ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

crazy'[email protected]レビュー&作品紹介師さんのレビュー

友好の象徴となるはずの彼らが齎すのは、平和か……それとも?

5.0
0

【物語は】

プロローグは、エリカ視点から始まる。大好きな婚約者のお別れパーティで、自分だけが悲しい想いをする羽目に。それが誤解であるとも知らぬまま、ある人物の悪戯によって更に酷い結果となってしまう。エリカと婚約者は喧嘩別れしたまま、7年の月日を過ごすことになるのだ。

これは憶測に過ぎないが。エリカが誤解をしてしまった要因の一つには、彼と自分では釣り合いが取れないと思っているという理由があるのではないだろうか。彼女は自分自身に自信が持てないように感じる。

この不穏な始まりが今後、物語にどのように関わってくるのだろう。


【世界観について】

本編に入ると7年後、現在となる。

彼女が受けている授業によって、この世界がどんな状況なのか分かって来る。

この世界では、人間と吸血鬼が暮らしている。両者は決して仲が良いとは言えない。100年前にやっと共存という形で歩き出したが、そのいがみ合いは未だ変わらず、人間側と吸血鬼側共に”過激派”が存在している。


そして、この世界には様々な術が存在する。中でも、変身術というのは貴重らしい。術はこの物語に、どのような影響を与えるのだろうか?


【恋人の帰省により、変化する日常】

人間と吸血鬼の間で結ばれた和平協定。それに伴い建立されたのが、両種族が共に学ぶ学院である。それは友情を誓う、証のようなモノであった。しかしながら、人間と吸血鬼ではカリキュラムが別であり、それを受ける場所も分断されている。 (別の場所で受講する)

これは、どういうことなのだろうか。友好が表向きのものなのか、それとも何らかの理由があり分けられているのか。この辺については、後に分かって来るのではないかと思う。


この物語は単なる、いがみ合う異種族間による恋愛物語ではない。例えば、親世代が仲が悪いからと言って、子世代も仲が悪いとは限らない。もしかしたら、”いがみ合う異種族間に友情が芽生える可能性を秘めた物語”でもあるのではないだろうかと感じた。


エリカは7年間、いろんな想いを抱えていたに違いない。しかし、婚約者であり自分を傷つけた彼は、その事について詫びようとさえしない。自分と相手との想いの差に傷ついたまま、彼女は事件へと巻き込まれていくこととなる。


【物語・登場人物の魅力】

エリカの婚約者であり、吸血鬼であるキイチは、7年前は”優しい”と形容されていた。しかし、7年後の彼は余裕があり、いささか意地悪に思える部分もある。だが話を読み進めていくと、不器用なのではないかと感じるのだ。他人の悪戯により、産んでしまった誤解ではあるが、それを引きずっている彼女に対し、上手く接することが出来ていない。彼女が求めているものを理解できず、力で何とかしようとしているようにも感じる。しかしそれは、彼の不器用さなのかもしれない。


【物語のみどころ】

この物語は前述したように、単なるいがみ合う異種族間の恋愛物語ではない。

世界観設定がしっかりしており、この世界の中での常識を逸脱した事件が起きる。その事によりミステリー要素が産まれ、物語に厚みを出している。


そしてもちろん主役の二人である、エリカとキイチの関係や、やり取りも魅力の一つ。過去のことで心がすれ違ってしまっていた二人。彼らは希望でもあったが、過激派にとっては裏切り者ないし、敵である。

恐らく、二人が助け合わなくては乗り越えられないことが起きるであろう。狙われた理由が徐々に明らかになり、敵の正体も分かって来ると思われる。謎の部分も多い為、とても惹き込まれる物語である。


あなたもお手に取られてみませんか?

