レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

正史の悪魔

作品詳細
心理学部准教授になれた「僕」は、自身の研究で「悪魔を生み出せないか?」と考える。人間の人格や行動に影響を与えるのは「状況や環境」であるという立場に立ち、人為的に「悪魔のような行動をとる人間」を作れないかという実験を企画したのだ。 「この中に『犯人』がいます。『犯人』はあなたたちを殺します……『犯人』を捜してください。そして、生き残ってください」 そんな条件下始まった実験。もちろん「殺す」とはゲームから離脱するだけのことだが、多額の報酬が絡んだ実験は白熱する。 ――果たして、誰が、「悪魔」になるのか?  これは、「悪魔」を生み出そうとした男の物語。 ※ 当サイトに載せられている文章の著作権は全て飯田太朗に属します。

悪魔が怖い、深淵はそこにある

5.0
0

 「乱歩のまなざし」に続く二作目なので、時系列・登場人物的にはこちらを後に読むのがおすすめです。ただ人物相関は複雑ではないので、先に読んでも問題はなさそう。


 「乱歩のまなざし」は文学物に見えて心理学重視のように感じたのですが、今作は心理学に見えて文学的です。

 心理学の実験風景を、「僕」と共に体感する感じなのですが、どんどん闇が深まって、狂喜乱舞する悪魔が見える、ゾッとする光景が文章により表現されており、とんでもないです。

 「乱歩のまなざし」の方は、”乱歩っぽい”、どことなく気味が悪いような?という感じの雰囲気が漂っていましたが、こちらは”正史っぽい”、人間が一番怖い、という雰囲気が漂っており。


 横溝正史の”悪魔が来りて笛を吹く”から「僕」は実験内容の着想を得るという話ですが、そちらの作品を読んでなくてもわかる内容です。

 悪魔を作る事は出来るか?という実験に、興味本位に付き合っている気分で読んでいたので、最後の数話は悶絶しました。



 名木橋、ありがとう!もうこの感想しかない。

 最悪になりかけた読後感から私を救ってくれてありがとう・・・!

 ほんと救世主。

MACKさん

登録日:2021/8/4 06:12

更新日:2021/8/4 06:12

問題を報告する

こちらはMACKさん が読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

コメント

※コメント機能はユーザーのみ利用できます。

MACKさんの他のレビュー
カクヨムファンタジー2万文字以下

12月25日、午前零時の領空権

作/スキマ参魚

重い内容を含むのに、そのすべてを吹き飛ばすパワー系

 短編ですが、ものすごく色々な要素が詰め込まれています。  少年の過去が哀しく重い…。クリスマス+サンタクロースが幸せモチーフのように描かれるイメージは粉砕されました。  ただ、描かれている重い内容も、一緒に粉砕されるという。読後感がよく、とても痛快です。  とにかく、空中で繰り広げられる熱いバトルに刮目せよ!という内容でもあります。

5.0
MACK
カクヨムファンタジー10万文字以上

奴隷屋の日常

作/坂牧 祀

善や悪というカテゴリを持たない主人公の物語

 作品タイトルからわかる通り、主人公は奴隷屋。奴隷を売買するという商売をしている青年シリウス。その相棒ともいえるライファットと共に過ごす日常や、過去の出来事のエピソードが綴られた物語です。  奴隷の売買をする奴なんて、ろくでもないのではと思いきや、彼は善人でも悪人でもないです。  奴隷の生活環境を良くしてこそ商品としての価値は高まり、客ともwinwinという理念で、奴隷を商品として丁寧に扱うし、銃や剣に名前を付けて大切にする。物と人に対するベクトルが同じなのかな?という部分も。  「身内」と呼べる相手以外に対しては、物であっても人であっても、大事にすべきものは大事にするし、いらなくなったら捨てるというクールでドライとも言える部分もあり、こういう性格の主人公であることが、とにかく他に類を見ない気がします。  だからといってどっちつかずという訳でもなく、中庸というわけでもない。掴みどころがあるような、ないような。でも裏表がない、なんとも気持ちの良いキャラクターといった感じで。このシリウスという男を知るためだけでも、読む価値あり。  ライファットとのバディ感あるやり取りも小気味よいです。  日常といっても、事件が皆無なわけではなく、ほんわかするものから手に汗握るような色々なエピソードがあり、その物語ごとにキャラと世界観が深まっていき、気付けば最新話を心待ちにしてしまうという作品です。

