レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

顔は口ほどに物を言う

作品詳細
※「5分で読書」短編小説コンテスト中間選考突破作品です。 監視カメラの映像から、その人物が今後犯罪を犯すかどうかをAIで予測する。この技術はすでにある程度実現されています。 ならばこれを一歩進めて、犯罪を犯す前にその人物を勾留する「社会的勾留」。これが現実に行われたちょっとだけ未来にやってくる現実のお話。

世界のどこかで、今すでに行われてるんじゃ?と思わせるリアリティ。

3.5
0

人工知能による犯罪の未然防止。

それ自体は映画「マイノリティリポート」などでも登場した定番テーマなのですが、この物語ではそれが意外な方向に展開するのが面白かったです。


ビッグブラザー的な監視社会を予感させる近未来像も、退廃的でありつつも現実感がありました。

嶌田あきさん

登録日:2021/7/17 23:36

更新日:2021/7/23 17:15

問題を報告する

こちらは嶌田あきさん が読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

コメント

※コメント機能はユーザーのみ利用できます。

嶌田あきさんの他のレビュー
カクヨム恋愛2万文字以下

初恋心中

作/飴月

死にたくなくなったって、とっくにバレてるよ!

自殺願望のある少女があるとき 「ねぇ先輩。私と心中しませんか?」なんて持ちかける。 生きる理由を持っていなさそうな先輩と 死ぬ理由をたくさん抱えた後輩。 頭に残る異様な(褒め言葉!)台詞で始まった物語は、2人それぞれの視点で語られ、緊張感のある展開に目が離せなくなりました。 「先輩。私のこと、もう好きになりましたか?」 「先輩。私のこと、もう好きになりましたか?」 「先輩。私のこと、もう好きになりましたか?」 って何度も何度も尋ねてる様を想像して、切なくなりました。 2人の未来に幸あれ!

5.0
嶌田あき
カクヨム恋愛非公開の可能性

星が綺麗ですね。

作/彩乃

ああ、とても素敵な2人を見つけてしまった。

500字の星空に輝く、美しくも切ない青春恋愛物語。 「月が綺麗ですね」は「死んでもいいわ」と返すのがお決まりですが、 「星が綺麗ですね」はなんて返したら良いんでしょうね? 余韻の残るラストに、わじわじしましたが、 番外編に救われました☆

5.0
嶌田あき
カクヨム恋愛10万文字以下

小さな恋のうた

作/ちい。

方言×中学生×青春・恋愛

ああ、こういう中学時代送りたかったでしょ、と思わされました。 好いです。いや、控えめに言って、最高です。 どの話もコンパクトで気軽に読め、別にジレジレ展開も甘々もないのですが、それがいい。自然体の方言(博多弁?)と、等身大の登場人物。飾らないキャラクターにわざとらしくない台詞。 大きな動きはないのですが、どれもこれも、フレッシュでぎこちない中学生の心情をうまく切り取っているように感じます。

5.0
嶌田あき

おすすめレビュー

怪獣弐号

正統派・王道・ド直球の怪獣映画

ある日突然怪獣が出てきて、現代の東京をめちゃくちゃに破壊・蹂躙するお話。 怪獣映画です。怪獣映画としか表現しようがないくらいにはどっぷり怪獣映画しているお話。 とんでもないこだわりぶりというかなんというか、きっちり小説として完成された作品を通じて、その読んだ感覚の向こうに怪獣映画の面白みを再現してしまう。この技巧というか工夫というかは、まず並大抵のものではないと思います。 赤堀亨という主人公。ごく普通の、いわば〝逃げ惑う群衆〟のひとりでしかない存在を視点保持者に据えて、彼の目を通じて書かれる物語。作品自体は完全に小説そのもの、当然小説として楽しく読んでいるのに、でも同時に怪獣映画に感じる興奮をも伝えてくれる。 この恐るべき娯楽性の分解能、そしてその後の再構築の精度に、ただひたすら感嘆させられました。 冒頭の文章が最高に好きです。「怪獣が当たり前に存在していること」が前提の世界観、それを一切の説明なくわからせてしまう手際。他、内容に関わる部分としては、〝子供〟の使われ方が非常に印象的でした。演出が巧みというか、物事の見せ方や切り取りかたが非常に手慣れていると感じる作品でした。

