ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

新規登録

その他

オノログについてQ&A問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

カクヨムファンタジー10万文字以上

マリオネットインテグレーター

凛々サイさんのレビュー

今を生きる全ての人達へ届けたい普遍的な物語。

5.0
0

番外編を含む、最後まで読み終えました。

このお話は一人の庶民の少年カートが騎士に大抜擢され、物語が進んでいくのですが、その周囲に隠された秘め事の数々に、それぞれの人物の思いと様々な人間関係が織り成す国の成り立ちと行く末を舞台にしたファンタジー大作です。


バディものの戦闘シーンも非常に分かりやすく、綺麗に映像も浮かび上がってきて読み応えもとてもあり。


そしてこの物語にあるテーマ性にもとても心惹かれました。


今私達が暮らしている時代や国、生き方そのものが、もしかしたらもしかすると吊られて生きるようになっていないだろうか、もう少し、もうちょっとでも、頭を抱えてでも自分の意思で苦しみながらでも考えてみよう、と思える気付きを与えてくれる素敵な物語でした。


今を生きる全ての人達へ届けば嬉しいなと思います。

登録日:2021/7/29 16:16

更新日:2021/7/29 16:16

問題を報告する

こちらは凛々サイさんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

カクヨムファンタジー

鹿せんべい売りは異世界で通用するのか

こういうレビューが書いてみたい、そんな作品

短編。ネタバレも何も、タイトルがすべてを語っています。実際に「通用するのか?」はさておき、この作品に寄せられたコメントやレビューが本当に秀逸。 こんなレビューが書けたらいいな、と。もちろん鹿せんべい売りには決して喧嘩をうってはならない。

カクヨムファンタジー

ベッドハンティング

よく見たら濁点が一個多かった

 ダンジョンに出没するという未確認の新種モンスターと、それを捕獲せんと奮闘する三人の冒険者の物語。  異世界ファンタジーではありますが、お話の構造としてはちょっとミステリ(日常の謎)っぽい側面もあるかもしれません。  曖昧な噂くらいしか情報のない詳細不明のモンスター、通称「ベッドミミック」。ベッドに擬態した姿でダンジョンに潜み、冒険者を眠りに誘うというその怪物は、しかしどういう生態なのか、一体なぜそんなことをするのか、そもそも本当にいるのか等々、何ひとつはっきりしたことがわかりません。  その曖昧なモンスターを、でもたまたま知り合った三人の冒険者が、生け捕りにしようとダンジョンに臨む。大まかなお話の筋は大体そのような感じで、特に導入を終えたあとの二話目なんかは、探索あり戦闘あり逃走ありと、しっかり冒険らしい冒険を繰り広げてくれます。戦士、探索士、魔法使いと、三人の役割がはっきり分かれていて、それぞれに見合った見せ場があるのも素敵なところ。  個人的には、物語の終わり方というか、最終章の形式が好きです。まさに『報告』という章題の通りの内容。そこまでの二話との落差も相まってか、想像の余地を掻き立てられるような、綺麗な閉め方の作品でした。

カクヨムファンタジー

靴磨きの王 ~聖女が導く異世界統一戦記~

英雄は謳われず、詠われるのよ!(゚∀゚)

英雄とは謳われるものよ。 でも後の世に『創世王』と呼ばれる男は、謳われることなく世界の歴史に現れるの。 人々から見下ろされる足元から、創世王の伝説は詠われるわ。 信じるべき家族に裏切られ、少年は再度の裏切りに日々怯える。 少年は、周囲のほとんどの人間は、気づいていなかった。 気づいたのはほんの一握りの人の上に立たねばならぬ立場の者だけ。 少年の類稀なる人をまとめるという才能を……。 この作品は、とても読者に寄り添う書き方をされているように感じたわ。とても良い意味で読者を選ばないわね。仮にこの作品が初めて読む小説となったならば、その読者は間違いなく読書好きになるでしょうよ。 作者の独りよがりにならない、読者と共に歩んでくれるお薦め作品よ♥。

カクヨムファンタジー

きょうを読むひと

正直、最後はふるえました

 産声を上げるより前に呪いを受けた王女は、常に知識を求め続ける。本、魔法、学問、全てを吸い続けても足りない。空の頭に苦しみ、最後は国民にすがるしかなかった。千差万別の彼らの日常を知り、飢えをしのぐのだ。  王女宛に綴られる日記は、どこまでも等身大だ。出会い、発見、恋模様、別れ、そして死。人を想う王女は刹那のきょうを読む。  ぜひ、同じ日のない王女の日々を一緒に追いかけてほしい。

