レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

徒然ww

作品詳細
【19年四月~九月 純文学ジャンル別年間ランキング一位】 【第一回アース・スターノベル大賞選考、最終選考に残っておりましたが落選致しました。応援してくださった皆様ありがとうございました】 【ネット小説大賞8、二次選考を通過、最終選考で落選致しました。応援ありがとうございました。どうも、万年最終選考落ちの京野です】 【ネット小説大賞9、2年連続で最終選考落選となりました。どうも、億年最終選考落ちの京野うん子でございます。ありがとうございます。】  皆様のおかげです。いつも応援くださりありがとうございます。    吉田兼好が書いた日本三大随筆の一つである徒然草。  皆さんは読んだ事があるでしょうか?  お堅いイメージ? 難しそう? とんでもない!  下ネタ満載、愚痴一杯。今の時代の人でも共感してしまう事ばかりなんです。  この「徒然ww」はそんな徒然草を現代風にアレンジし、主人公である国語教師、卜部兼好(うらべかねよし)の視点で見るドラマ仕立ての作品です。    思わず草が生えるww そんな新感覚の徒然草をどうぞ。笑って泣ける事をお約束します。  【お知らせ】  本家の徒然草の原文をまえがきに、現代訳文をあとがきに記載しております。徒然草を読んだ事がない方も気軽にお読み頂けるようになっております。  サブタイトルに★がついている段は下ネタを含みます。下ネタが苦手な方はご注意ください。 【追記①】  第45部を持って第一部が完結致しました。第46部からは第二部となります。時系列が前後していますが、そのまま順番にお読み頂いて問題がないかと思います。話数がまとまり次第、時系列で並べかえる予定です。 【追記②】  第二部を別作品「徒然ww2」として新作投稿しております。第二部の時系列が本作の追加エピソードに追いつき次第、順次第二部の方へと移し替え、本作からは削除していきます。  徒然ww2もお楽しみ頂ければ幸いです。  本作はカクヨムにも投稿しております。

『ぶっ飛び度MAX! 変態の皮を被った天才による現代訳』

5.0
1

 皆さんまず、作者名を見てください。

 次に作品名を見てください。

 もうお分かりですよね。そうこの作者、そしてこの作品、ぶっ飛んでます!!!

 いやぁ、本当に笑いました。腹筋崩壊ですよ! 

 

 そして、笑えるのはもちろんなのですが、この作品、タイトル通りあの吉田兼好の超有名作品『徒然草』の現代訳パロディーなんです!

 清少納言の『枕草子』、鴨長明の『方丈記』と合わせて日本三大随筆の一つと評価されているあの名作のパロディーなんですよ!!!


 でも『徒然草』なんて、名前は知ってるけど内容なんてさっぱり分からないよ。というあなた。

 安心してください。知らなくても十分楽しめます。そして『徒然草』って現代風にアレンジすると、こういうこと言ってるんだなぁって、大人の階段を一つ登れます。


 星マークのついた話は下ネタ回ですが、卜部先生の心に響く名言も沢山あるのでそこも必見です! 


 と、ここで終わりかと思いきや、まだこの作品最大の魅力を伝えていません!

