glass menu_button

レビュー

作品

レビューを投稿する

運営している人

©オノログ

閉じる

稀人オークと三十路の乙女

作品詳細
恋人と別れて3年、30歳の誕生日を一人で迎えた雪江の前に、 その日突然現れた10歳下の巨漢のオーク。 ザグルという名の彼は、雪江の苦手な異世界ファンタジーの住人で、 稀人(まれびと)と呼ばれる不思議な存在だった。 成り行きから一緒に生活することになった2人は、 徐々に互いを思い合うようになり、 やがて周囲との関係を変えながら、互いの過去に踏み込んでゆく。 日常と日常と時々ファンタジーな恋、はじめました。 21/10/15より改稿して再公開しました。

優しいオークがやってきた。

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0

普通いきなり同居することになるとか異世界からやってくるというのは、

美少女だと思うのですが、この作品の場合、オーク。


主人公とのほのぼのしたやり取りからの、進展しそうな関係がいいです。

lachs ヤケザケさん

参考になった! 1
共感する! 0

登録日:2021/07/21 06:47

こちらは lachs ヤケザケさん が読んだ当時の個人の感想です。
詳細な事実については対象作品をご確認ください。

コメント: 0

※コメント機能はユーザーのみ利用できます。
lachs ヤケザケさんの他のレビュー
カクヨム 恋愛 2万文字以下
カクヨムの恋
カクヨムの新機能「10年《《前》》まで、分刻みで指定できます」を使い、2030年の僕が、2020年のキミに仕掛けた賭け。それは……  この短編小説を僕より早く見つけ出し、  キミがレビューコメントを僕より先に書くこと。 そうしたら、キミの勝ち。 僕はキミに好きだと告げる。 「誰得?」っていうジャンル不明の小説を書いてる自称ラブコメ作家の僕。 自分の人生の切り売りみたいな青春小説を書く女子高生小説家を名乗るキミ。 2人の出会いは、カクヨムのレビューコメント。 僕がコメントを記入すると、 決まってキミのレビューが先に並んでいるんだ。 しかも、10回連続。こんなことって、ある? 興味本位でフォローして、近況ノートを読みに行く。 キミの小説を読んでみて、お互いのレビューを書きあい、そして、 キミの闇を知る。 顔も連絡先も知らないけれど、僕はキミに カクヨムオンリーの恋をしてしまった。 2020年のクリスマスイブ。 はたしてキミは、2030年の僕との賭けに勝って 僕のもとに来るのだろうか?

作品ページへ

カクヨムでの賭けの行方は

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0

カクヨムで書く人なら、システムをお分かりでしょうからより楽しめる話になっていると思います。 そこにほんの少しだけのファンタジー。 読んだ後に、彼らのその後が気になる作品です。

参考になった!

0

共感する!

0

lachs ヤケザケ

カクヨムファンタジー非公開の可能性
上様の指防人
(*最近別作品が最終章の為、放置気味ですm(_ _)m) 『お姉ちゃん。。。大好きだったょ。。。。。。』 これは、鳥の、鳥による、鳥が為だけに造られた天空世界の物語。 愛と憎しみの狭間に揺れ、平等なる白き世界に隠された『歪み』に翻弄される、一羽の小鳥の復讐譚。 最愛の姉への想いを胸に秘め、ようやくに辿り着く真実の先。 彼女がその手に掛けるは、何者か。。。 *(お詫び) 当作品は鳥達の物語と題していますが、作中の鳥達はバリバリに擬人化しております! なので、嘴、鶏冠、爪、等々。 鳥に因む表現が多々登場しますが、実際のところ作中キャラには鋭利な嘴やガチな鳥足はほぼ生えておりません。(*寧ろ服、着てます!) また鳥目線な表現上、場面を想像して頂く際に過度な鳥要素(嘴や羽毛など)を持たれますと、大変気持ちの悪い絵面になる場合があります。 ですので基本的には、人間の背中に翼が生えた程度の鳥人間が、キャッキャウフフ♡な様をご想像頂けますと幸いですm(_ _)m

作品ページへ

姉雀を追って、かわいい雀が飛びたつ

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0

独特の世界観。個というものを大事にしておらず、名前でさえも一族の名であり、固有の名はない。 鳥を擬人化したゆえの表現が面白く、それぞれの鳥の特徴が出ていい。 復讐ものとあるが、主人公の雀がかわいく、文章もやわらかくかわいらしい。

参考になった!

