レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

PickUp!レビュー

「作品URLへのジャンプ」が発生したレビューが最新表示されています。

つまり、ここにあるのは実際に読者を生み出したレビューたちです。

東方伝奇ー平凡な元リーマンが異国のツンデレ暗殺者と紡ぐ絆の物語

彼らは一体どのようにして、絆を築いていくのだろうか?

【物語は】 ある辛い記憶とも呼べる、一場面から始まっていく。この時点ではプロローグが物語に、どう関わって来るのかの予想は難しい。だがとても重要な部分であることは、間違いないだろう。 本編に入ると、主人公の視点へと替わる。彼は八年務めてきた勤務先を、人員整理で自主退職し、無職となった彼が途方に暮れていた。 そんな彼に舞い込んできた、バイト依頼。まだやるとも言っていないのに、強引に押し付けられてしまう。 果たして、このバイトの依頼によって齎される出会いは、主人公にとって吉となるか、凶となるのか? 【登場人物の魅力】 本編が始まり、段々と主人公について分かって来る。それは押しに弱く、お人よしであること。そして、細やかな気遣いができること。仕事に対しての姿勢が真面目であることなど。それに加え、天然であることも分かって来る。 人に好かれそうな彼が、どうして人員整理の対象になってしまったのか、について考えてみた。きっと、彼なら不満や文句を言わないと考えたのではないだろうかと、予測。しかし読み進めているうちに、その答えに疑念が。 この後彼は、不愛想な観光客に自分から話しかけようと試みる。あまりに反応がない為、言わなくて良いことまで口にしてしまう。その中で、主人公がとても正直者であり人に好かれる人物でありながら、人づきあいが巧いわけでないことを知る。つまり世渡り上手というタイプではないということ。 その事から彼が、人員整理対象になってしまったのは、そういう部分が理由なのかも知れないと思いなおす。 観光客について。彼は無愛想だけでなく、周りを警戒しているようにも感じた。主人公とのあるやり取りの中で、口元が緩む部分がある。詳しくは書けないが、ペンギンが好きなのだろうか、それとも……と謎を呼ぶ。 同時に、この人は一体どんな人なのだろうかと、好奇心を刺激する。 【物語の魅力】 心理描写を含めたいろんな描写が丁寧である。流れるように物語が進んでいく印象。現在どこにいて、どんな状況なのかがとても分かりやすい。 外国人観光客があまり話さない為、会話は多くないが、彼の反応により二人の間の空気感も伝わってくる。不愛想な彼は一見なんのアクションもしていないように見えるが、主人公が話をしている時はちゃんと相手を見ている。細かい描写により、見逃してしまいそうな相手の小さな変化に、気づくことが出来る。アクションをしないだけで、相手の話をちゃんと聞いているのだ。 主人公に関しては、とても素直な感情が伝わってくる。分かり辛いように思えるが、確実に二人の心の距離は、空港で初めて会ったときより近づいているのだ。今はまだ(エピソード5あたりでは)、観光客の目的が明かされていない。この物語には、笑いの部分も多い。その理由は、主人公が理不尽に振り回されているからなのか、この組み合わせのせいなのか。 だが、笑いに至った根本的な原因は、バイトを紹介した人物にあると言っても過言ではない。(エピソード5までの印象です) 【物語の見どころ】 まず、主人公がとても魅力的であること。そして周りにいる人物に、それぞれ個性があるところが魅力的。 始まりは暗い雰囲気で始まる。その事については、いづれ詳しく分かる時が来ると思う。主人公が面倒を見ることになった観光客は、どうやら訳ありだ。何らかの目的を持ち、それを遂行するためなのだが、主人公は”そんな話は聞いていない”という事態に巻き込まれていく。先が読めないからこその魅力や好奇心を誘うのだ。 そしてあらすじにある通り、”平凡な元サラリーマンと孤独な異国の暗殺者の絆と成長の物語”である。不愛想でコミュニケーションが取れているかどうか、序盤では分かり辛い二人が、いかにして絆を築いていくのか。 そこが最大の見どころなのではないだろうか? あなたも是非お手に取られてみませんか? 魅力的な彼らの物語。この先一体何か待ち受けているのか⁈ お奨めです。

