glass menu_button

レビュー

作品

レビューを投稿する

運営している人

©オノログ

閉じる

検索結果:1048件

タイトルから探す

作者から探す

紹介内容から探す

タグから探す

絞り込み

文字数

卑怯で臆病な僕は血塗れの聖女を受け入れることができない

 僕の婚約者はかつてセプテントリオの妖精姫と呼ばれていた。 銀糸のような癖のない髪に透き通った碧玉の瞳。 儚げな美貌に柔らかな微笑をたたえ、誰にでも穏やかに接する彼女は理想の令嬢、いや姫君だ。 彼女は僕の自慢の婚約者だった。  僕の身代わりとしてあの泥沼の戦場に彼女が行ってしまうまでは。 ようやく平和が訪れて、帰って来た彼女を僕は生理的に受け付けることができなかった。 何も映していないような虚ろな瞳。 周囲にピリピリとした空気をまき散らし、精神を削り取るような緊張を強いるあの眼光。 彼女の精神は今もあの戦場で泥の中を這いまわり、血と糞尿をすすってもがき続けているのだろう。  僕はそんな惨めな戦争の残滓を見たくなくて、その言葉に飛びついてしまった。 彼女を貶め、この世から消し去る事を正当化してくれる、あの根も葉もない噂に。 --------------- アルファポリス様にも掲載しております。 また、作中に出てくるフェレティング公女の手記10/20夜より連載します。 「幸福とは死者の群れの中に生者を見出すこと」 https://ncode.syosetu.com/n7827hg/ そちらも併せて愉しんでいただけると幸いです。 ------- 全10話、完結保障。 1万字程度の短い作品です。 最終話まで執筆済み。 登場人物の感情を描いている作品なので、軍の組織や作戦などはものすごく適当です。 戦車などについても作者は全くの無知なので、あり得ない勘違いなどがあれば教えていただけると幸いです。 関東軍の従軍看護師だった母の従姉の思い出や、今まで読んだり人から聞いた戦争体験がごちゃまぜに入っています。 どこかで聞いたようなエピソードがまじっていても生温かくスルーしてください<(_ _)> 基本的にバッドエンドです。 苦手な方は回避してください。

- - - -

評価

1

レビュー

1

読んだ

1

気になる

0

※作品の評価点について

登録数が少ない期間は単純平均点で表示します。
より多くの作品数・レビュー数になったら新評価式を適用します。