カクヨムファンタジー

ヴェルナスタ特務局の魔法事件簿

笑いあり、涙あり、苦悩あり、そしてあることを犠牲にして戦う彼らの日常

【簡単なあらすじ】 ジャンル:異世界ファンタジー 水上都市で暮らす主人公は、ある仕事の帰りに怪魚人に襲われた。逃げている途中で自称エライメガネ男に遭遇。何とかしてくれるどころか、謎の丸薬を呑む羽目に。それはあるものを犠牲にし、強くなる薬(?)だった。主人公の運命やいかに⁈ 【物語の始まりは】 主人公の週に一度の楽しみがなにか? から始まっていく。彼は16歳で同年代よりも小柄な少年。造船所の雑用上がりに、屋台で白身魚の揚あげ物を買い食いするのが彼の楽しみだった。そんな彼が、白身魚の揚げ物に一口目にかぶりついたところで、目の前に怪魚人が立っていた。どうやらこの街に出ると噂になっていた怪魚人らしく、海中にさらわれると攫われた人も怪魚人になるという。慌てて逃げだす主人公。果たして無事逃げ切れるのか?! 【舞台や世界観、方向性】 やたらお腹の空く人たちの出てくる物語。三話の時点では、その理由は分からないが、なにか事情がありそうである。(理由は五話で明かされる) この物語には魔法士というものがいる。魔法と言えば呪文や魔法陣などにより、決まった何かを発動したり、召喚したりするイメージだがこの物語では想像こそが力に繋がると言っても過言ではない。(詳しくは作中にて) 【主人公と登場人物について】 白身魚の揚げ物が好きだった16歳の主人公は、怪魚人と戦ったことをきっかけに、しばらく白身魚の揚げ物を見たくない状況に。 怪魚人から逃れようと街中を走っていた主人公が出逢ったのは、自称エライメガネ男。警官のような恰好をしているにも関わらず、主人公と共に逃げていく。どうやら戦うのは自分ではなく部下らしいのだが、その部下に嫌われている模様。話しが進むと明かされていくが、彼を嫌っているのはどうやら直属の部下だけではないようである。 【物語について】 自称えらいメガネ男に謎の薬を渡され、あることを犠牲に強くなった(?)主人公。戦うスタイルは肉弾戦ではない様だ。翌日何とか学校へ行くことはできた主人公だったが、いくら食べてもお腹が減り眠気が収まらない。宿屋である自宅へ帰宅すると、一般常識とはかけ離れた格好をした女性がいた。それは昨日戦闘中に出逢った、自称エライメガネ男の彼を嫌っている部下であった。 彼女曰く、”しっかり食べないと死ぬわよ”。これは一体どういうことなのか?    主人公の身体に起きている異変とは? 局に案内してくれるという彼女について行った先は、ヴェルナスタ特務局、魔法(アルテ)の専門部隊<赤い頭(テスタロッサ)>という所であった。自称エライメガネ男はそこの局長だという。ここで主人公が犠牲にしたあることについて詳しく判明するのである。脳を支配されてしまった主人公。これは天国なのか? 地獄なのか⁈ 【良い点(箇条書き)】 ・お腹がすく理由が分かると、思わず”食べないと死ぬわよ!”と言っていたアーティスティックスイミング(元シンクロ)を思い出し、同じ運動力(消費エネルギー量)なのかと想像した。 ・自分自身が戦うスタイルではないというのは観たことがあるが、自分の理想や煩悩が形になるスタイルは面白く、その原理に納得。 ・初めはどうなることと思っていたが、主人公と先輩の間で信頼関係が築かれていく様子が良いなと感じた。 ・二章では友人の視点から語られていくが、年相応らしい、無力な自分自身や周りへの葛藤が手に取るように分かり、辛いなと感じた。 ・一章を読んでいる時は笑い主体の物語だという印象であったが、人はそれぞれ抱えているものがあり、主人公だけでなく別な人物にもスポットをあてているのがとても良いと感じた。 【備考(補足)】17ページまで拝読。 【見どころ】 一章では、主人公と戦闘で主人公の相棒になる人物(?)、そして先輩がメインになっている。その中で、戦いの仕組みや組織のシステム、国のことなど世界観についてわかって来る。二章になると、友人の視点から主人公の人物像が更に詳しく明かされ、友人の抱えていることも明らかになる。 人とはどんなに仲が良くても、本心が見抜けるわけではない。友人が主人公に対しどんな感情を持っているのか、どんなことを抱えているのか、それは友人の視点でないと分からないと思う。 他人の芝生は青いと言うが、主人公に対し憧れや嫉妬心を抱いてしまう友人は、主人公の大変さは知らない。知らないからこその疎外感もあるだろう。視点の切り替えにより、そういうものを表現できるのは凄いなと感じた。二章のあらすじを読むと、この友人は利用されてしまうことが分かる。そして、どうやら一話での敵が仲間になるようだ。この先の展開は読了部分の時点では分らないが、友人が自分自身の抱えているものとどう向き合い、乗り越えていくのかも見どころの一つだと思われる。 あなたもお手に取られてみてはいかがでしょうか?  この先彼らがどんな怪人に出逢い、また成長していくのか。その目で是非、確かめてみてくださいね。おススメです。

本棚

作品へ

ログイン

新規登録