ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

庚乃アラヤさんのレビュー

復讐から始まる人生がある

5.0
0

ダーカー・ザン・チョコレィト。

チョコレィトより暗く、濃く。

主人公・ショコラの原動力は、ラストまでそこにありました。


父、チョコレィトを破り、命を奪った者への復讐。

そして、自分を置いて他界した父を乗り越えること。


その為に少女は父の歩んだ道をなぞり、殺し屋になりました。

多くの血で手を汚しながら、彼女は仇を探します。

その生き方はまさに、甘さとは程遠い物でした。

苦くて食えない、チョコレィトのようでした。


そんなショコラが、父の仇に打ち勝った時。

チョコレィトを越えた時。

彼女は自分の人生を取り戻します。


ダーカー・ザン・チョコレィト。

それは己を奮い立たせる魔法であり、呪縛でもありました。

この物語は、一人の少女が呪縛から解き放たれる道程を描いたものです。

真の甘さは、苦味の中で映えるもの。

それを確かめに行きませんか。

登録日:2021/7/20 00:25

更新日:2021/7/23 17:15

問題を報告する

こちらは庚乃アラヤさんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

カクヨムファンタジー連載:49話完結

魔法の杖の作り方

少年が『見る』世界の美しさ

この物語はとにかく、主人公である少年ラストの見る世界の形である。 細工師の夢を絶たれた中で見る魔法の隆盛しつつある世界。 魔女と出会い、そこで見た杖。 杖作りの先生となった魔女アイーダとの生活の中で見る森の暮らし。 そしてたまに降りる街の変化。 そんな中で杖を作り完成させ、ラストのできることも増えていく。 その一方で、彼にはもう一つの変化が訪れる。 そしてそれは、先生であるアイーダの隠していた秘密にもつながり……。 牧歌的で、暖かで、そこで少年の見る世界がどう変わっていくのか……。 これはまさに、それを見届ける物語なのである。

カクヨムファンタジー非公開

阿吽の夜叉

全てが必然性で繋がっていると知った時、あなたを更なる驚きが襲う。

【物語は】 ある工夫を凝らした一場面から始まっていく。この場面で語られる夜叉は、酒呑童子しゅてんどうじ。名前だけなら聞いたことがあるという人も多いと思われる。酒呑童子は、丹波国の大江山、または山城国京都と丹波国の国境にある大枝(老の坂)に住んでいたと伝わる鬼の頭領。(ウィキ調べ) その後、プロローグに入りガラリと雰囲気が変わる。 ここは喫茶店だろうか? 食事の出来るある店に、ある男がやって来る。そこでこの土地のことが明かされていくのだが、何やらこの土地には秘密があるようで? 【登場人物たち】 この物語は、プロローグと本編では視点が違う。プロローグはプロローグに過ぎないという事だ。本編に入ると、あらすじに出てくる少女の視点となり、物語は進んでいく。 この主人公はあまり女の子という感じがしない。(イメージでの)とても落ち着いていて、自分をしっかりと思っている印象である。それは、ある美形の双子の転校生たちに、ほぼ反応を示さないという点からも、言えるのではないだろうか。つまりは、容姿できゃあきゃあ言うようなタイプの高校生ではないという事だ。 あまり詳細を書いてしまうとネタバレになってしまうが、この出会いは面白い展開となっていく。 【世界観・舞台・物語の魅力】 舞台は現代であり、妖と鬼もいる世界観。とても面白い世界観だと思う。 作者の手腕に驚かされる。ここもあまり詳しくは言えないが、想像通りに行かない。良い意味で予想を裏切る展開となるのだ。 次々と巻き起こる想定外の出来事に、読み手も驚きの連続である。あらすじにかなり詳しく書かれていると感じるが、巧いことぼかしてあるようにも思えた。 そして全体に構成がとても巧いと感じた。ちゃんと情報が提供されているにも関わらず、それらが繋がらないのだ。もしかしたら深く考える人は、伏線なり、糸を見つけてしまうのかも知れないが。 主人公がある戦いにて、ピンチになるところから少しづつ風向きは変わっていく。そこから明かされていく鬼や妖のこと。彼らの違いなど。そしてその中で、主人公の境遇なども詳しく分かって来るのである。かなり作り込まれた世界観だが、とても分かりやすい。いろんなことが繋がっていくと、必然性で作られた登場人物の構成に驚く。 【物語の見どころ】 繋がっていく過程がとても面白い作品。通常、世界観というのはそんなに面白い部分ではないはずだ。しかしこの物語は少し風変わりな印象を受ける。つまり、舞台や世界観が明かされていく過程に、とても面白味を感じる作品なのである。それは説明文や会話、心情などで分かって来るのだが、ミステリーの種明かしのような面白さがある。 ”え?そうだったの⁈”の連続。そこに至るまでにモチーフやワードはあるのだが、なかなか繋がることはない。なので、見えているものが見えていないという、怪奇現象を起こす。 そんな中、段々と明かされていく真実。主人公は望まずして巻き込まれていくことになる。今後の展開がとても気になる物語だ。 あなたもお手に取られてみませんか? 主人公は果たして、この後どんな生き方を選ぶのか?物語は何処へ向かうのか?その目で、ぜひ確かめてみてくださいね。おススメです。