0

共感する!

0

lachs ヤケザケ

カクヨムファンタジー10万文字以上
最速でSランク調理専門錬金術師〜特技チートで生活する僕の、詰んだ事態を次々と好転させていく異世界譚〜
高校三年生の春。 元カノに騙され、平穏な日常が壊れた。 元カノのために借りた借金が返せず途方に暮れる僕の前に現れたのは、不気味極まりないお姉さん。 助けられた先にあったのは、どんなに滞在しても現代の時間が進まない異世界だった。 返済額が溜まったら現代に戻してくれると、お姉さんは言う。 しかし返済額を稼ぐどころか、身が危険にさらされていることに気付いた僕。 徐々に追い詰められて絶望し、精神的に限界を感じる中、異世界で出会った一人の女の子が、僕に希望を与えてくれたのだった。 *主人公:18歳、  朝読小説賞キャッチ:現代では彼女に貶められ、飛ばされた異世界でも詰んだ僕の逆転劇 *毎日、夜8時3分更新!

作品ページへ

異世界でお金を稼いで、現実世界に戻ろう!!

point_star point_star point_star point_star point_star 5.0

異世界でやることは、魔物を狩ることでもなくお金を稼ぐこと!! だけれども、どうもそれだけではいけない怪しい雰囲気もあって。 異世界で出会った女の子ともいい感じになるし、最後どうなるか楽しみです

参考になった!

0

共感する!

0

lachs ヤケザケ

おすすめレビュー

最愛の誰かのために。苦しみながらも生きる人々の物語

退役軍人のイヴァンと、戦時中と戦後の不安定な情勢下で、名前とは裏腹の悲惨な身の上を背負ってしまった少女スノウが、宇宙の船旅に出る。仄暗い世界観ながら読み心地がよく、しかし見えてくる人々の事情は濃く、どこか物哀しい空気に満ちています。 ストーリーがしっかり作り込まれており、見どころ・考えどころが多い作品です。イヴァンが失った記憶と、そこに絡んでくる暗澹とした事情。最愛の誰かを喪った人々の叫び。戦禍が誰にも等しく残した傷痕。それらに容赦なく牙を向かれながらも、お互いを大切な人として見出し、寄り添うイヴァンとスノウの甘苦混ざった恋愛模様。時に明るく、時に暗い展開がなされながらも、イヴァンとスノウの姿を追わずにはいられません。 アクアマリンと雪のような美しさを持ちつつも、時に責苦となる消えない汚濁を背負い、進む二人の旅路。その結末をぜひ、見届けてみてください。

ディ・ア・レ・スト

「ムサシノ」、それはどのような地なのか…!

 二人の男性のやり取りから始まるこの物語。戦記物を彷彿とさせる重厚な語り口ですが、主人公が宮廷画家という職業であるから、血なまぐさい話にはならないと思いきや……?  どうやらこの国の新王となった男は、依頼する絵の出来如何で将軍たちの処分を決めるという。突然その双肩に重荷を背負う事になったアルフレッドの運命やいかに!?  この文字数で魅力的なキャラクター像を描き出し、緊張感ある展開、それでいて何故だか読者もムサシノってどんな所だっけ? と興味が惹かれるという。  新王の説明が言い得て妙というか、それ以外言いようがないしで。  武蔵野という土地のイメージを表現し尽くしながらも、ライトノベルらしい異世界転生の要素も織り交ぜられているという、短編とは思えない濃厚な後味の作品。  人生への示唆にも富んでいて、一読の価値ありです。

