ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

PickUp!レビュー

「作品URLへのジャンプ」が発生したレビューが最新表示されています。

つまり、ここにあるのは実際に読者を生み出したレビューたちです。

【改訂版】乙女の海上護衛戦記

調べ上げられ丁寧に描かれたIFの世界。彼女たちの行く先は───?

【物語は】 ある一隻の『帝国』海軍所属の潜水艦が、撃沈されるまでの経緯から始まっていく。前日譚では、王国海軍側の視点で物語は進んでいくようだ。バスで首都に降り立った二人。どうやら彼らに出頭命令があったらしく、その理由について憶測している。何故ならば、”いち士官の人事手続きに際して、首都まで来るように命じるのは珍しい”ことだったから。ここで、首都の様子について語られている。会話の内容などから、戦時中であることが伺える。 (””内は引用である) 【補足:個人的に分からなくて調べた用語】 哨戒(しょうかい) 敵襲に対して見張りをして警戒すること。 緒戦(しょせん) 戦争が始まったばかりのころの戦闘。 【舞台・物語の魅力】 本編に入り物語を追っていくと、主人公が首都に呼ばれた本当の理由が明かされていく。タグを見ると架空戦記とある。ことから架空の物語なのだと推測できるが、リアルさを感じる為、現実なのか架空なのか判断しづらい。それほどまでに詳しく調べ、作品にその事が活かされていると感じた。 参考資料については、あらすじの部分に記載されている。 女性採用までの経緯について。 二人の会話から、色んな背景が見えてくる。話しの流れなどが巧く、とても論理的で理解しやすい。この物語は疑問を残さないように、丁寧に描かれていると感じた。 【彼女たちの覚悟】 指揮官の覚悟。戦争というのは人と人の殺し合いである。女性であっても戦場に出れば、負傷する可能性もあるし死に至るケースもある。無傷である保証は何処にもないのだ。そして、この戦艦に乗っている指揮官は女性。共にここまで歩んできた部下たちが、これから危険な目に合うかも知れない。そう考えた時、きっと迷いが招じるに違いない。 だが戦場では、そんな甘えた考え方は許されないのである。 そして志願した以上、そうなることも考慮しているはずなのだ。 戦争は多くの犠牲を払うものであり、得るものはないように感じた。 【この物語は何故、女性の運用する駆逐艦にスポットをあてているのか?】 この物語は、単なる戦時中の一コマではない。 何故女性の運用する駆逐艦が舞台であり、そこにスポットを当てたのか? ここが一番重要だと思われる。 女性が戦争に駆り出される理由については、誰しもなんとなく想像がつくのではないだろうか? そう、人手不足である。しかしこの物語で描かれているように、”以前から女性が戦争に駆り出されることは珍しくはなかった”とある。 つまり駆り出されるそのものではなく、”特殊な条件で集められた者”(引用)というところが重要なのではないだろうか? 【特殊な条件とは】 (ソナーに感あり   同日 一二二四時)まで読了。 この物語で一番気になったのは、特殊な条件が何を指しているのか? と、言うことである。 **この点について作者様から補足の解説をいただきました。 ”以前から女性が戦争に駆り出されることは珍しくはなかった” ★引用許可をいただいております。 ────文面引用 作中における女性の軍務はあくまで後方勤務にかぎられております。これは史実の二次大戦における、(ソ連を除いた)連合国側での様子を参考にした描写です。女性たちに軍が与える仕事は、補給関係や技術職といったあくまで補助的な業務でした。前線へおもむき、銃を手に取って戦うことは原則として認められておりません。だからこそ第101戦隊を編制するさいに、『特殊な条件を付与』して将兵を募ったと作中で言及しているわけです。(また史実をみてみると……すくなくとも20世紀前後の価値観では、こういった形でも女性が軍にくわわる事は異例とみられた節があります。たとえば作中でわずかに触れた、軍に勤務する女性にたいする偏見じみたゴシップ記事は資料でみたものを参考にしました) ────上記の補足をいただく以前の自分の解釈 指定の職業を集めたのではないかと推測した。 しかしここ(ソナーに感あり   同日 一二二四時)まで拝読して感じたのは、女性であることそのものが特殊な条件なのではないかということ。 いただいた解説により、女性が全戦に出ること自体が”異例”であったことを知りました。これが特殊なこととと感じなかったのは、自分が歴史をよく知らないことに加え、女性が戦うことを当たり前に感じていたからではないかと。ゲームや映画などのイメージから、その考えに至らなかったのだと思われる。 つまりこの物語では、もし女性のみで運用される駆逐艦があったなら。というIFの世界を描いているのだと感じた。 作中には女性であるが故の難点と、良い点が描かれている。ある一点においては、一概にこうとは言えない部分もあるが、女性ならではの気遣いや人間関係が、描かれているのではないだろうか? と感じた。 【物語の見どころ】 臨場感があり、ハラハラドキドキする物語である。全体的に丁寧に描かれているところは見どころの一つ。 そしてこの作品からは、いろんなことを考えさせられた。 人は意志の疎通ができるにも関わらず、思想や宗教の違いにより簡単に殺し合う生き物である。戦争は自分たちに害が及ぶ恐怖から、逃れるために始まるものではないのだろうか? と感じた。共存し合う道もあるにもかかわらず、人間は不安や恐怖からは逃れられないのだ。 そうやって男手の減った国で、彼女たちは何を想い志願兵となったのだろうか? 自分を守るため、家族を守るため、国を守るため。あるいは、愛する人を奪われた復讐かも知れない。しかし一度兵となってなったなら甘ったれたことを言いうことはできないし、生半可な気持ちで務まるものでもない。 彼女たちは、男性には劣るものの一人一人が誇りを持ち、任務にあたっている印象である。確かに、男性のみの艦とは雰囲気が違うように思う。 (乗ったことはないので、はっきりとは言えないが) 果たして彼女たちは、どのようにして道を切り開いていくのだろうか? あなたもお手に取られてみませんか? 女性だからこその戦い方が一番の見どころだと感じました。 彼女たちの行く先を、その目で是非確かめてみてくださいね。 お奨めです。