 私個人としては、この作品の中に出てくる人物達を“登場人物”とか“キャラ”とは呼びたくありません。

 それは彼ら、彼女らがこの作品の中で間違いなく“生きている”からです。

 主人公である卜部先生や彼が勤務している吉田中学校の生徒のみんな。

 思春期ならではの悩みにぶつかりながらも彼らが共に成長していく姿は、ヒューマンドラマの極みと言えるのではないだろうか。

 笑って笑って、時には泣いて。

 彼らと一緒に青春を謳歌してほしい。

 間違いなく心に響く特別な作品。

 後悔させないので、是非一読くださいませ。

むらもんたさん

登録日:2021/7/22 23:44

更新日:2021/7/23 17:15

問題を報告する

こちらはむらもんたさん が読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

コメント

※コメント機能はユーザーのみ利用できます。

むらもんたさんの他のレビュー
ノベルアップ+純文学2万文字以下

私のお母さん

作/ ちぇり

ゴリラで泣ける物語?ちょっと何言ってるかわかんないんだけど!って思ってる奴ら全員整列!今すぐこれ読んでください。

 泣けるゴリラ小説。まさかゴリラ作品でこんな気持ちになるとは思いませんでした。  作品から感じ取れるのは『家族愛』。  そこに血縁も種族も関係ないんだなって、少女と母ゴリラが教えてくれました。   「私のお母さんはゴリラです」  という始まり方をする本作。  舞台は授業参観の発表会です。  少女が書いたその作文には、彼女の気持ちが正直に書かれていました。  突然父親の再婚相手としてやってきたゴリラ。  それに戸惑うのは当然のこと。  だって母親がゴリラなんですよ?  ゴリラっぽい母親ではなく、ゴリラなんですよ?  小学生という多感な時期で抱えた少女の苦悩。それは想像を絶するものだったと思います。  現に、作文からも『母親がゴリラだなんて嫌だ!』という気持ちが伝わってきます。  けれど、母ゴリラの一生懸命娘を愛する気持ちは、次第に彼女の心を動かします。  言葉なんてなくても愛は伝わるんだなと思うと涙が流れてきました。  本当に素敵な作品でした。  …………というのが1周目の私の感想でした。  けれど2周目で気付いちゃったんです……父親のヤバさに!(笑)  いやぁね、1周目から薄々は感じていたんですが、冷静に考えたらやばくないですか?  ゴリラを再婚相手にするんですよ?  父親がゴリラを研究している人で、その研究の一環としてならまだしも、この父親マジでゴリラを再婚相手に選んでるんですよ! 『弟と妹どっちが欲しい』とか聞いてきちゃうんですよ!  どうやって父親と母ゴリラは恋に落ちたのか……私はそのアナザーストーリーが今一番読みたいです! 『最初はあれだけ笑っていたのに、泣いてる人【も】いる。』 という作中の最後の方の文章。 【も】というのがミソで。きっと私のように汚れた保護者は『えっ……父親ヤバない?』と思ったのではないでしょうか……。  そんな1作品で二度楽しめる本作。心の綺麗な方は少女に心を寄せて涙を流し、心が汚れてしまった方は父親のヤバさに震え上がりましょう。  是非皆さんも読んでみてください!  ゴリ泣ける作品。爆誕ウホッ!

5.0
むらもんた
小説家になろうファンタジー2万文字以下

絵本の勇者

作/葵れい

かつてない個性的な勇者の爆誕!(笑)

 まず冒頭のシーンで爆笑しました!(笑)  だって、こんな勇者見たことないんですもん!  あれが強すぎて……笑いが止まらない。(笑)  で、こんなキャラ立ちしてる勇者ってことは出オチかな……と思えば全くそんなことはなくて、そこからの予想外の展開に驚愕しました。  そして更にそこからのラスト……こんなん誰も予想できひんて!(笑)  とにかく伝えたいことは ・キャラ立ちMAXな勇者 ・予想外の展開 ・作品タイトル  この三点です。  この三点だけ頭に入れて、あとは作品に身を委ねるだけ。  きっとあなたも……笑うんだろうなぁ。

5.0
むらもんた
小説家になろうファンタジー2万文字以下

命を救ってくれたのは鋼の肉体でした 。

作/T・G・ヤンデルセン

俺TUEEEEEじゃなくて“鋼”の肉体SUGEEEEE!!!

『命を救ってくれたのは鋼の肉体でした 。』という作品タイトル。  タイトルを見た時、よもやこんな清々しい謎の読後感を味わうことになるなんて思いもしませんでした……。  作品自体はいわゆる異世界転生(転移)系。  そう、俺TUEEEEE系なのだ。  私自身こういったジャンルはあまり好んで読むことはないのですが、この作品は一味違う。  だって俺TUEEEEEじゃなくて、“鋼”SUGEEEEEってなるんですもん!(笑)  また。スッと内容が頭に入ってくる文章は作者様の筆力の高さに他ならない。  彼が窮地の中、咄嗟に選んだスキル『鋼の肉体』。  それがなにをもたらすのか。  あなたの目で確認してほしい。  そしてきっとあなたも清々しい謎の読後感を味わうことになる……。

5.0
むらもんた

おすすめレビュー

僕らは数字に踊らされている

骨太なのにどんどん読める

面白いです! まず着眼点がいいです。数字、それにまつわる逸話等を物語に絡める巧みさがすごいです。 昨今のウェブ小説はライトさが売りですが、この作品はいい意味でそれとは逆を行きます。 異能バトルでありながら、緻密な描写による繊細な表現がなされています。 タイトル通り、骨太なのにどんどん読めます。 そしてキャラクター、魅力的です。 主人公数美をはじめ、π、青鎬など、個性的なキャラクターがたくさん登場します。 彼らは何を思い、なんのために何と戦うのか… 必読です!!

