レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

詳細検索

検索結果:3717件

レビューのみ表示

さようなら母さん、と灯台守は言った。

3本の鍵が示す真実と少年の選択。いつまでも余韻が消えない物語。

生まれたときから灯台で暮らし、外に出たことがないという少年の話。 十四歳になった日の朝、少年のもとに金、銀、銅の3本の鍵が届けられる。 それぞれの扉の向こうには何が待っているのか。 とても謎めいていて、それでいてひとつひとつのシーンが印象的な作品。 下の見えない灯台。3本の鍵。 白衣姿の青年。黄泉の川と同じ成分で作られた薬。 海と灯台と血のように赤いスカーフ。贖罪を続ける少女。 それぞれのモチーフの配置はミステリアスでありながら、示唆的であるようにも感じる。 それらを丁寧に読み解いていくのが楽しい。 個人的な解釈を述べるのであれば、灯台は主人公の少年の「人生」あるいは「命」の象徴であるように感じる。 そして鍵を渡されたということは、真実を知る権利を与えられたことを意味するのではないだろうか。 物語の世界観についても注目したい。 作中では、黄泉の川と同じ成分で作られたという薬が登場するが、いったいそのようなものをどこから手に入れたのかと不思議に思った。 だが物語を読み進めていくと、どうやらこの灯台は常世なのではないかという気がしてくる。 少女がセーラー服に身を包んでいる理由にも想像が膨らむ。 個人的には、出産の年齢に関係しているのではないかと考察している。 主人公の少年が「子をなせる」ようになったタイミングで鍵が与えられたのも、無関係ではないのかもしれない。 興味深いのは、物語の最初と最後に同じシーンが描かれている点。 最初は仄暗い不安を感じるのに、最後は不思議と解放感がある。 それは「どこにも行けなかった」少年が自分で「選択」をしたからなのかもしれない。 いつまでも聞こえてこない鍵の落ちる音を静かに待ち続ける。 そんな余韻を感じさせる読後だった。

5.0
0
ハルカ⭐積読消化期間

花散らし、乙女 ー The girls are out of bloom on the planet ー

何かと引き換えに集められた少女たち。果たして彼女たちの敵の正体とは?

【物語は】  ある亜空間を一人の少女が誰かを探して走っている場面から展開されていく。  彼女が誰で何処にいて誰を探しているのか、この時点では明確にはされていない。これは始まりなのか、それとも分岐点なのか?    本編に入ると、桔梗という人物の視点から始まっていく。  この先に待ち受けるものとは?   【世界観について】  これの舞台の環境は実際に訪れるかも知れない未来だなと感じた。  そこに空想の社会が築かれている印象。  あらすじに書かれているので少し触れても大丈夫だと思われるが、舞台は世界戦争後の日本。戦争によって齎されたのは繫栄や豊かさではなく、環境汚染だった。  そこで人々はコロニーと言われるところで暮らしている。  戦争により、多くのものが失われた世界なのだと思う。  あるコロニーを除いては、そのコロニーごとに問題を抱えているようだ。  そしてこの物語は、そんな中で唯一飢えや病に苦しむことのない特別な『コロニーJ』を中心に展開されていくようだ。 【登場人物について】  途中までは、登場人物の名前が明かされないまま進んでいく。  それぞれに個性があり、彼女たちがこの先どんな関係になっていくのか、いろいろと想像も膨らむ展開の仕方である。  その後物語の中では、それぞれの出身やコロニーについて明かされ、何故彼女たちがこの場所に集められたのか分かってくる。  そして、それぞれがどんな能力を持っているのかも明かされ、物語は面白さを増す。だがもしかしたら、この場面で明かされるのは能力の一部かも知れない。  あくまでも個人の印象ではあるが、大切なのは彼女たちが初対面の人々とどんな風に動くかということにあるのだと思う。 【物語の魅力】  登場人物に学生らしさを感じる物語だと思う。  大人になると他人と仲良くなるのに、それなりに時間を要するものだと思う。もちろん性格にもよるだろうが。  それに比べ、学生というのは新しい環境で友人を作ろうとするものだと思う。もちろんそこにも多様性はあるだろうが、社会人よりもずっとハードルは低いと思う。  気が合えばすぐに仲良くなれるだろうし、連帯感に置いても学生の方が築きやすいと思う。社会人に比べ仲間意識を持ちやすい環境にあるのが、学生だと感じる。  そういう意味でも、学生らしさが出ている作品だと思う。  そしてそれぞれの個性、性格だったり能力だったりが際立っているように感じた。  彼女がこれから何をすべきなのか。事件はどんなものなのか。  それらが徐々に明らかになるのも面白い部分だと思う。  全体的に明るい雰囲気で進んでいく物語であり、登場人物たちに一番魅力を感じた。 【物語の見どころ】  途中までは、この世界がどんなところであるのか?   それぞれの性格や今までどんなところで暮らしていたのか、彼女たちの具体的な能力についてが明かされる。  そして彼女たちを集めた人が何者なのか、なにを目的としているのかなども分かってくる。  この物語は、実際に学園に乗りこんでからが見どころだと思う。  世界観の設定が細かく、徐々にそれぞれの事情などが詳しく明かされていく。  それでもかなり謎の多い部分があり、伏線と感じるところもある。  その為、好奇心が刺激される物語であるとも思う。    各視点から物語は進んでいくが、どんな終着点に辿り着くのか今の段階では分からない。  彼女たちにはだかる敵の正体とは一体?  果たして失踪事件の真相とは?  あなたもお手に取られてみませんか?  この事件の真相をぜひその目で確かめてみてくださいね。 【備考】  2.SIDE 夏芽(ナツメ)第1話 ナツメとヒヤシンスまで拝読

