glass menu_button

レビュー

作品

作品を探す

レビューを探す

レビューを投稿する

運営してる人

©オノログ

閉じる

検索結果:83件

タイトルから探す

作者から探す

紹介内容から探す

タグから探す

魔法

絞り込み

文字数

幽閉王女は魔女になる ~先祖返りの忌み子として幽閉されていましたが、ある物を代償に手に入れた魔法で自由に生きて行こうと思います~

グランディア王国の第一王女として生まれた「シルヴィ」。 彼女は多くの国民から愛され、愛娘としてもこれ以上ないくらい愛情を注がれて 幸せに成長し、18歳の誕生日を間近に控えていた。 そんなシルヴィだが、最近妙に現実感のある夢を見るようになる。 その夢では、彼女は神祖の力を持った先祖返りとして生まれてしまい、 そこにつけ込んだ悪神の狡知により王族から亡き者とされ、一人幽閉されてしまうというものだった。 夢も希望もない虚無の日々を送る中、 16歳の誕生日の日に突然現れた2000年前の先祖「シリア」によって塔から連れ出され、 止まっていた彼女の運命の歯車は、ゆっくりと回り始めていくことになる……。 と思いきや、塔を出た彼女を待ち受けていたのは奇妙な出会い!? 異世界から拉致られた上に、よくあるチート能力は貰えなかった不運な元OLや、 可愛い女の子なら誰でも手を出してしまう同性愛者でドMのダメ女神などなど、 強烈な個性を持った人々にシルヴィは日々振り回されてしまうのだった! そんな被害者感を出す本人が溺愛するケモ耳尻尾の子は実は神狼だし、 空を箒で飛ぶのは怖いからと召喚した大鷹は、天空最強で誰もが畏怖する魔物だしと、 魔王ですら呆れてしまうほどイレギュラーばかり生みだすシルヴィからも目が離せない! ほのぼの多め、時々シリアスとバトルでお送りする、元王女様の成長物語登場! 夢と現実で異なる真実に気づいた時、果たして彼女は彼女でいられるのだろうか……。 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ☆25000PVと総合評価700pt、ブクマ120を超えることが出来ました!本当にありがとうございます!!(9/24追記) ☆登場人物紹介を大幅に変更しました。(9/30追記) ☆感嘆符などを全角に修正したため、全話に改定マークが付いています。(9/25追記) ☆表紙絵を0話冒頭に挿入しました!(9/20追記) ☆2章完結のため、毎日20時過ぎに1話ずつ投稿の形へ変更しました。(8/16追記) ※アルファポリス様にも掲載中です。

- - - -

評価

1

レビュー

1

読んだ

1

気になる

0

泉の乙女、青のロディーヌ

人も神も妖精も存在する世界で、兄たちを探してその呪いを解くという運命に導かれ、泉の王国の娘ロディーヌは一人過酷な砂漠を渡り、瘴気の森を逃げ切り、旅の途中の美しい将軍オワインと出会う。 わずかな時間だったけれど、激しく惹きつけられあう二人。けれど想いを叶えるためにロディーヌは別れを選択する。 やがて念願を果たし帰郷する兄妹たち、しかし二度と会うことはないだろうオワインを想ってロディーヌの胸は塞ぐばかり。一方、祖国に戻ったオワインもロディーヌへの想いを断ち切れず、聖獣・黒豹のジュールと共に泉の王国を目指す。 彼ら二人の屈折した過去の心境や苦難の時期、襲いかかる驚異の自然現象。疫病に災害に、生きることは簡単ではないけれど、それでも愛する人がいるならば……。 はるかなる神話の世界に端を発し、入り乱れる時間が複雑に絡み合って作られる世界の美しさ。花を追って世界を飛ぶ蝶、伝説の宝石、奇跡の色。負の要素もたくさんあるけれど、最後はハッピーエンド。お伽話を愛しつつ大人になった人たちに楽しんでもらいたい物語。 グリム童話「The Seven Ravens (七羽のからす)」をベースに作りました。

- - - -

評価

1

レビュー

1

読んだ

0

気になる

0

魔法使いの師匠は友だちを作りたい

入ればどんな人間でも正気を失うという魔の森。 生きる意味を見失っていた僕は、その魔の森に死ぬつもりで入った。 そこで待っていたのは魔法使いの師匠との出会い。 師匠は僕に居場所を、そして生きる意味を与えてくれた。 そして今日も、師匠と僕は友だちを作るために世界中を訪れ続ける。 登場人物紹介 ・師匠 魔の森の主。人智を遥かに超えた魔法の力を持ち、魔の森の中心に住んでいる。 不老不死で彼を深く知る人物は誰もいないため、その過去は闇に包まれている。 性格は温厚で少し子供っぽい。飄々と見えて、実は寂しがりやでもある。 姿形は性別さえ自由に変えることができ、本人でさえ元の姿は思い出せないとか。 この世界の魔法で使えないものはなく、人間はもちろん人外の者さえこの世で彼に勝てる者はいないと僕は思っている。 ・僕 師匠の弟子。 砂の目を持ち、目で見たものを自身に身につけることができる(例外あり) 元は身寄りのない孤児。 明日の見えない生活に疲れ、化物に食われるために魔の森に入ったら師匠に拾われた。 魔法のレパートリーは豊富だが、子供ゆえに魔力の総量が少なくガス欠しがち。 性格は基本的に素直かつ聡明。 師匠は心の底から尊敬しているが、自堕落なところだけはよく思っていない。

- - - -

評価

1

レビュー

1

読んだ

0

気になる

0

- - - -

評価

2

レビュー

1

読んだ

2

気になる

0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。