、 「お前みたいな【加速】しか使えない無能は、Aランク『勇者』パーティーにはふさわしくないんだよ!」 とのことだった。 アクセルはそれでも、みんなの力になりたいと思い、雑用だけでもいいから、と願い出るが、あっさりと断られる。 それどころか、連れてこられた『罪人の大穴』という、暗闇で底すら見えない大穴に落とされ殺されかける。 アクセルは磨き続けてきた【加速】を使い、何とか死ぬことなく大穴の底に落ちることに成功する。 そして、大穴の底で、アクセルは伝説の勇者、フューテ・オルタナとの出会いを果たすことになる。

更新:2023/3/2

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

作:マグローK

スキル「火吹き芸」がしょぼいと言われサーカスをクビになった俺が、冒険者パーティ兼サーカス団にスカウトされた件〜今度は冒険者としてもスキルを使います〜

ドーラ・バルバドルはスキル「火吹き芸」が使用できるからとサーカスにスカウトされた。 だが、時の経過で火吹き芸はスキルがなくても誰にでもできると言われサーカスをクビにされてしまう。 しかし、ドーラのスキル「火吹き芸」はスキルなしの火吹き芸とは全く別物で、スキル「ブレス」への進化の可能性や仲間にダメージを与えず火を吹けるという独自性を持っていた。 そのことに気づかずドーラをクビにしたサーカスは、ドーラのスキル「火吹き芸」の独自性を見抜けなかったことで、演出役を失い表現の幅が狭まり客を失っていく。 一方ドーラは、スキル「火吹き芸」が進化したスキル「ブレス」で冒険者兼サーカス団員としてモンスターの討伐、サーカスの花形として活躍していく。 これは自分のスキルの可能性に無自覚だった男が、進化したスキルを使い冒険者としてもサーカス団員としてもハーレムや無双し、名を馳せていく物語。 この作品はカクヨム、アルファポリスにも掲載しています。

更新:2023/1/20

0.0
0

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

読んでる

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化/コミカライズのタグについて

該当作品の書籍化・コミカライズ判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。