5.0
0
crazy'[email protected]レビュー&作品紹介師

図書館ドラゴンは火を吹かない

語り部の声が聞こえてきそうな、幻想文学風ファンタジー

深い悲しみに彩られたプロローグで語られるのは、孤独な火竜の物語。親友である司書王を遥か昔に喪った後も、彼の遺志を継いで図書館を守り続けています。 彼女の見る夢では、司書王はまだあどけない少年で、竜も少女の姿で一緒に旅をしています。切ない程に幸せな過去の夢。それがこの物語の大きな柱なのです。 後の司書王、ユカは、素直で明るくて人見知りしない少年です。天才的な物語師で、彼が物語を語れば、それが現実に影響を及ぼす、ある意味最強の魔法使いでもあります。 この世界のこの時代、魔法使いは、得体の知れない力を使うとして、邪悪な者とされていました。ユカは捨て子だったのですが、彼を育てたのは、そうやって迫害された魔法使いでした。ユカは母の為に、魔法使いへの偏見を無くそうと旅に出ます。物語の力で、真実を広めていこうと思ったのです。 旅の途中でユカが出会ったのが、親友となる火竜、リエッキ。普段は魔法の力で少女の姿をしています。照れ屋で素直じゃないけど、結構感情が分かり易い、勇ましくて可愛い女の子です。実に良いツンデレ。 魔法使いを迫害する筆頭にあるのが、知識と経験で人々を導く呪使いでしたが、彼らは既存の権力に結び付き、権威主義に染まっていました。 そんな呪使いの状況に憤りながら、呪使いの誇りを持ってユカを追うのが、最強のライバル「左利き」です。他人にも厳しいけど自分にも厳しい、ストイックでクールで、冷静な頭脳派。なのに、ユカとの対決では熱くなるの、最高じゃないですか。最高です。 「左利き」を補佐する「相棒」は、粗野で豪快で単純で明朗。素直で真っ直ぐな性格で、他人を冷笑しがちな左利きが、じわじわ絆されてしまうのも良いです。とても良い。 魅力的な登場人物達が、賑やかに動き回る、楽しくて幸せな物語。でも、これは遠い過去のもの。 しかし、孤独な火竜の元に思いもかけない出会いが舞い込みます。それは、少しずつ、リエッキの悲しみを癒していき……。物語は喪失から再生へと向かっていくのです。 驚く程に美しい文章で綴られる、伝説の竜が守る宝玉の様なファンタジー。 ――説話を司る神の忘れられた御名において。 ――偶数と奇数にかけて、天穹の星の無限にかけて。

5.0
0
akinokonika

その音色は夏の夜風に乗って

二人を結びつけたのは、あるひとつの音色だった。

 主人公、長田悠一は、父親が営んでいるラーメン屋台の手伝いをさせられていた。  不平を並べたてながらも仕事をこなしていく彼の心の支えとなっていたのが、夜の十時になると聴こえてくるバイオリンの音色。鼠の断末魔のように酷い演奏だったそれは日を追うごとに上達していき、けれど、必ず同じ箇所で躓くのだった──。  主人公と、「バイオリンの君」こと同級生、城山真妃との交流を描いた物語。  クラスで特段仲が良かったわけでもなかった二人の関係が、ある夜の出会いから劇的に変化していく様が丁寧に描かれています。 「そんな演奏で大丈夫なのか?」と、コンテストに挑む真妃に軽率な言葉をかけてしまう主人公。しかし、彼の後悔を他所に、彼女はしっかり結果を出すのです。  彼女の演奏が変わった理由は、意外にも彼が行ったとある「軽率な行動」が引き金となっていて?    意図せず、互いが互いを助けていたという人と人の繋がりや運命やらを感じずにはいられない爽やかな結末に、じわっと胸の奥が熱くなりました。主人公の心情を表現した「夢」のシーンも、よいアクセントになっていると感じます。  熱く燃え上がり、そしていままさに次のステージに向かおうとする彼らの物語を、是非見届けてください。  場面構成にいっさいの無駄がなく、しっとりとした展開が持ち味の短編です。

5.0
1
木立花音(こだちかのん)