5.0
MACK
カクヨムミステリー10万文字以下

乱歩のまなざし

作/飯田太朗

乱歩を読んでなくても大丈夫

 タイトルにもあったので、乱歩作品を読んでいないとわからないかもという不安がありましたが、未読でも全く問題なし!という事を、まず。  もしそれを気にして読んでいない方がいらっしゃったら、ご安心下さい。私は少年探偵団のシリーズしか読んでないけど、大丈夫でした。  「私」視点の、「私」の物語。  女子大生の、リアリティある心情と、学生生活、人間関係。  ジャンルはミステリーになっているけど、人間ドラマに感じられました。「私」のドラマ。    文学の話かと思いきや、心理学についての内容が濃密で、読み終えると色々な知見が得られている点も一読をお勧めできる部分ですが、これら一見、難しそうで尻込みしてしまう要素に見えて、それが面白さに転換されているという。  作者の文体、構成、表現が秀逸。馴染のない理論や用語がわかる、すらすらと。  最初は軽く読もうと思って、まず各話の最初の二行、最後の二行だけを見たのですが、その間が読みたくて仕方なくなりまして。  全部読みたい。    この引力をどう表現したらいいのか。  難しそうで、自分に合わないかも?と思われるなら、まず私と同様に最初と最後の二行を読んでみて欲しいです。間違いなく、全文読みたくなります。 「私」のキャラも、准教授の名木橋のキャラも、とても印象と記憶に残る人物像で、各話でいろいろと、心揺さぶられます。最初に人間ドラマと書きましたが、強いてミステリー感を感じたのは名木橋という人物ですね。カッコイイけど、存在が何気に謎めいているというか……。  熱く感想を語れる要素が多いので、この作品レビューを書く人は、自然と長文になる点でも、色々とお察しください。

5.0
MACK

おすすめレビュー

彼ぴっぴしゅきしゅきビーム殺人事件

なぜなら恋はいつだってラビリンス、迷宮入りするものですからね

ある民家で起きた凶行。 凶器に用いられたのは、彼ぴっぴしゅきしゅきビームだった――。 読んでみたら分かる、文才の無駄遣いと胡乱さ加減。 短編ながら、これは名作です。

引きこもり探偵

探偵の新しい在りし姿

探偵に「事件が起きるから外出しないで」とはミステリーに於いて本末転倒であり、しかし最も理にかなっていると言える。 当作品はそんな『メタ』的な事象の詰め合わせであり、しかしきちんと『探偵小説』なのである。 頭を悩ませうんうん唸ることに疲れていませんか? 当作品はそんなお疲れをそっと癒す効果もあるみたいです。 チョコバットかビックリマンチョコを傍に持ってきて、ね、じゃあ文時先生のところへお邪魔してみませんか? 素敵な回文も待っていますし。ね。