5.0
0
crazy'[email protected]レビュー&作品紹介師

ディスプレイ越しに魔法をかけて

まるで青春そのもののような作品。

 この物語は、高瀬という極度に人見知りな少年と、本屋でバイトをする心優しい真衣香という少女が、バーチャルアイドルを通して次第に心を通わせていく青春小説です。バーチャルアイドルに馴染みのない私でもすらすらと入ってきて、夢中になって読み進めてしまいました。  高瀬の持つ二面性や、真衣香と高瀬が段々と距離を縮めていく過程はもちろんのこと、それぞれの登場人物の背景や関わりまで細やかに描写されており、青春小説として非常に完成度が高い作品です。また、主軸となる二人の交流のほか、真衣香とその親友の里穂のバイト先での奮闘、オズワルドの配信やライブの空気感など、読んでいて飽きないシーンが盛りだくさんで、ただ甘いだけの恋愛小説ではなく、高校生のリアルとしての物語だと思いました。  私が個人的に心に残ったのは、高瀬に想いを寄せており過激なアプローチをする岡野さんの闇に触れた部分です。狂人にも見える彼女のその内なる感情は、この作品にほろ苦いエッセンスとして加わり、より深みのある物語へと昇華されています。また、彼女に敵意を見せることなく、その闇に気付いて助けようとする真衣香をより一層好きになるシーンでもありました。  私にとってこの作品は、『思い出したくなる』物語になりました。ぜひ本棚に大切に置いておきたいような、素敵な作品です。

5.0
0
藍沢 紗夜

インフィニティ・フォークロア・オンライン〜『スタミナ極振り』没落令嬢は命を削って錬金無双! VR世界で借金返済してたらいつのまにか『破壊神』と呼ばれてました!?〜

ゲーム好きにはたまらない。魅力的かつ最高の、エンターテインメント!

【物語は】 主人公の決意から始まっていく。 IT企業の令嬢だった主人公は、ある役員の逮捕をきっかけに転落人生へ。しかし、それで燻っているような人物ではなかったということだ。 彼女には野望がある。それを叶えられるかもしれない道を見つけたのだ。その道とは”リアルマネートレード。RMTとも略される換金制度”(引用)。このシステムを利用し、莫大な借金を返済し全てを取りもどそうと考えたのである。しかしながら、そのためには戦略も大切。 彼女は果たして、野望を叶えることは出来るのだろうか? (注意:RMTについて* 擬似的な経済システムが成立するMMORPGやMORPG、レアアイテムをプレイヤー間で取引できるソーシャルゲームなどで行われているが、2017年現在、日本国産のほとんどのオンラインゲームではアカウントの売買・譲渡、RMTは利用規約で禁止されている・ウィキ調べ) *この物語はフィクションであり、安易に真似してはいけない。 【登場人物・物語の魅力】 主人公は綿密に計画を練って行動に移すタイプだと思われる。計算通りに行かないことも当然あるが、自分の状態を冷静に判断し、何でどう稼ぐのか、未来予想図なども思い描き、結果この方法を選んだのだと思われる。 とても論理的な思考の持ち主なので、モノローグ調が合っている。とても読みやすく、分かりやすい物語である。 物語の中では型破りな表現も見受けられるが、それは読み手を楽しませたり、雰囲気を楽しませたり、分かりやすく伝えるという意味合いで、web小説というツールを活かしていると感じた。文字と空間というのは、センスによって自由に表現できる場所であると思う。発想は無限大だ。 主人公がプレイするゲームのシステムについて、細かく設定されている。その為、何となくでも流れを理解てきたなら、今度はどんな新しい項目が出てくるのだろうかとワクワクしてしまう。 主人公はゲームシステムを理解することで閃きを得て、目的に向かい邁進(まいしん・まっしぐらに突き進むこと)していく。知るという事は、道を切り開くことなのだと、改めて考えさせられ、学ぶことも多い。とても夢中になれる物語である。 【世界観・舞台】 主人公が、VRMMO・フルダイブ型オンラインゲームの中で、錬金術士としてアイテムを集めたり、錬金したりしてものを換金してお金を稼ごうというのが大きな目的である。 目的が分かっている為、見どころも分かりやすい。 前述もしたが、論理的なので理由や思考が分かりやすく、世界観についてもすんなり理解することが出来る。設定がしっかりしており、細かいのに、これほどまでに分かりやすく、物語に入っていきやすい作品は珍しいのではないだろうか? RPG系統が好きな人は、恐らく夢中になりそうなシステムが満載。しかし簡単にいくわけではなく、頭を使うというところが魅力的なのだ。ポイントの割り振りによりできることが変わって来るのではないかと思う。 主人公は、アイテムなどを集める目的で体力に全振りしたものの、それが意外な戦い方を産みだすことになる。つまり、自由度も高いゲームが舞台だと言えよう。 こんなゲームがあったなら、実際に遊んでみたいと感じてしまう。それほどまでに、舞台や世界観に魅力が詰まっている。主人公の性格と、ゲームシステム、物語の展開や流れ、表現などが合致した作品であり、最高のエンターテインメントなのではないだろうか? 【物語のみどころ】 掲示板により情報が飛び交ったり、戦い方によりゲームシステムが明かされたりと、お楽しみ要素がたくさん詰まった作品である。 一人称で進んでいく物語は多いとは思うが、だから読みやすいという事ではない。モノローグ調がとても巧いのである。 流れるように、”何故こうなのか?”という事が説明されていく。そのため、その都度納得できるうえに、スルスル読めてしまう。 心情は丁寧であり、考えていることも分かりやすい。感情移入しやすいので、一緒に焦りを感じることもある。 その上で、まだ明かされていないことがたくさんあると思う。 読めばハマる。そんな印象の作品である。もしかしたら主人公には、特殊な恩恵があるのかも知れないが、チートというわけではなく発想がものをいう。スキルを使いこなすことで新たな道が切り開けるといった展開だ。 そのためピンチに陥ることもあるし、無謀なんじゃないかと思うこともある。ハラハラドキドキしたり、神プレイだ!と感心することもある物語だ。 あなたもお手に取られてみませんか? 体力に全振りし、他のプレイヤーにはエンドコンテンツなどと馬鹿にされる職業で道を切り開き、野望を叶えようとする姿には爽快感さえ感じます。 果たして彼女は、どのように破壊神となっていくのだろうか? その目で、是非確かめてみてくださいね!お奨めです。