めぐりの星の迷い子たち

巡り迷って、人の縁は絆を紡ぎ、環を成す。未来に織り成す魂の群像劇。

たくさんの人が関わり続けることで、どんなに行き詰まった環境であろうとも、新たな道が見えてくるということを、この作品は教えてくれます。 様々な登場人物の行動は、見当違いだったり空回りしたりすることもありますが、途中で触れ合った人々に何らかの影響を与えずにはいられません。そしてどんなにか遠回りしながら、やがて自らに還ってくる。 全ては巡り巡って繋がっているのだという、そんな訴えが伝わってくるようです。 文章も丁寧で読みやすい上に、そこに描かれるイメージがふわっと頭のなかに浮かび上がって、あっという間に読み進めることが出来ました。 こんな素敵なお話に出会わせてくれた作者に感謝すると共に、是非いろんな方に読んでもらいたい。そう思える作品です。

ヴィシュタイン・コピーライト

二つの曲が交差するとき、物語は鮮烈に動き出す

 時は20世紀初頭。  イングレス連合王国の首都ロンドンにあるピアノバーで専属ピアニストをしていた十七歳の少女、アンジェラは、ある日ピアノバーにやってきたイケメン調律師アドニスと出会う。  彼のレッスンを受けて超絶技巧のピアノ演奏曲『右手のためのピアノ独奏曲』をマスターし、ロンドンピアノコンペティションで優勝しなければならなくなったアンジェラだったが──?  この作品の魅力は、冒頭から登場してくる馬車や蒸気自動車など、時代背景を色濃く伝えてくる描写の巧みさ。  アンジェラなど魅力的なヒロインが見せる細やかな仕草。  アンジェラがアドニスからピアノのレッスンを受けるさいに描かれる、ピアノに対する作者の知識量。  等々といったところでしょうが、一番の魅力は、理詰めされた物語の設定、構成と、巧みに張り巡らされた伏線でしょうか。  ここで、私が特に大好きなエピソードをふたつ紹介します。 ※1─4 ピアノステージ  アドニスとアンジェラがピアノ連弾で対決するシーンなのですが、とにかく疾走感と躍動感が凄い! 私が自作の中で戦闘シーンの参考にさせて頂いた回です。  ピアノなのに戦闘シーンの参考になるの? と疑問に思うかもしれませんが、百聞は一見に如かず。まあ、見てみなさいって。 ※5─3 期待以上の演奏を  アンジェラが得意としている『鎮魂歌』  マスターしなければならない『右手のためのピアノ独奏曲』に隠された秘密。  そしてタイトルに隠されているヒント。  何故、ヴィシュタインなのか?  何故、コピーライトなのか?  所々に配置されたこれらの情報がひとつに繋がったとき、鳥肌もののタイトル回収劇がやってきます。それがこの「期待以上の演奏を」の回なのです。ここから先はもうノンストップ。ページを捲る手が止まらなくなるでしょう。  さあ、今こそあなたも、音楽×冒険×スチームパンクの世界へ!

銀河連合日本

日本と異星人国家の悠久の物語

201X年、異星人の巨大な宇宙船が日本に飛来する。 その異星人との意思疎通に初めて成功したビジネスマン・柏木真人は、ファーストコンタクターとして政府の特務交渉官に抜擢される。 その異星人の星間国家『ティエルクマスカ銀河共和連合』の目的は、日本との交流であった。 国民レベルでの交流が進む中、彼らが日本にだけ交流を求め、極めて友好的である理由も判明していく。 遙か昔の日本と、一人の異星人女性の悠久の物語。ぜひ読んでください!

ラスト・ミール

この問いかけに答えるのは、読者であるあなただ。

昔に食べた味を完全に再現する仕事を任され、天野はAIを駆使しながらお客様に料理を提供する。法外な報酬と、思い詰めたようなお客様の様子、謎だらけの仕事の真相は、あまりにも恐ろしかった。 何十年もの先の日本で起こっているリアルな世界、こんなの有り得ない、なんて否定することはできません。山崎の言葉は、立ち向かうべき課題から目を背け、未来の世代に山積みにさせようとしている私達への警告ではないでしょうか。

本棚

作品へ

ログイン

新規登録

通知

こちらはユーザー用の機能です。

一覧
to_top