ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

結月 花さんのレビュー

心温まる冷たい世界の物語

5.0
1

不思議な力を持っていたが為に忌み嫌われ、死を目前にした少女が出会ったのは、さいはての島に住む氷狼セン。


孤独を知る二人は互いを想い合い、心を温め合います。


異種族間の恋愛という、ともすると悲恋になりがちなテーマを、心温まる純愛に昇華した作者の手腕は見事と言わざるを得ません。


寒い季節にピッタリの異種族恋愛ファンタジー、必見です。

登録日:2021/7/22 21:00

更新日:2021/7/23 17:15

問題を報告する

こちらは結月 花さんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

小説家になろう恋愛書籍化コミカライズ連載:54話

【WEB版】やり直し転生令嬢はざまぁしたいのに溺愛される【書籍化+コミカライズ】

神に愛されたやり直し少女、すべては勘違いだった!?

誰にも愛されず最悪の結婚式を迎える直前に死に、神によって前世の記憶をもって過去に戻った主人公。しかし神からもらった力「自分に好意を持つ人の心の声が聞こえる」により、今まで知らなかった人から好意を持たれていたことをしり、思いもよらなかったやり直しをしていきます。 いっぱいいっぱいで追い詰められた可哀想な子がやり直すことにより前と全く違う幸せを掴む。と言うのはやり直しものの醍醐味ですが、今作はそれが存分に味わえます。世界を見る目が百八十度変わって戸惑う主人公はとてもいい子で幸せになってほしくなります。 勘違いとは言え家族の態度が悪かったのは事実ですし、あっさりすぎるかなとは思いますが、短くまとまっていて読みやすく流されるままだった主人公が積極的になるのが微笑ましいです。 前世の記憶があってもわからなかったことや、主人公の思い切った行動で好転していくのは爽快です。ヒーローも主人公に一途で可愛らしいですし、綺麗に纏まっていて面白いのでやり直し溺愛物が好きな人にはおすすめです。

小説家になろう恋愛連載:28話完結

婚約者を奪われた少女は、敵国の王を守る剣となる。

描きたいものはなんだったのか

恋愛ジャンルになっているが、ヒロインの恋愛展開はほぼ皆無。 ほのかな初恋が実る直前で両親と妹によって恋する相手を奪われるが、その相手との関係は薄く、その後出会い仲間となる敵国の男たちにアプローチのようなものを受ける逆ハーっぽい流れはあるものの、ヒロインが全く気付かず全員を素でかわしてしまうので恋愛には発展しない。 タイトルやあらすじから、皇子とヒロインが結ばれるまでの二人の物語かと思いきや、皇子はおろか誰とも恋愛しないまま大筋の物語がさくさくと終わってしまい、最後にとってつけたような説明で恋愛部分を片づけられて、あまりの展開に唖然とした。 『親の言いなりに生きてきた普通のお嬢様』でしかなかったヒロインが、ブチ切れて高い戦闘能力を開花させるのだが、【なぜそんなことができたのか】という根本的な部分の説明がないのでその辺りもしっくりこなかった(火事場のクソ力というには、いきなり戦え過ぎている)。 実は皇子も銀髪だった……という辺りに引っ掛けて、『銀髪』は戦闘に長けているとか特殊な能力をもつ……みたいな設定があったとしたら、読み取れなかったことを申し訳なく思う。

カクヨム恋愛書籍化短編完結

「わたしの幸せな結婚 ~雷雨~」#読みたい幸せな夏

超人気作の優しい短編。原作未読でも楽しく読めました

和製シンデレラと言われる有名作の公式短編。原作読んだ事ないんですけど(あらすじとキャラは知ってる)、停電中の二人を綴っていて問題なく読めました。原作未読でも「こんな二人良いですな~」となるのは流石人気作。本編にも少し興味が湧きました。 原作ファンの方も、恋愛短編を読みたいだけの方も楽しく読める話だと思います!

カクヨム恋愛短編完結

アップルパイにはアイスを添えて

失恋確定から読む短編。あなたは二度読む事になる。

 読了後、もう一度最初から読み直したくなったこの作品。恋のキューピットはいつも顔で笑って心で泣いてだよなあ、なんてありきたりな物語を想像して読み始めたのですが。  「主人公は失恋するのだろう」と感じさせる一文で始まります。だけど、読み進めると先入観通りのお話ではなくて。  親しい先輩と付き合う事になった親友が、引き合わせてくれたお礼として焼いてくれるアップルパイには思い出が折り重なり、二人のやり取りは今までずっと親友だったのだと実感させられる息の合い方で。  この関係が変化してしまうのは、ただただ惜しいと思えてしまうほどに。  最後の一行に、苦しさと生々しさがあってドキリとさせられました。  読み切ると主人公の視点を追いかけ直したくなり、もう一度最初から読みたくなる。そんなお話です。

エブリスタ恋愛連載:9話完結

溶けそうなアイスクリーム

その出会いは必然だったのかもしれない。

1 読む前の印象や予想など(表紙やあらすじなどから想像したこと) タイトルについて考えてみた。”溶けそうな”は暑さを表しているのだろうか?  それとも、溶けそうなくらいぼーっと魅入ってしまったのだろうか? 色んな意味に捉えることのできるタイトルだなと感じた。 今まで見たことのない女性が隣に居て、しかも窓が開いている。ロマンチックな展開を予想してしまう。 2 物語は(どのように始まっていくのか?) 主人公が恋に落ちるところから始まっていく。こんなシチュエーションがあったらロマンチックだなと感じるが、現実的な部分もあって面白いと感じる。 偶然に感じることも、実は必然であり運命であるなどという人もいるので、この主人公の母があえて部屋にエアコンを入れなかったことで、主人公は恋に落ちるきっかけを得たとも言えるだろう。さて、主人公の恋は叶うのだろうか? 3 良かったところ。印象に残ったところ。好きなセリフなど。 ・恋をすると少し離れているだけでもソワソワしてしまうものだと思う。片思いならば切なさもあるだろう。主人公の気持ちがとても伝わって来る。 ・相手のことがとても気になるのが”好き”という感情である。例えば饒舌になったり、顔色を窺ってしまったり、言動が気になってしまったり。過剰反応してしまうものだと思う。彼にもそういう行動が見られ、上手く行けばいいなと感じた。 4 作品の感想 後から彼女の事情について分かっていく。現実世界でも、誰かと結ばれるということは奇跡に近いものだと思う。互いの気持ちが同じである確率。ずっと思い合える確率。そしてその気持ちを伝えられるかどうか。 人の気持ちは簡単に変わってしまうものでもあるし、ずっと変わらない人もいるだろう。しかしそれでも平等なのは”恋愛”は一人でするものではないということ。相手の傷を受け止めるということは、簡単なことではない。その傷が深ければ深いほどに。どんなに想いを貫いても、一人ではどうにもならないこともある。それでも、主人公はきっと選び取るのだろう。 恋をして彼女を想う気持ちのとても伝わって来る作品であると感じた。 5 物語のその先を想像して 彼女の抱えているものを知り、主人公は決断する。しかしここからが本当のスタートなのではないだろうか? しかし彼ならば、乗り越えられると感じた。 あなたもお手に取られてみてはいかがでしょうか? お奨めです。

ログイン

新規登録