レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

検索画面を開く

検索結果:68件

掲載サイトを絞る

タイトルから探す

作者から探す

紹介内容から探す

タグから探す

VRゲーム

絞り込み ※書籍化はプログラムによる判断です。

文字数

作・ 王海みずち

フェティシズム・フロンティア・オンライン【外伝】~有翼フェチで足フェチな僕の性癖から生まれたお姉さんの一撃必殺がチートすぎて「急降下爆撃姫」と恐れられてるようです~

【フェティシズム・フロンティア・オンライン】(通称:フェチフロ) それは、「貴方の『性癖』に100%応えるフルダイブVRゲーム」というコンセプトで作られた楽園。 フェチフロでは、普通の性行為では味わえない刺激や快感を求める『性癖』が、武器になる。 日本中の変態達で賑わう群雄割拠のフェチフロに、性癖(フェティシズム)を抱えた男がまた1人ログインした。 彼は有翼のお姉さんの足が好きなのだが、普通の足フェチとは少し違っていた。 素足派でもニーソ派でもタイツ派でもない。足フェチ界隈からも「異端」と呼ばれる彼の性癖は、強力な特殊性癖(ユニークスキル)に。 そして、このゲームではその性癖(フェティシズム)が特殊なほど…そして執着深いほど、強力なスキルになる。 ※この作品は、【二次創作】です。 原作を一切知らなくても楽しめる・理解できる内容になってますが、原作もとても素敵なので併せてお読みいただくことをおススメします。 素敵な原作はコチラ  https://novelup.plus/story/659295430 著:梅谷涼夜 先生 イラスト・デザイン 鳳零次 様 https://twitter.com/ohtori_reiji

- - - -

0
0
0
0

作・天野 星屑

元極振りプレイヤーののんびり放浪記~極振りする度に運営がナーフを入れてくるので完全均等ステータスで遊びます~

極振り。 VRMMOを想像した者なら、誰もが一度は聞いたことのあるその言葉。一つのステータス、行為に特化することで、周りを圧倒する力を手にする、まさにロマンの塊。 アマツは、様々なゲームを渡り歩きながらそれぞれのゲームで極振りをしてはその様子を動画にする投稿者だった。 『ただひたすらに、圧倒的な力を。それを手にした無双っぷりを』 誰も実行したことの無かった極振りを、過去の小説を題材に実行して動画にしていたアマツだったが、いつまでも一人の人間が圧倒的に活躍する事をゲームの世界が許すわけもなく。 彼の行動はことごとくナーフの対象となった。 「動画のために極振りをするのも少し疲れたので、これからはあえて全部平均値にしてやってみます。まあネタとしては弱いと思うけど、これまでやってないゲームの楽しい部分を全部やっていこうと思うので見てみてください」 極振りから離れ平均値でプレイを始めた彼は、それまでよりも遥かにゲームを楽しんでいく。それだけでなく、極振りを捨てたことでむしろ彼の極振りが評判となって仕事も集まり…… *ゲーム内の活動だけでなく、極振りに関わる主人公の仕事の様子(動画、ゲームのクローズドベータ、書籍の紹介、いわゆる案件)なども小説にしていきます。 *基本的に丁寧な描写よりも読みやすさを優先します。 *他の『極振り』を含んだ有名タイトルを馬鹿にするつもりはありません。むしろ『極振りが許されない世界というネタ』もありではないかと思って書いています。

- - - -

0
0
0
0

作・あきさけ

【旧版】うちのモフモフこそが最強!

今より科学技術が進んだ近未来。 ARやVRが当たり前のように使われているその時代では、ゲームの分野でもそのような技術がフル活用されていた。 小鳥遊 響(たかなし ひびき)はそんな時代に暮らしている一般的な学生さん。 この春からはそこそこ以上の学力を持つ高校への進学も決まっている。 そんな彼女が中学校の卒業式も終え、一人暇をしていると2つ下の妹に声をかけられる。 何でも、妹はこの春から正式スタートする新作VRMMORPGに参加するらしいのだ。 そんな話をなぜ響にしたのかというと、そのゲームに興味があるなら一緒にプレイしたいという事らしい。 だが、残念ながら響はそのゲームに興味がなかった。 理由はただ一つ、ふんわりモフモフという可愛らしいペットがそのゲームには実装されていないからだ。 そう、響にとって何より大事な事はカワイイモフモフ達との生活を楽しめるかどうか。 そんな響が目をつけたのは『infini fantaisie(アンフィニ ファンテジー)』と言うサービス開始から数年経っている中堅どころのVRMMO。 このゲームにはパートナーという形で様々なペットが実装されていた。 「このゲームでならモフモフとのVRライフを満喫できる!!」 お目当てである『ライトニングシーズー』と呼ばれるワンコを手に入れて、響は意気揚々と『infini fantaisie』の世界へと足を踏み入れる。 全ては至高のモフモフとののんびり生活のために!! この物語は響がモフモフ達との生活を夢見て活動する、そんな物語である。 「……冒険? お金稼ぎ程度にはやるつもりですが何か?」 ※ ※ ※ ※ この作品は小説家になろう様、ノベルアッププラス様でも連載しております。 内容の修正等はありませんのでご容赦を。 毎朝7時過ぎの更新を予定しています。

- - - -

0
0
0
0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。

書籍化タグについて

書籍化の判定は、プログラムによる自動判断です。厳密な確認事項でないことをご了承ください。

通知

こちらはユーザー用の機能です。

一覧
to_top