安楽庵探偵事務所 〜尋ね人は異世界です。〜

独特のリズムと作風に、オリジナル要素と異世界をモチーフにした物語。

【物語のあらすじ】 新宿のとある雑居ビルにある探偵事務所には三か月に一度しか依頼人が来ない。そこには三つ理由がある。看板はなく、広告は出しているものの三か月に一度しか刊行されていないオカルト雑誌。そしてその内容にも問題があったのである。問題だらけの広告とちょっと変わった尋ね人を探す探偵事務所。 果たしてどんな依頼人がやって来るのだろうか? 【登場人物について】 安楽庵探偵事務所の助手は、お酢が好きなようである。 占い館の館長兼探偵事務所の所長は、絶世の美女ではあるがモテない。その理由は60個あるらしい。その他、異世界へ向かう人物などがいる。 【良い点(箇条書き)】 ・一定のパターンのある物語なのかと思いきや、五話で意外な展開となる。 ・依頼人がほとんど訪れない理由は、冒頭で分かるがそれ以外にも理由がある。その部分を知ると、なるほど! と思う。 ・異世界転生を、上手くモチーフとして取り入れた物語である。 ・作風とリズムが独特である。 ・異世界転生後の世界を舞台にしている物語は沢山あるが、異世界転生でいなくなった後の世界が舞台というのは面白いなと感じた。 ・登場人物が個性的である。 【物語の感想】 料理というものが物語にどのような形で関わって来るのだろうか? 初めは全く想像がつかなかったが、こういう使い方があるのだなと感じた。巧く異世界を取り入れた物語であり、発想も面白いと思った。 登場人物についての詳しいプロフィールがあるのも面白い部分。それぞれ副業があるのだろうか? 時々何を言っているのか、ちょっとわからないところも味だと感じる。 とても面白い物語だなと感じた。 *7話まで拝読 【物語全体の見どころ】 独特なリズムのある作品。同じ流れで物語は始まっていく。後半がそれぞれ違っていくスタイル。詩などでよく使われる反復法が物語全体に使われており、その独特なスタイルがリズムを生んでいる。 異世界転生を巧く取り入れた物語である。通常、異世界転生ものというと、異世界に転生した側が舞台である。それは異世界転生者が主人公なこともあれば、それを取り巻く人物や敵などが主人公である場合が多く、現代が舞台になるのは稀だ。 独自のテンプレートにより物語が進んでいく印象。そして独特の切り口で、依頼人の心を浄化していく物語だと感じた。 あなたもお手に取られてみてはいかがでしょうか? お奨めです。

ミステリー好きの悪役令嬢は好奇心を抑えられない

悪役令嬢ものであることを活かしたミステリー!是非あなたも。

【簡単なあらすじ】 前世の記憶を持ったミステリー好きの主人公は、現実世界から異世界へと転生。その記憶が元で王家の者と婚約することとなったが、ある日自分自身が事件が起きて?  【物語の始まりは】 前世の記憶を持ち、現実世界から魔法の存在する世界に産まれ育った主人公。彼女の一族がどんな人々なのか、説明されていくところから始まっていく。前世日本人でありそのころの記憶が役立ち、その事から第二王子と婚約が決まった主人公。何と彼女は大のミステリー好きだったのである。 前世ではお目にかかることはなかったが、王族の周りではリアルな事件が起こっていたいた。事件には、首を突っ込むようなことはしなかった彼女だったが、ある日事件が自分にも降りかってきて!? 【舞台や世界観、方向性】 前世は現実世界の日本で暮らしていた女性が主人公。現世では、魔法や魔道具などが存在する世界が舞台。その中でも主人公の生まれ育った一族は、国内外からも一目置かれている。何故なら次々と魔道具を産み出すような、好奇心や研究心を持つ者を多く輩出しているからである。 前世の記憶を持つことが物語に影響を与えてることから、必然性を持たせた設定であると感じた。 タイトルからも分かるように、この物語はどうやら異世界転生ものではないようだ。どんな世界なのかは、主人公の推理(一言)によって明かされているので、実際に読まれていただきたい。 【主人公と登場人物について】 ミステリー好きの公爵家の令嬢が主人公。とても聡明で機を待つタイプだと感じた。ちゃんと土台を固め着実に成功に導く。だからこそ面白い展開が待ち受けており、スカッとする部分もある。しかし物語は、主人公の想い通りになるというわけでもない。何があるか分からない、正に人生そのもの。 全体的に、きちんとした目的があり人々が動いている。なので、誰が敵で誰が味方なのかもわからないスリルがある。なぜそんな行動をしたのかも、きちんと納得のいく理由があり、身内ビイキのようなものもなく推理モノとして凄くすっきりとした終わり方だと感じた。(第一の事件より) 【物語について】 悪役令嬢ものは婚約破棄などをして自由を手に入れたり、死を回避したりなどのストーリーが多いと思われるが、この物語はミステリーである。面白い方向性の物語だと感じた。モノローグでの状況説明などが説明スタイルではなく推理なことから、主人公が普段から推理することが好きなのだということが伝わって来る。 探偵というのは、頭がいいものだ。しかしその頭の良さは、言葉だけでは示せない。それは映像か文字かはあまり関係ない。彼女はかなり聡明。頭の良さとは、言動から感じるものだと思う。主人公はとても冷静に自分の置かれている立場などを考え、行動をしている。落ち着いているのである。その事が物語をより面白くしていると感じた。 【良い点(箇条書き)】 ・家族からの愛されかたに涙。 ・家族が全面的に協力するスタイルというのは、あまり見たことがなく面白くなりそうだ! とワクワクする。 ・主人公の聡明さが、言動から伝わってくる。 ・悪役令嬢ものというとヒロインがとても良い子で、というものが多い。この物語はとても作り込んであると感じた。 ・事件自体も簡単には終わらない。 ・推理の過程、情報収集についても面白い。 ・主人公が一方的に不幸になる物語でも、一歩的に良い想いをする物語でもなく、ヒューマンドラマであると感じた。 【備考】8話まで読了 【見どころ】 とても変わった組み合わせだなという感想から入る物語である。探せばあるのかも知れないが”悪役令嬢ものとミステリー”という組み合わせに自分は、初めて出逢った。これが例えば、ただのミステリーであったなら、全く違うものとなっていると思う。つまり、悪役令嬢ものであることが活かされた物語であると感じた。この設定だからこそ、この物語は魅力を最大限に発揮していると思う。特に悪役令嬢ものというのは多く存在しており、その為先入観もあると思う。そうなると、あっと驚かせることは可のだと思う。先入観があるからこその意外性や読者を攪乱させる(推理を)テクニック。とても素晴らしいと感じた。そして第一の事件の解決までの鮮やかさは、主人公の聡明さを際立たせている。だがこの事件はここでは終わらないのだ。 果たして事件の真相とは? その目で是非確かめてみてくださいね! お奨めです。