冴えない俺と、ミライから来たあの娘

複雑な心境になる物語である。

1 読む前の印象や予想など(表紙やあらすじなどから想像したこと) 本当の親子かどうかでも変わって来る。実の父に恋をするのかどうか? 母の再婚相手なのだろうか? と思った。実の親子だったらちょっと怖いなと感じてしまった為。 ただこの恋が、この二人の間とは限らない。別の可能性も考えられる。あらすじからはミステリアスな部分もある。 逆に父が娘に恋をするというパターンもあるかもしれないが。 2 物語は(どのように始まっていくのか?) 娘側の最後の一日から始まっていく。ちょっと複雑な心境になる始まりだと思う。 その後本編に入り、主人公の日常と恋事情について語られていく。そこにあるのは、都会での理想と現実。都会でなら人生が変わると思われがちだが、実際はその逆だと思う。都会の喧騒から離れ田舎暮らしで幸せを手に入れた人も沢山いるだろう。能力があるから輝けるということを忘れ、都会だから上手くいくと考える人は多いのかも知れない。彼もまた、通勤だけでゲンナリしながらそれでも耐えているような毎日を送っているようである。そんな彼に突然訪れる、非日常とは。 3 世界観について 舞台は現代である。未来から少女がやって来ることから、SFでもあるようだ。 現代の東京が舞台。地方から都会にやってきた人間の理想と現実について描かれている。 地方から都会に暮らすと一番つらいのは電車だと思う。元々その地に暮らしている人は、慣れているから耐えられるのだろうか? それとも、そうまでして都会に住み続けたいの府だろうか? とても不思議である。 4 良かったところ。印象に残ったところ。好きなセリフなど。 *上記でも書いたように、都会での理想と現実の部分にリアリティを持たせた心理描写が良い。 自分も経験したことがあるので、思わず感情移入してしまった部分である。 *一般的な人が主人公なのが良い。 よくあるハイスペックな人物というわけではなく、かなり身近に感じるごく普通の一般的な人物が主人公。すなわち感情移入がし易いと思われる。 *予定調和説明 小説内で分かるだろうと説明を省き、結局伝わらないというものはよく見かけるが、このことについて説明が足されているのが良いなと感じた。言葉は聞いたことはあるが、詳しく知らなかったため少し驚いた部分がある。 *家族という概念について。 家族とは初めから家族だから家族なのだろうか? と。もし仮に未来からまだ見ぬ家族が現れたなら、恋愛対象になったりよこしまな気持ちを抱いたりするものなのだろうか? そもそも近親関係の交わりが禁止されているのは、近親者で交わろうとしているからであり、そう考えると知っているかどうかは関係ないのかも知れないとも感じた。 *突飛なことが起こるわけではない日常 未来から少女と彼との暮らしはごく普通。少し悪戯心もあるようだが。 父子家庭のような自然な日々に、未来から来たことを決定づけるような行動が散りばめられている。 5 お奨めしたい部分 二万文字の読了では、少女の目的は想像し辛い。父に会いたかったという単純なものではないのではないかと想像する。 もしかしたら、普通の日常こそが彼女の欲しかったものなのかもしれない。伏線と感じる部分もあり、この先どうなっていくのかとても気になる作品である。 この作品で気になるのは”予定調和”。彼女がこの世界に来ることは必須なことは予想がつく。主人公はまだ過去の状態だが、主人公が少女に出逢う前と少女の人生の間の時間には、この出来事が作用することが必要だと考えられるから。考えるとややこしくなるが、少女が産まれるためにはこの出来事はなくてはならないことなのだと思う。 6 物語のその先を想像して 005 【滞在期間三日目:たまには、手料理なんてどうかな?】まで読了での予想。 気になるのはあらすじの”夜明けとともに予告なく訪れた別れの先で、彼がたどり着いた結末とは? そして千花が戻ったミライの世界で彼女を待っていた物とは?”の部分。未来が変わってしまうのではないかと想像する。それは良い方向だと想像するが、未来が変わってしまうのは罪にあたる様なので、ハッピーエンドとも言えないのかも知れない。 あなたも是非お手に取られてみてくださいね。おススメです。