宮廷画家と征服王

■報告■至近未来の少女傭兵、賛歌と惨禍の果てを見る。

現代の傭兵、民間軍事請負会社PMSCs。 人型兵器を手足と駆り、紛争地帯で“支援業務”に従事する少女の日々。 ――というのは表向き。 襲い来るゲリラを退け、絶望にまみれた命を刈るうち、いつしか舞台は戦の闇へ。 平和の裏側、栄光の陰。魔の巡礼にも似た、心の遍歴。 救いは情、されど背反、殺すか死ぬか――そして心に闇が差す。 錯綜する情報に踊らされ、 鋼の意志に支えられ、 心通わす情を知るとき、 ――事実は少女に牙を剥く。 戦の真実。 思惑の果て。 戦う意味は。 己の価値は。 結論――(当局により検閲・削除済)

さよなら栄光の賛歌

くそったれの世界で語られる、あるバディの物語

謎のウィルスによって滅びの淵にいる人類。 しか、彼らが選んだのは手を取り合って脅威と戦うことではなく、イデオロギーをめぐって銃を向け合うことだった。 劣勢の中で戦う原則主義派は、ウィルスがもたらした異能の力で圧倒的多数の敵勢をかろうじて押しとどめていた。 物語は不破直(すなお)の着任から始まる。 本作はそんなハードな世界観ですが、主人公たちに終末感や捨て鉢な空気感はない、と言うより真逆の生き方をしています。 人命は羽のように軽く目の前の現実はグロテスクですが、彼らは決して絶望しません。 物語は「運命なんてワンパンでぶっ飛ばしてやる」と言わんばかりに暴走する直と、トラウマの為に彼女と向き合えないルードルマン少尉を軸に展開します。 2人は時に反目し、時に拳で語らいながら最高のバディとなってゆきます。 主役の2人をはじめキャラクターたちが魅力的で、主人公直は墜落させた飛行機の残骸から現れるいうインパクト絶大な登場シーンをかましてくれます。 ルードルマンも直と殴り合いを演じる武闘派ですが、一方で彼女を気遣う一面を見せてくれます。 そんな2人が不器用ながら相手を気遣い、歩み寄ってゆく過程は読んでいてにやにやしてしまいます。 第一部は、周囲の助けを得て、2人がお互いを認め合う最初の一歩が描かれます。 第二部以降も困難が降りかかるでしょうが、2人のその後がどうなってゆくのか、目が離せません。 ミリタリーが好きな方が喜ぶ描写がてんこ盛りですが、読むにあたって軍事知識などは必要としないので、バディものやアクションものが好きな方にもお勧めしたい一作です。

連合軍第13師団飛行部隊 ~四◯四分隊のツバメちゃん~

童話のような世界観。人と関わることによって成長していく少女の物語。

Twitterで作者のアカウントを見かけ、そこから読書スタート。 処女作らしいですが、話はしっかりと組み立てられていると思います。落ち着いた文章も自分好み。セリフばかりで騒がしい印象もなく、良い意味でなろうらしくないです。 ただ(あらすじ中に断りはあるものの)やはりストーリーの展開は遅く感じます。これは群像劇スタイルのせいかもしれません。 それでも飽きずに読めるのは、人間関係や人物の心の描写がとても丁寧だからかもしれません。 重すぎず、かといって軽すぎず。通勤時間の読み物として楽しませてもらっています。 美しい自然や食事、そして武器の描写などがとても丁寧で、画像がありありと脳裏に浮かぶ文章に癒やされます。 セリフばかりでトントン拍子にストーリーが進むライトな展開が好みの方には合わないと思いますが、情景描写や人物の心の機微もしっかり読みたい、という方には特にお勧めです。

隠された翼

本棚