glass menu_button

作品

レビュー

運営している人

@オノログ

閉じる

検索結果:1640件

タイトルから探す

作者から探す

紹介内容から探す

タグから探す

魔王

絞り込み

文字数

旧きJRPGのルールに則って、世界を救いたい魔王の物語

 魔王の仕事は意外と地味である。何て言ったら疑われるだろうか。コツコツと小さな積み重ねを繰り返す日々である。嘘つけ、と思われるだろうか。配下に千も万ものモンスターがいて、自身も強大な魔法が使えて、怖くて、変身もできて―まるっきりの見当外れとは言え無いけれども、そう単純でもない。優雅に泳ぐ白鳥の足が水面下で藻掻いているように、多額の売上げを稼いでいる会社が蓋を開けてみれば赤字経営であるように。  今日も勇者一行が魔王の居城を目指して進行する。魔王直々に手を下すことはできないが、配下のモンスターが行く手を阻む。ダンジョンのトラップが頭を悩ませる。いきなり強いモンスターは派遣しない。徐々に、徐々にだ。突然強力な装備品も与えない。段階を踏んで。覚える魔法も閃く必殺技も同じ、理想は迷宮に幽閉されたネズミの如く、永久に彷徨い続けること。その為に万策を尽くす。けれどもいずれ辿り着く。願わくばその者が、思い描いた勇者であってほしい。 掟① 勇者一行を絶滅させてはならない。  勘違いしてはいけない。全滅ではなく、絶滅させてはいけないのだ。魔王によって派遣されたモンスター達は、至る所で勇者一行を待ち構えている。そしてエンカウントして戦闘になれば全力で攻撃を仕掛ける。 掟② 勇者一行は4人まで。モンスターパーティーは8体まで。  国家レベルの戦闘を仕掛けるわけではない。村単位でも、町単位でも、城単位でも意味を持たない。勇者達が短い戦闘を幾度となく繰り返すことが求められる。金と経験値を稼いでレベルを上げ、武器や防具を購入しステータスを上げる。そうして、勇者には1歩ずつ魔王の元へ近付いてもらわなくてはならない。その為に、勇者一行の人数を最大で4人までとする。またモンスター側も、小型タイプで最大8体までとする。この範囲内であれば、好きに仲間を呼んでもらって構わない。 掟③ 魔王が地上に降り立ってはならない。  ラスボスが勇者と戦うのはラストバトルのみ。それまでは間接的にしか攻撃することはできない。例えばモンスターを派遣したり、ダンジョンを構築したり、イベントを発生させたり。直接手を下さなければ何をしても構わないが、仕掛けた後は見守ることしかできない。大概は他にやることがあって観察することもできないのだが、それこそ大勇者なるものが現れたらば、時間を割いて眺めたいものである。

- - - -

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

おっさんクエスト(シリーズ第一作)

苦痛ばかりのこの世界。 本当に幻想を求めている者は誰なのだろう。 親子関係に、学業に、交遊関係に、部活に運動に遊びにバイトに悩む少年少女達? 青春まっただなかと言いながら、増えていく仕事に役割に己の時間をすり減らす青年期の男女? 仕事に、家庭に、家事に、育児に、そして支払いに追われるおっさんおばさん? 長い長い苦痛だらけの人生をくぐり抜ける内にかけがえのないものを失ってきた御老人達? 生きるってなんだろう。 すべてのファンタジーを求める方々に送る、愛と悲哀と汚物にまみれたダークファンタジー(直訳) ファイナルおっさんファンタジーシリーズ、一作目。 おっさんがもいでもがれてもげてもぎ抜く。 そんな活劇。 『おっさんクエスト。』 ポロリもあるよ。 おすすめの使い方。 (* ̄∇ ̄)つエチケット袋。 本当は一人一人御礼せにゃならんのですが・・・ コメント、レビュー、ファン登録、応援、スター、全部ひっくるめて、 ありがとうございまスター!!!! まぁ真面目な話、どんな意見でもかまいませんので、感想指摘叱責お願いいたします。次の作品の糧に変えさせていただきますっ!! レビューおくれ!! なお、主人公はひたすら醜く汚くダサく見苦しく気持ち悪いおっさんです。 ですので、 用法用量を守り、だらだらとお読みください。 あと、長いですけど、できれば最後まで読んで欲しいです(´-ω-`) ちなみに処女作です。なんでとてつもなく、荒いです。 シリーズ通して読んでいただければ、物語に合わせて成長してきた(かもしれない)作者の力量の変化がわかる(かもしれない)。 そんな所も楽しんでもらえる、そんな懐の深い方にオススメ致します。 作者本人としては、自分が成長したかどうかよくわからない(o;ω;o) では本編にてお会い致しましょう。 ちなちなシリーズ第二部は、 おっさん・オブザ・デッド。 [link:novel_view?w=23160710] こっちもよろしく! 追伸。 全部、もげおが悪い。

- - - -

評価

0

レビュー

0

読んだ

0

気になる

0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。