思い出のミントブルー

好奇心を抱き、経験し、またひとつ世界を知る。

美しい表紙画像に心をつかまれました。 ひんやりとした温度が伝わってきそうな涼し気な色。 どこか不思議な色合いで、ずっと眺めていたくなります。 ターコイズ(トルコ石)の写真なのかなと思いましたが、答えは本文の中で語られていました。 チョコミントアイス。 誰もが、一度はその味に興味を持つと思います。 主人公の少女も、アイスクリーム店のショーケースでそのアイスと出会います。 「そんなん食べられへんから、やめとき」 とお母さんにやんわり止められますが、それでも少女は「こんなアイス見たことがない」と釘付けに。 結局お母さんはチョコミントアイスを買ってくれるのですが、さて、それを食べた少女の反応は。 新しい物を見つけて、好奇心を抱いて、経験して、またひとつ世界を知る。 そうやって少女はこれからも成長していくのでしょう。 「結果がわかっていても頭ごなしに止めるのではなく、経験をさせてくれる」という母の愛情に胸が温かくなりました。 『思い出のミントブルー』というタイトルが秀逸。 「チョコミントアイス」とせず「ミントブルー」という色で表現することで、タイトル・表紙画像・本文がひとつの作品としてまとまっていると感じます。 物語の内容は、多くの人が一度は経験するであろうエピソード。 読んだ人の心の奥底にある記憶を優しく蘇らせてくれます。 古い思い出を色鮮やなまま残してそっと宝石箱に収めてくれる、そんな作品です。

サマースマイル・アゲイン

この作品に出会えて良かったと心から思える青春小説。心を動かす作品とは、こういう作品。

 平成最後の夏を描いた、痛くて切ない、ちょっぴり歪んだ青春恋物語。  主人公はちょっぴりパッとしない高校生の小秋。そんな小秋と親友の美少女、真夏との青春の1ページを切り取ったような本作。  青春小説特有の複雑な心情やエネルギッシュな躍動感がこの作品からは感じられ、胸がギュッと締め付けられたり、ドキドキと高鳴ったりします。  大人になった今だからこそ感じられる、青春の懐かしさがなんとも心にしみます。  そして物語の構成も圧巻で、約2万文字で読者の気持ちを最高潮に高めてクライマックスを迎えさせてくれます。  素敵なイラストも必見!  田舎の駅から見える爽やかな海。   青い空。  白い雲。  二人の女子高生。    このイラストが読後、違うものに見えてくるんだから作者の演出は憎い。  レビューを書いている今もまだ胸がドキドキしています。  心を動かす作品。是非あなたにも読んでほしい。

冴えない俺と、ミライから来たあの娘

大切なひとへ会いに、過去まで。

 勘の良い方のためにネタバレフィルタを付けましたが、小説のネタバレや後半の詳しい展開に踏み込む感想ではありません。ただ事前情報はすこしでもないほうが、より初読の印象が鮮やかになったりする場合も多いと思うので、ぜひ感想よりも先に本作に進んでいくことをお薦めします。  スポーツ用品全般を取り扱うD商事に勤める秋葉悟は、良く言えば誠実そう、悪く言えば特徴のない青年で、社交的とは言いがたい性格が災いしたのか二十五歳になった現在も女性との交際経験がなかった。周囲が営業成績を伸ばし一本立ちしていく中で、成績が伸び悩んでいた彼は仕事面でも活躍してるとは言いがたい状況で、密かな恋心を抱く後輩の田宮には特に話す話題も見つからなくて、横顔を盗み見るだけの毎日を送っている。そんな日常に満足できない鬱屈とした日々を送る彼の前に現れたのが、葛見千花くずみちかだった。ブレザーの制服を着た彼女の姿と容姿から推測するに女子高生で間違いないだろう。困惑する彼に、彼女は「あなたの娘です」と言った……という導入の本作は、時間旅行を経て二〇四二年の未来から訪ねてきた娘との出会いと別れを描いた恋愛小説になっています。  未来においては本当の父娘でありながら、現在においては家族でさえない相手との奇妙な共同生活、という特殊な状況下で互いに理解を深めていき、やがてそれは恋心を含んでいく。障害が大きければ大きいほど恋は盛り上がる、というのは幾分使い古された表現ではありますが、悟と千花に与えられた障害は、実際に向かっていく未来、そして実際に一緒にいられる期間の長さ、そのどちらにしても越えられることは無いものと、彼ら自身も読者も共有しながら、物語は進んでいきます。繋がることはない、繋がってはいけない、と知りながら、それでも抑えることができずに、感情は相手へと向かっていく。その心情の揺れがつぶさに描かれているからこそ、物語の旅路の先に見る光景に、胸を打たれるのかもしれません。

本棚

作品へ

ログイン

新規登録

通知

こちらはユーザー用の機能です。

一覧
to_top