5.0
0
crazy'[email protected]レビュー&作品紹介師

人と竜とのヒストリア【 Ⅰ 】

魅力的な主人公の抱える想い、そして出会いの先に待ち受けるものとは?

【物語は】 ネコの行動を他視点で追うような感覚で始まる。ネコの後を追っていくと、あるバーテンダーのカッコをした長身の男性に出逢う。二人(一人と一匹)は顔見知りのようで、まるで会話が成立しているかのように、青年がネコに話しかけている。視点の流れがとても自然な為、物語に入りやすい。 その後主人公視点で、話は進んでいくことになる。 【世界観・舞台の魅力】 優しい明かりの灯る街をイメージする始まり方が印象的。主人公はそんな素敵な街でバーテンダーをしており、お客さんとの会話などから人に好かれるタイプの人間なのではないかと感じた。そこに生活する人々の服装などは現代的で、想像しやすい。ここに竜とエルフがどのように関わって来るのか、序盤では想像がつかず意外性を感じた。 ワインや料理について学ぶことが多く、丁寧に描かれている印象が強い。来店客の話は恋愛に関する話。はじめはその話題が出たことを、バーにありがちな話題の展開でリアリティを出そうとしているのだろうかと、勘違いしてしまう。 客である彼女たちの話を聞いているうちに、その話題が物語で重要となるであろう、騎士について語られていることに気づく。 この物語の世界の中で、騎士とはどんな人たちなのか。主人公を取り巻く人々は、一体どんな人たちなのか。言動や話題、見た目など、色んな部分から自然に明かされて行く。とても巧い流れだと感じた。 【登場人物・物語の魅力】 主人公は時折寂しそうに感じる部分がある。その理由について、作中で明かされていく。 この物語では、一気に登場人物が増えるということが無い。じっくりと、各人物の魅力や性格や容姿、考え方が分かり、そこに新たな登場人物が加わるという流れだ。 主人公は容姿が優れており、他人から憧れを抱かれるような人間ではあるが、悩みもあるように感じる。しかしどんな優れた人間にも、それなりに悩みは付き物。しかし主人公は、現在の彼の様子からは想像できないほど、辛い過去を抱えていたのである。 一章では主に、主人公とマスターの視点で進む。二人の視点から主人公がどんな人物か明かされていく。 バーに通う人たちもそれぞれ魅力的に描かれており、温かい気持ちになったり優しい気持ちになったり、主人公の魅力にドキドキしたりもする。 【物語のみどころ】 この物語では、魅力的な主人公の心情やそこで働く姿、バーに通う人々が魅力的に描かれており、彼らの会話から舞台がどんなところなのか分かってくる。 主人公と周りの人々との繋がりや、関りを丁寧に描いた物語だと感じた。しかし、一章はまだ物語の始まりに過ぎないのでないのだろうか。 恐らくエルフと出逢ってからがターニングポイントととなり、本当のはじまりなのではないだろうか?(第6節三話まで読了) この時点では、まだプロローグの意味は分かっていない。もしかしたら明かされているのかも知れないが、はっきりと明確にこれだと言うことは出来ない。なのでこの先、その謎についても明かされていくのではないかと思われる。 あなたもお手に取られてみませんか? 魅力的な主人公やマスターには、まだ明かされていない何かかがあるように感じます。彼らがこの先どうなっていくのか。主人公はエルフと出逢い、どのような運命をたどるのかをその目で是非、確かめてみてくださいね。 お奨めです。

