ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

新規登録

その他

オノログについてQ&A問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

カクヨム恋愛10万文字以上

白銀の狼

眞城白歌さんのレビュー

ほんとの想いに気づいたら、戦え。悪意に立ち向かい、愛しき者を守るため。

5.0
0

 村のお荷物として蔑まれていた銀狼の少女と、村一番の強さを誇る黒狼の青年の、ひたむきで波乱に満ちた恋愛ファンタジー。


 銀狼のレティリエは、狼の姿になれない女の子。彼女が恋する黒狼のグレイルは、村で一番強いと言われ将来を嘱望される青年。

 力が全てとされる人狼の村では、狩りに加われないレティリエの想いは口にすることさえ許されないものでした。

 祭りの日、レティリエは村のすぐ側まで来ていた人間たちに捕まってしまいます。異変に気づいたグレイルが助けようと追いかけるものの、大怪我を負わされ、彼もまた捕まってしまい――。


 見どころは、主人公であるレティリエの勇気と知恵、そして後半になるにつれ磨かれてゆく演技力でしょう。想いびとであるグレイルは身体も大きく強い狼ですが、それでも人間たちによって追い詰められてしまいます。

 度重なる窮地を、レティリエがどう切り抜けてゆくか。彼女につらく当たってきた村の狼たちにどう向き合っていくか。後半の展開には心を揺さぶられます。


 作中では、狼社会の価値観と、他種族の価値観、そして人間社会の価値観が、繰り返し対比されます。特に、人間側が人狼(や亜人種族たち)を獣やペットとしか見ないゆえの対立構造が徹底的に貫かれていきます。

 人狼と人間、両者の心は一切重なり合わず、それゆえにレティリエは一人きりで戦うしかありません。しかしその戦いは、彼女自身が自分の価値を知る切っ掛けでもあります。

 グレイルは元より好青年なのですが、狼社会の風習を疑問に思わなかった彼も村の外の価値観に触れることで、少しずつ変化してゆくのです。


 シンプルなストーリーで過不足ない描写、魅力的なメインキャラとブレない悪役たち。

 躍動感あふれる物語です。ぜひご一読ください。

登録日:2021/7/24 09:43

更新日:2021/7/24 09:43

問題を報告する

こちらは眞城白歌さんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

カクヨム恋愛

見習いシスター、フランチェスカは今日も自らのために祈る

フランチェスカちゃんをすこれ

もうタイトルの通りです。 フランチェスカちゃんがとにかく可愛い! 読めば読むほど彼女の魅力にハマっていく、そんな名作です! 勿論それだけではありません。 作者様の文章力、構成力、会話のテンポの良さも素晴らしい。 良い意味でサクサクスピーディーに読むことができます。 笑えるところは笑えて、泣けるところは泣けるのもポイントが高い。 とにかく何も言わずに一度読んでみて欲しい。 そして天真爛漫なフランチェスカちゃんの魅力に気付いて欲しい! そう願わずにはいられない一作です。 ではレビューの〆に、もう一度この言葉を言わせていただきます。 フ ラ ン チ ェ ス カ ちゃ ん を す これ !!! 

カクヨム恋愛

女伯イゾルデ

どろりとした物語であるはずなのに、美しいという言葉に尽きる。

 いや……これは凄い。  物語は時間軸にして一週間ほどの事。であるにもかかわらず、それまでの事象や関係性が自然と溶け込んで土台となり、変化を語る。  進行する現在の物語の中、その変化を語る上で必要な舞台や登場人物の過去や立ち位置が、説明調でなく、ほのめかすわけでもなく、自然と溶け込んでいることの巧みさは、全二十話の物語に重厚さをもたらしている。  背景描写は叙事的不可欠要素が叙情的に切り取り描かれ緻密に美しい。客観的な女伯の一人称という調和による美しさ。  その一人称視点、女伯のフィルターを通して語られる人物たちの心情はしかし、揺蕩う水の向こうのように見え、切なさを覚える。  誰一人として無駄な人物なくこの物語をつくっている。  構成も描写も台詞も人物も、そして読後感も、どろりとした物語であるはずなのに、美しいという言葉に尽きる。  いや……これは本当、凄いとしか言いようがない。そんな作品。

カクヨム恋愛

この赤い糸の先に。

運命の人と繋がる赤い糸、私はその運命を変える決意をした。

不思議な少女からもらった赤い眼鏡、それは大事な大事なあることが分かる道具だった。真実を知ってしまった私は、大きな決断をする。そう、私に後悔なんてないのだ。 主人公の強い意志と、友を想う心、それはあまりにまぶしくて、美しく、私の心を掴んで離しませんでした。行間から溢れ出した優しさに、荒んだ気持ちも洗われるような、素敵な一作です。

カクヨム恋愛

ハッピーエンドの後日談

フィクションだったらゴールになるはずの地点

 念願叶って憧れの女子と付き合うことになった男子高校生が、でもその三ヶ月後にあっさり振られ、やり場のない気持ちを抱えて右往左往するお話。  コメディです。初々しくも苦々しい青春の失敗をコミカルに描いた物語。身も蓋もない言い方をしてしまうなら「フラれ男の悲哀」のような、わりとどうしようもない自家中毒についてのお話です。したがって必然的に、といっていいのか、主人公がひたすら青臭く、なにより結構ポンコツなところが素敵でした。まさに青春。  実質的に出オチしている導入が好きです。というか、それを可能にしてしまう主人公の人格そのものがすごい。憧れの相手と付き合い始めることを、『ハッピーエンド』と事実上のゴールとして捉えているところ。詳細はわからないため一概には言えないといっても、でも順当に考えたらそりゃそうなりますよね普通——と、皆まで言わずとも伝わってしまう、冒頭二行のこの説得力。初手から剥き出しにされるキャラクター性。いやこれだけならまあ幼さの範疇と言えるのですけど、でも「だけ」で済もうはずもなく……他にもあげたらキリがないというか、細部からバリバリ伝わる「いや逆によく三ヶ月も保ちましたねお前?」感。  例えば最初の一話だけでも結構露骨で、そして二話三話はもう言うに及ばず。というか、どんどん加速します。ううー若い! いや若さとかの問題なのかこれは!? 主人公の人物造形がなんとも絶妙で、なんだか自分のなかの何かをめちゃめちゃに煽られたような気分です。  もうすっかりやられたというかいろいろガッタガタにされたというか、見た目以上に質量のある青春物語でした。

カクヨム恋愛

モテる奴は深夜ラジオを聴かない。

深夜ラジオにのせた想い。結末まで耳が離せません♬

夢がありますよね。深夜ラジオ。 ある深夜ラジオ番組の有名ネタ職人である少年は、 ある日気になるクラスメイトに、ラジオネームを打ち明けてしまう。 彼女の反応は悪くなく、これは、とんとん拍子で進むかとおもいきや―― 彼は番組内のとあるコーナーを使って彼女にアプローチ。 なんと彼女もこのラジオ番組に投稿して返答してきた。 結末やいかに。

本棚

作品へ

ログイン

新規登録