ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

lachs ヤケザケさんのレビュー

個性的な能力者 VS 最新兵器のSFミリタリー

5.0
0

戦争ものということで暗い場面もあるものの、主人公含む個性的なキャラクターが気持ちがいい活劇を見せてくれます。


主人公の直が小さい女の子なのですが、男まみれの隊に入ってすぐに喧嘩をするほどの豪快さ。

それでありながら、天然でかわいいところもあり、周りが魅かれていくのがわかります。


戦闘機での空中戦は鮮やかですし、陸上のロボットAI兵器を相手に能力者がどう戦うかは見ものでした。


能力者戦やミリタリーがお好きな人には、ぜひ読んでもらいたい作品。

登録日:2021/7/23 23:48

更新日:2021/7/23 23:48

問題を報告する

こちらはlachs ヤケザケさんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

カクヨムSF短編完結

『MM9』番外編 藤澤さくらの憂鬱

MM9の裏側のお話

 MM9を読んだことのある人間、特撮作品が好きな人間にはたまらない作品です。MM9本編からドラマ版へ繋がるストーリーも良いですが、私はその細部を彩る特撮小ネタがたまらなかたったです!凱旋門の下から出てきた怪獣は何者なのか...バ○ゴンなのか、それともゴ○ザウルスか、はたまたマ○マか...その特撮ネタを記憶の汚染による情報錯綜という、災害現場とその報道で発生しやすいトラブルと絡めるのは流石だと思いました!

カクヨムSF連載:75話

連合軍第13師団飛行部隊 ~四◯四分隊のツバメちゃん~

個性的な能力者 VS 最新兵器のSFミリタリー

戦争ものということで暗い場面もあるものの、主人公含む個性的なキャラクターが気持ちがいい活劇を見せてくれます。 主人公の直が小さい女の子なのですが、男まみれの隊に入ってすぐに喧嘩をするほどの豪快さ。 それでありながら、天然でかわいいところもあり、周りが魅かれていくのがわかります。 戦闘機での空中戦は鮮やかですし、陸上のロボットAI兵器を相手に能力者がどう戦うかは見ものでした。 能力者戦やミリタリーがお好きな人には、ぜひ読んでもらいたい作品。

カクヨムSF連載:296話

リビルドワールド

ざまぁ系として読むと面白い

復讐ものではないのだが。 スラムで暮らす主人公が、彼にだけ見える謎多き美女ナビゲーターと出会い成り上がっていく物語。 世界観やキャラクター造形がしっかり描かれていて全くブレない。戦闘描写も非常に詳細で展開も熱い。 主人公の性格も一貫していて、親しくなった相手でも心の底から信頼することはなく命を預けるのは相棒のナビゲーターだけ。しかしナビゲーター含め登場人物にはそれぞれ思惑があり底が見えない。 主人公視点で見ると殺伐とした世界を必死に生き抜いているだけなのだが、それを取り巻く周囲の人間関係の様相は読者視点で見ると段々チートハーレムじみていく。 主人公が生まれ持った特殊能力は世界でも有数のチートであり、それを狙う巨大な権力から隠れたり。ハーレムパーティーを従えた正義厨イケメン勇者に誤解されて敵対したり。 有能な美女はみんな主人公側で、勇者をチヤホヤする奴らは無能に描かれているところがご都合主義だが、ざまぁ展開が好きなら期待していい。自分はそういうのをメインにしているとあらかじめ分かっている話を読むときはいいが、この作品ではそこが主軸ではないのにあまりにもご都合主義な展開になったのでうんざりした。 ただそれを差し引いても非常に面白い作品だと思う。

カクヨムSF完結非公開

とある宇宙人の悩み

ショートショートの定番展開。オチまで読んでから二度目読むと笑えました。

導入からずっと重い雰囲気の宇宙人が偵察機のことを気にしていて、グッと世界に引き込まれました。 イニシャルで呼ばれる宇宙人の対話で進むのも、星新一作品ぽい。終盤までずっとシリアスな展開が続き、偵察機は生物のようなものであることまでは分かるのですが、まさか、アレとはね。意外でした。 最後まで行きもう一度読み返すと、このシリアスさが笑えます。

カクヨムSF短編完結

人の振り見てメランコる明日の身

なんかいろいろあった感じの未来世界の、平和なひとコマ、のような

 いろいろ技術の発達した未来の世界、ボクっこ電脳アイドルとその連れ合いが、スイーツビュッフェで甘いものをもりもり食べるお話。  SFです。いわゆるサイバーパンク、またタグによれば『ポストアポカリプス』とのことで、でも一見そうは思えない物語の導入というか、話の展開のさせ方が魅力的です。  ボクっこでフリフリのロリータ趣味で自撮り大好きという個性の塊みたいな電脳偶像さんと、その連れ合いというか実質保護者役みたいな立場の主人公。個性的なふたりの対話劇といった趣ですが、でもその会話の中から徐々に見えてくる世界観。結構ディストピアしてるっぽい現実と、でもいまいちそんな風には見えない能天気なふたりの、愉快な日常のひとコマみたいなところから繋がる終盤の大オチ。組み上げたキャラクターと世界設定を、綺麗な流れに乗せて見せてくれる作品でした。  意味深長なタイトル、というか、読み終えた後に再び見返すとちょっと味わいのあるタイトルが好きです。それとは対照的に、わりとストレートな感想そのままである章題の方も。

ログイン

新規登録