カクヨムファンタジー連載:122話

物語終了課

この作品に出合えたこと、それだけでweb小説界に居る意味はあると思っている。

「物語終了課」という部署に所属している公務員、本間。 彼の世界では、エタった物語は「暴走して人を飲み込む」。 そのため彼は今日もエタった小説を終了させるために奔走する。 そのストーリーに織り込まれるは、一癖も二癖もある個性的なキャラクターたち。 彼ら彼女らが「物語」をめぐって、コミカルに時にシリアスに関わり合い、物語世界を縦横無尽に駆け巡る。 設定の面白さにしっかりと支えられたストーリーは読み出すと止まらない面白さ。 「ああ、こういう物語あるある」と頷きながら読めば、あっと今に読了してしまい最新話の更新が待ち遠しくて仕方なくなる。 私にとって、web小説の可能性を教えてくれた大事な大切な作品です。 ……と、ここまで書いておいて何ですが、この作品の面白さはレビューじゃ伝えきれません。 「読めば分かるさ!」 もうその一言に尽きるかと。

カクヨムファンタジー連載:56話完結

北阿古霜帝國民族誌《エッタ・イグニブラ・ユト・ザデュイラル・ゼネプブイサリィ》

人食鬼たちの国で、贄として親友が食べられる彼が想うこと

この物語の舞台は、同族から贄を選び食べる生態を持つ食人鬼たちの国。 それを通して描かれるのは、人が人を喰らう社会への一つの視線である。 その社会を訪れた、主人公の文化人類学者の卵・イオが見るのは、 そうしないと生きられない種族の社会、文化、そして価値観だった。 人を、同族を喰らわねば生きていけない。 彼らはそれにどう折り合いをつけているのか。 そんな世界で、親友が贄に選ばれた少年『カズスムク』の葛藤を知り、 イオはその異文化を見て、想い、そこから自分たちのことを振り返る。 深く練り上げられた設定と描写から、そんな『異なった文化』の世界を垣間見るという フィクションの醍醐味そのものをこの作品では存分に味わえるのだ。 それは苦くもあり、美味でもある。

カクヨムファンタジー連載:48話完結

Rising!-雷神×死神/喪女×魔王-

■情と理、殺陣に乗せ、さても躍動、人のため!

死神とても神は神。 世の理を守る側。 怪力乱神拒めども、 非正規などと世知辛い。 警官とても人は人。 法と治安を守る側。 人情純情流されたくも、 組織建前世知辛い。 味方とするは埒の外。 片や雷神、その子供。 あるいは魔王、手下なし。 型を外れた相棒は、 なぜか愛嬌満ち満ちて。 されど世間は理不尽で、 涙を流す時もあり。 人の証を噛み締めて、 せめても救いをと走る。 霊なる超常跋扈せば、 物理と摂理で相対し。 裏で蠢く黒幕を、 秩序の下にいざ伏せん。 ◆Rising!-雷神×死神/喪女×魔王-◆ 情と理、殺陣に乗せ、 さても躍動、人のため!

ログイン

新規登録