5.0
0
crazy'[email protected]レビュー&作品紹介師

遠き神代の光

請われれば厭わない。あなたは請われただけ…神の教えに従って、与えただけ

孤児院の前にひとり佇んでいた美貌の少年テル。人の心までも見通す『神眼』を持っていた彼はある宗教団体に保護されることに。総主教に気に入られて育てられ、右腕としても彼女を支え続ける。しかしその立場と美しさに周囲からは愛憎の目を向けられ、仮初めの笑顔を浮かべながら他人には興味を持てず自身の心を閉ざしていく。 『蒼き月夜に来たる』のスピンオフ作品です。登場人物の一人テル・ルーメン主教の生い立ちの物語。スピンオフとはいえこのお話で独立しているので、先に読んでも問題ないと思います。 謎に満ちているルーメン主教が過酷な人生を送ってきたことは本編ではあまり語られていませんが、先に知っていれば様々な読み方ができて面白いはず。私は先に本編を読んだので、スピンオフを知った上で本編をもう一度読み返さなきゃ!という衝動に駆られています。 初めてできた友人?フォルティスがまっすぐに向ける親愛や、気付かれない程の、だけど父親のような深い愛情をもって見守るフェエル。ルーメンを心から愛し支え続けてくれた人たちと関わり、少しずつ救われていくことが嬉しくなります。 そして様々な愛憎が絡み起きてしまった壮絶な事件。このあたりは本当に号泣しました。何回読んでも泣けてきます。どうしたらいいの神様たすけて…… ここまで気持ちが揺すぶられた作品を読んだのは久しぶりでした。二次創作に興味を持ったことはありませんが、「こういう気持ちがきっかけで創りたくなるのかも」と初めて思ったかもしれない。 たくさんの方に読んでほしい作品です。ぜひ!!

5.0
0
tomo

最近の「いいね!」

稀人オークと三十路の乙女

感情を持つ誰かと向き合うということ

本作は現代社会に、異世界ファンタジーの住人が稀人としてやってくる物語です。そんな彼らを邪険にしたり特別扱いすることなく、感情を持つ一人として主人公が相対していく物語は、種族等に全く関係のない、人として大切な"情"というものを感じます。 彼らが紡ぐエピソードも、心温まるものから、それぞれが抱える過去と向き合うものまで等、多岐にわたります。個人的には、現時点での最新話で主人公の過去の象徴である登場人物との決着がどうなるのか、が気になりますね。 今後彼らがどうなっていくのか。稀人がどうしてやってくるのか。続きが非常に楽しみとなっております。 他の皆さまも是非読んでみてください。

箱庭物語

色々な賞の選考にも残った、本と旅する物語。

『異本』と呼ばれる特別な本を集める物語。 現代世界が舞台ながら、その空気感はまるでファンタジーの様です。 こちらの作品は第6回カクヨムWeb小説コンテストの中間選考を通っていたり、 ノベリズム大賞では選考を通った上に主催側から言及を頂いているほど優れた作品です。 内容も実に美しく、キャラクター同士の掛け合いから始まるのが印象的でした。 話が進むにつれ世界観や目的が分かっていくという構成が実に素晴らしく、それだけで世界観にどっぷりと浸れます。 また本に関する知識も豊富で初版に関する出来事が話のキーになっていたり、フィクションながらベルリン崩壊といった実際の国の歴史や文化も作中に登場するなど、現実世界の出来事にも造形が深く描きたいものがしっかりと伝わる内容です。 シンプルかつ洗練されたタイトル、そして本を開けば仕掛け絵本のように溢れる魅力の数々。 是非貴方も一読してみては如何でしょうか。 私も陰ながら応援しております。

私は壁になりたい

真面目に読むと実は結構詰んでる(※真面目に読むものではない)

 進路希望調査票に「壁」と書いてきた女子生徒との、一対一の進路相談に挑む女教師のお話。  テンポよく切れ味のあるコメディです。場面固定かつ一対一の掛け合いという形式で、特に語り口の起伏や言い回しの妙で引っ張っていく内容となっており、つまりはショートコントのような軽妙な掛け合いの妙味を、小説という形式の上に再現しているところが魅力的です。  普通にコメディとして楽しく読んでいたのですが、でもこれ真面目に読むと実はものすごい勢いで詰んでいるのでは、というところもなんだか愉快でした。真摯に生徒のことを思ういい教師ではあるのだけれど、でも生徒自身の自主性を尊重しすぎた結果明らかに悲劇を助長している先生。そして想像以上にどうしようもなかった『壁』の正体。一切の遠慮なく一方的に垂れ流される欲望のおぞましさに、自身に向けられた暴力性すら跳ね除けようとしない先生の健気さ(あるいはヘタレっぷり)。読み終える頃にはなんだかDVによる共依存にも似た関係性が成立しつつあるようにすら読めて、いやもしかしてこの人らある意味相性ぴったりなのではと、そうごまかしてはみたものの結構身につまされる部分もありました。人の振り見てなんとやら。  単純に個々の掛け合いそのものも面白いのですけど、でもこうして見ると「いやいや結構な惨事ですけど?」と、そんな状況をでもサラリと飲み込んでしまえる彼女らのタフさにも笑えてしまう、つまりはしっかりキャラクターの魅力をも見せてくれる素敵な作品でした。

通知

こちらはユーザー用の機能です。

to_top