5.0
0
crazy'[email protected]レビュー&作品紹介師

ドーナツ穴から虫食い穴を通って魔人はやってくる~騎士団の内紛、落胤と元盗賊

生半可な話ではない。必死に生き抜き、世界を変えようとする者たちの物語。

【物語は】 ある上位の王室付学術士の老人が、主人公を起こすところから始まっていく。 何かにうなされていたのか、”憎悪のこもった咆哮が荒野に響く”(作中の文を引用)とあることから、よほど悪い夢を見たのだと思われる。ここで老人は、近くの天幕で眠る王女が、今の咆哮によって目覚めてしまわないかを、案じていた。老人は汗の凄い彼に水などを勧めつつ、寝ぼけている彼に現状を説明。彼とやりとりの最中、案じていたことが起こってしまうのであった。 注*群像劇は全員が主人公という場合がある。レビュー上、初めての方にも、分かりやすく(伝わりやすく)するためにユゼフを主人公と記載しています。 【物語の魅力】 主人公(ユゼフ)と王女がどのような人物なのか、会話や話の流れなどによって分かっていく。 三話まで行くと舞台となる大陸のイラストが、添えられている。タイトルだけでは分らなかった”ドーナツ穴”。ドーナツが大陸の形であることが分かると、タイトルの意味が明確になって来る。 この物語には、古代の長さの単位が使われている。世界観を大切にするために、古代の単位が使われているのではないかと想像した。 その後、建国について詳しく説明がなされたり、一話に登場した”壁”について描かれていく。この作品は、しっかりとした土台を築き、自分の中に創造した世界を表現しているところが印象的だ。 この物語の中で”壁”がとても重要なものであり、オリジナル要素であることが分かる。ここに詳しく書くことは出来ないが、意外性の詰まったものであることは間違いない。この壁が果たして物語にどのように影響を及ぼしていくのか、とても興味深い。 【登場人物の魅力】 この物語は群像劇である。群像劇には二種のタイプがある。 この作品は各視点(登場人物)により、色んな角度から物語について描かれ、謎部分も明かされていくスタイルなのではないだろうか。 その中で、各登場人物にどんな役割分担があるのか。 これが直接、登場人物の魅力に繋がっていると感じた。特にそれを強く感じたのは、この国について良く知っている人物の視点で、世界観が描かれていくところ。必然性で物語が作られているのだと感じた部分でもある。 この作品は、生易しい物語ではない。かなり壮絶であると感じた。 主人公が王女を守る理由。彼女を守るために犠牲にしていくもの。王家に仕えるものが賭けるもの。 それぞれに使命があり、仮に虐げられていたとしても、それが全うすべき自分の人生であり運命である。 ある者は性を失い、ある者は辱めに耐え、ある者は命をかける。 生半可ではなく、それぞれが人生を賭けたヒューマンドラマだと感じた。 【物語の見どころ】 まず舞台や世界観に対する拘りが凄い。単位、王家のシステム。この中には古代の単位、宦官などが含まれる。宦官とは、男性の仕える相手が女性の場合、去勢をするという事。 オリジナル要素の”壁”についても細かく設定がなされており、分かりやすく説明されている。それがどのように物語に影響を及ぼしていくのかも、見どころの一つ。 主人公にとって守るべき王女が、人として尊敬に値しない。そこから産まれていく心理も、見どころだ。主人公はこの王女に忠義があって守ろうとしているわけではない。 彼はとても正直者であり、自分を曲げられない部分がある。それは周りから見れば、世渡りが下手に見えるだろう。しかし彼には、曲げられないからこそなし得ることがある。 そしてあらすじにも書かれている、”世界を変えたい! 若者達の強い想いが国を変えていく。虐げられていた亜人種が国を取り戻すために立ち上がる物語。”(あらすじより引用)ここが最大の見どころだ。 是非、あなたもお手に取られてみませんか? 過酷で壮絶な舞台、そこで必死に道を切り開こうとする彼らの物語を。 おススメです。

5.0
0
crazy'[email protected]レビュー&作品紹介師

通知

こちらはユーザー用の機能です。

to_top