おばあちゃんの落とし物

「落とし物」は、なんですか?

 高齢化の進む郊外の田舎町、派手な事件も滅多に起こらない町の交番に勤務する警官の〈僕〉のもとに、ふらりと吉岡のおばあちゃんが「落とし物」をした、とやって来る。吉岡のおばあちゃんはこの町に住む独居老人の一人で、少し痴呆が出ていて、だけど足取りはしっかりしている、そんな彼女の姿がどことなく自身の祖母に似ている気がして、〈僕〉が他の人より気に掛けている住人だった。特に心当たりもなかった〈僕〉に「落とし物が届けられたら、教えて下さい」と吉岡のおばあちゃんは帰っていき、それから日も待たない内に彼女はまた「落とし物」が来ていないか、と尋ねにきて、それ以降は毎日のように今度は落とし物があったと軍手を拾って(それも毎回)、自分の「落とし物」がなかったか、と交番を訪れるようになる。彼女の「落とし物」って何だろう……、本当に「落とし物」なんてしたのかな……、そんな不思議な日が一週間くらい続いた頃、〈僕〉たちの交番に、強盗事件の捜査で県警の人がやって来て……、というのが物語の導入。  ネタバレフィルタは付けましたが、事前情報を持たずに読んだほうが楽しめるタイプの作品だと思いますので、ぜひ作品のほうをまず読んでいただければ、と思います。  いつまでも纏わり続ける恐怖というものがあります。  どれだけ忘れようと努めても、忘れた気になっていても、片隅には残って消えないままの記憶が、ふいによみがえる。本作の登場人物が恐れる過去と同じ経験した者でなくても(すくなくともこれを読んでいるひとの中にはいない、と思います。……えっ、いないよね……)、恐れる過去、忘れたつもりにしている記憶を抱えた者は多いでしょう。そんなひとの心の触れて欲しくない部分に触れるように、他人事ができず自分事となっていく、そんな感情自体はどこにでもある、身近な、とても怖い物語だ、と思いました。結末には寂寥感が余韻として残る、ほのかな幻想味もあって、個人的な嗜好も含めてとても好きな作品です。

本棚

作品へ

ログイン

新規登録

通知

こちらはユーザー用の機能です。

一覧
to_top