ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

うららさんのレビュー

ガチャを回しても回してもスライムが出てくる。

5.0
4

完全ランダムのはずの召喚魔法で最低ランクのスライムしか召喚できない主人公が召喚の魅力にハマり、お高い召喚をするためにあらゆる知略を凝らして召喚に必要な触媒を集めようとする。その「ガチャでSSRを引きたい」という欲望はやがて世界の全てを巻き込むまでに肥大化していく。


話の規模がどこまでも広がっていくのに、その一方で最初から最後まで一貫して「ソシャゲでSSRが引けない」という身近すぎる悲喜こもごもを描いているのが最高に面白かった。短くまとまっているので気軽に読み返せるのも良い。

登録日:2021/7/10 01:07

更新日:2021/7/23 17:15

問題を報告する

こちらはうららさんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

小説家になろうファンタジー連載:669話

【書籍化】アルマーク ~北の剣、南の杖~

一歩ずつ踏みしめるように

北の地では戦乱が絶えず、多くの傭兵団が活動していた。 その一つ「黒狼騎兵団」の副官の子として生まれたアルマークが主人公。 彼は、たまたま北の地を訪れていた魔法学院の長に才能を認められ、南の地へと向かいます。 彼自身は家族や仲間と共に戦っていたかったようですが、父親には別の考えや願いがあって、最終的にはアルマークが折れた形。 南の地はあまりにも平和で、それまで彼が見てきた世界とは全く違う。 おまけに戦乱の煽りを受けて入学が2年遅れたこともあって、最初は手探り状態で失敗もします。 それでも良い縁に恵まれてアルマークは進歩していくし、彼の影響を受けたクラスメイト達も変化していき、相互に成長していってるのがとても良いですね。集大成とも言える、魔術祭の劇は是非見て欲しい。

カクヨムファンタジー連載:8話完結

鎧と女将

宿屋の女将は、素敵な鎧に恋をする。読者は、女将と幼子に恋をする。

 映画のようだという感想を、久々にこの作品で持ちました。  ほのぼのとした導入から、クライマックスの盛り上がりまで、読み始めると止まらない見事な構成と確かな文章力、人物相関の妙。読後はまさに、映画を見終わった後の感覚。スタッフロールまで噛み締めてしまうやつです。  この作品の一番の魅力は登場人物たち。宿屋の女将メロディは16歳の少女だけど、明るい性格と元気の良さを持ち、思いやりの心と懐の深さ。年頃の女の子らしい感情がありつつも、前向きでエゴではない正義感の持ち主。自分の考えの良くない部分に気付いた時は、それにきちんと向き合って、変わっていこうとする強さも。  6歳の幼女ティアは、とにかく健気でいじらしい。仕草のひとつひとつが、本当に可愛い。  読み進めるうち、この二人の事を大好きになってしまいます。  数々の出来事に彼女達は笑い、喜び、悲しみ、そして苦しむ。その感情のふり幅を、読者も一緒に味わう事になるという。普遍的なエピソードも、そう来るか!という捻りがあり、キャラの魅力を深めます。ほのぼのとしたお話の中に散りばめられる、人間の利己主義な部分、戦争のこと、身分差、貧しさ。社会の問題が、ちくりちくりと心を刺してきて、読後に心に残る要素が多いです。  ファンタジーなのに、熱いロボバトルまで繰り広げられるので、そちらの方面がお好きな方もぜひ、一読をおすすめしたいです。    一章は一気読みするといいかもしれません…!

カクヨムファンタジー連載:292話

DEAD END,STRANGLE

◆雁字搦め。行き止まり。敗者相食む蟻地獄。

奪わんとする。 挫くを覚える。 負けを押し付け金を得る。 ここは場末の闘技場、 食い詰め者の吹き溜まり。 眼を逸らした果て、逃げた末。 望めば堕ちる。 望まれたなら堕とされる。 技を研げど、力で押せども、 勝てば恨まれ、負ければ餌食。 雁字搦めで行き詰まる。 敗者相食む蟻地獄。 『勝ち』なる価値はここにない。 ◆DEAD END,STRANGLE◆ 無駄と無意味の網の目に、 無為と無情が交差する。

カクヨムファンタジー連載:362話完結

ロワールハイネス号の船鐘

海を渡る壮大な海洋ファンタジー

新米艦長のシャインと彼の船に宿る精霊ロワールと、彼らの周りの人々の、確執と因縁から繰り広げられる物語です。 シャインに次々に降りかかる試練や育った環境がなかなかに辛く、ずっと寄り添って読んでいる分どうなるのか終始ドキドキしていました。 登場人物みんな個性的でそれぞれの人物味があり敵も嫌いになれない。 事が事だったこともあり解決したから終わりで終わらなかったシャインの葛藤は本当に彼らしかったです。 読了後は映画のシリーズを見終えたような達成感でした。 一章から面白いのですが、本格的に物語が展開しはじめるのは二章からなので、これから読む方はぜひまず二章まで読んでほしいです。

カクヨムファンタジー連載:18話完結

雪の日の告白

冒頭から最後までずっと転がったままの死体

ゲレンデデートに出かける幼なじみ同士の高校生カップルのお話。 上記の一文に含まれた各ワード(幼なじみ・高校生・カップル・デート等々)から期待されるであろうものがふんだんに詰まった、つまりは甘い恋愛ものです。好き。 なんというか、死ぬほど読みやすいです。細かく区切った章立てに(短編でこの構成はもうそれだけで圧巻!)、すらすら読めるシンプルな描写。ある種のユーザーフレンドリーさというか、とにかく物語をわかりやすく見せることに腐心しているような印象。その辺が物語の方向性とも噛み合って、とにかく楽しんで読めました。 章題が好きです。内容を端的に要約しているだけでなく、目次だけ眺めてもなんだかわくわくしてしまう、そんな絶妙な語感のよさ。全体的に前向きで、幸せな感じが良かったです。

ログイン

新規登録