レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

引きこもり探偵

作品詳細
日本政府が大マジにそんな実験をやり始めた。対象になったのは、名探偵起戸見文時。その引きこもりをサポートするのは国家公務員の編砂澄亜。セオリーが辿り着いた「正解」を果たして二人は受け入れるのか。 完結いたしましたので、下記URLにてあとがきを公開しております。 https://kakuyomu.jp/works/1177354054889340055/episodes/1177354054889910550

探偵の新しい在りし姿

5.0
0

探偵に「事件が起きるから外出しないで」とはミステリーに於いて本末転倒であり、しかし最も理にかなっていると言える。

当作品はそんな『メタ』的な事象の詰め合わせであり、しかしきちんと『探偵小説』なのである。


頭を悩ませうんうん唸ることに疲れていませんか?

当作品はそんなお疲れをそっと癒す効果もあるみたいです。

チョコバットかビックリマンチョコを傍に持ってきて、ね、じゃあ文時先生のところへお邪魔してみませんか?

素敵な回文も待っていますし。ね。

佑佳《なつ色のふみ販売中》さん

登録日:2021/8/6 23:29

更新日:2021/8/6 23:29

問題を報告する

こちらは佑佳《なつ色のふみ販売中》さん が読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

佑佳《なつ色のふみ販売中》さんの他のレビュー

おすすめレビュー

壁尻殺人事件

この天才的な変態大学教授に付いて来られますか?

こちらは簡単に言うと頭のいい心理学者変態男が狂気的な殺人事件を解決するお話です。 冒頭から思った以上の性の描写力にまず驚き、作家さまの力量と知識量に驚かされます。 このお話を読んで、様々な性に対する知識が身に付き、いい意味で色々と考えさせられてしまいました。 みんなが伏せてしまいたいような様々な性癖や思い、葛藤などがすっごく細かく書かれており、圧巻です。 3話しかありませんが、1話の内容がかなり濃く、短編とは思えない深さで描かれています。 内容もかなり読みやすくすっと頭に入ってきます。 かなりリアルな性描写と変態プレイが描かれているため、それが大丈夫な方であればもうめちゃくちゃに面白く、笑えて、謎解きもあり、主人公の稲村先生の魅力に必ずハマってしまうと思います。 こんなお話を書ける作者さまが稲村先生並みに天才だとすっごく思います。 あまり知らない世界を覗いてみたい、刺激的な物語を求めている方にぜひおすすめです!!

誰か来た

他人のものを盗むことと、別のものの姿を借りること

 仕事もせずに引き篭もってゲームをしていたら、留守宅と勘違いされて泥棒に入られてしまった人のお話。  シンプルながら鋭い切れ味の、ホラーあるいは現代ドラマです。ジャンル通りミステリでもありますが、いわゆる謎解きや推理もの的な意味でのそれではありません。個人的にはホラー感が強いというか、ホラーだったらいいなと読後に思いました。終盤のこう、なんだかゾッとするような重たい怖さが印象的だったので。  ピンチから始まり、手に汗握る場面の続く前半から、一転して落ち着いた雰囲気の後半へ。動きの多かったはずの前半が溜めとして効いて、静かな後半の方がどうしてか怒涛の展開に見えるという、あるいはそう見えるほどのその『内容』が好きです。主人公の抱えているもの、文章越しに吐き出されるもの。お話そのものが浮き彫りにせんとする主題の部分がとても強く、かつ大胆に切り込んでくる感じがたまりません。一番大事な芯の部分を、真っ直ぐ叩きつけられるような感覚。「これは何の物語なのか」という問いがはっきりしているお話は、やはりそれだけで魅力的なものだと思います。

正史の悪魔

悪魔が怖い、深淵はそこにある

 「乱歩のまなざし」に続く二作目なので、時系列・登場人物的にはこちらを後に読むのがおすすめです。ただ人物相関は複雑ではないので、先に読んでも問題はなさそう。  「乱歩のまなざし」は文学物に見えて心理学重視のように感じたのですが、今作は心理学に見えて文学的です。  心理学の実験風景を、「僕」と共に体感する感じなのですが、どんどん闇が深まって、狂喜乱舞する悪魔が見える、ゾッとする光景が文章により表現されており、とんでもないです。  「乱歩のまなざし」の方は、”乱歩っぽい”、どことなく気味が悪いような?という感じの雰囲気が漂っていましたが、こちらは”正史っぽい”、人間が一番怖い、という雰囲気が漂っており。  横溝正史の”悪魔が来りて笛を吹く”から「僕」は実験内容の着想を得るという話ですが、そちらの作品を読んでなくてもわかる内容です。  悪魔を作る事は出来るか?という実験に、興味本位に付き合っている気分で読んでいたので、最後の数話は悶絶しました。  名木橋、ありがとう!もうこの感想しかない。  最悪になりかけた読後感から私を救ってくれてありがとう・・・!  ほんと救世主。

えっちゃんへ

こんな怖いもの読んだことない

多分今までweb小説は1500作くらい読んでますが、こんな怖い作品読んだことがありません。 お化けも幽霊も出てこない、ただ、1通の手紙。 続きを読んではいけないと激しく思うのに、手が止まりません。 前情報は少ない方がいいので、少しでも気になった方は是非。

ぼくの偽札騒動記

偽札騒動の意外な顛末は……?

 高校入学前の春休みにアルバイトとして、隣り街に住む老婦人の家で引っ越しの手伝いをしていた〈ぼく〉は、手伝いの謝礼としておばあさんから受け取った一万円を貯金しようと、銀行のATMの入金を試みるが、何度やってもはじかれて戻ってきてしまう……。その時に、ようやく〈ぼく〉はそのお札が本物と違っていることに気付く。  ということで、ここからがネタバレ込みの感想ですが、まだ読んでいない方は、ぜひ作品のページに進んでくださいね。  本作は親切そうなおばあさんに騙されたと思い込んで、もやもやとした気持ちを抱えた少年が、世の中の昏さ、現実の厳しさを知る……という物語ではもちろんなくて、隣人のおじさんと出会ったことによって、それが現在の一万円ではなく、〈旧札〉だったと〈ぼく〉は知ることになります。明記されている時代背景を考えると、福沢諭吉の旧札を〈ぼく〉は眺めていたのでしょう。  そう、ここで読者は本作がほっこりとした、日常の謎系統の作品だった、と知る、  ……というわけでもなく、  実はこの作品、ここからはもうひとつ新たな展開が用意されています。一万円札を新札と交換してくれたおじさんに感謝しながら家まで帰った〈ぼく〉には知る由のないことですが、実はおじさんは骨董品収集が趣味でそのお札がプレミア価値の付くものだと気付いて、親切ではなく下心からお札を交換していたわけです。自身の儲けのために少年に嘘を吐いたおじさんは天下の大悪人ではないですが、小悪党というか、小狡い印象を抱いてしまう人物で、そんなおじさんに天罰が下るように意外な事件の存在が浮かび上がってきます。  そんな本作はユニークで、穏やかな読み心地の中に、甘さだけではない、苦味を混ぜたような良質さがあります。

本棚

作品へ

ログイン

新規登録

通知

こちらはユーザー用の機能です。

一覧
to_top