二人の行く末を、人間と吸血鬼の戦いの結末をその目で確かめてみてくださいね。おすすめです。

登録日:2021/8/8 13:55

更新日:2021/8/8 13:55

問題を報告する

こちらはcrazy'[email protected]レビュー&作品紹介師さんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

エブリスタ恋愛短編完結

夕立と東の魔女【短編】

梅雨のある日、夕立ちに見舞われた男が雨宿りのために辻占へと足を運んだ。占いには興味もないが、1人で居たくない気分だったからだ。 そんな男と占い師の何気ない会話の中に物語の伏線が潜んでいたり、一見穏やかそうな男の意地っ張りな性格が見て取れたりと、短編でありながら大変味わい深い作風です。 起承転結の転の部分では、占い師の真の姿が見え、ワクワクと期待させるものがありました。 男のソワソワした様子も伝わり、最後に走り出して行く姿が見えるよう。読後感も良いお話でした。

カクヨム恋愛連載:3話完結

ハッピーエンドの後日談

フィクションだったらゴールになるはずの地点

 念願叶って憧れの女子と付き合うことになった男子高校生が、でもその三ヶ月後にあっさり振られ、やり場のない気持ちを抱えて右往左往するお話。  コメディです。初々しくも苦々しい青春の失敗をコミカルに描いた物語。身も蓋もない言い方をしてしまうなら「フラれ男の悲哀」のような、わりとどうしようもない自家中毒についてのお話です。したがって必然的に、といっていいのか、主人公がひたすら青臭く、なにより結構ポンコツなところが素敵でした。まさに青春。  実質的に出オチしている導入が好きです。というか、それを可能にしてしまう主人公の人格そのものがすごい。憧れの相手と付き合い始めることを、『ハッピーエンド』と事実上のゴールとして捉えているところ。詳細はわからないため一概には言えないといっても、でも順当に考えたらそりゃそうなりますよね普通——と、皆まで言わずとも伝わってしまう、冒頭二行のこの説得力。初手から剥き出しにされるキャラクター性。いやこれだけならまあ幼さの範疇と言えるのですけど、でも「だけ」で済もうはずもなく……他にもあげたらキリがないというか、細部からバリバリ伝わる「いや逆によく三ヶ月も保ちましたねお前?」感。  例えば最初の一話だけでも結構露骨で、そして二話三話はもう言うに及ばず。というか、どんどん加速します。ううー若い! いや若さとかの問題なのかこれは!? 主人公の人物造形がなんとも絶妙で、なんだか自分のなかの何かをめちゃめちゃに煽られたような気分です。  もうすっかりやられたというかいろいろガッタガタにされたというか、見た目以上に質量のある青春物語でした。

カクヨム恋愛短編完結

みひつのこい

ホギャァァァーーーーッ!(※情緒を破壊され尽くしたので叫ぶしかない)

 どうやら他に本命の彼女がいる男性と、その彼と浮気な肉体関係を持っているっぽい女性の、なんか惑いや迷いや足踏みのお話。  まあ、その、もう、こう、アレです。叫びました。だってこれ、この、ああもうこの! いや本当これ読んでもらえれば絶対わかってもらえるというか、むしろ読み終えたらみんな間違いなくこうなってるはずっていうか、完膚なきまでに情緒をめちゃくちゃにされました。なんてことするの……。  さすがに内容に触れずにこのお話について書くのは難しいので、以下は思いっきりネタバレ、というかお話の核心部分に言及しています。  やっぱり一番凶悪だったのは最後の最後なのですけれど、でもそれもそこまでの積み重ねがあってこそのこと。というか、滑り出しからしてもう結構なパワープレイです。ラブホテルという要素のインパクトもあるのですが、「確か〜〜だったと思う」と露骨にこちらの興味を引きつけ、その上での「でも、結局私は〜〜」。この時点ですでに全体の軸となる〝未必の故意〟が出てきており、さらには「それがはじまり」と結ばれる導入部。  ここまでの情報量だけですでに凄まじいことになっているというか、前提や設定の全体象みたいなものが、ほとんどあやまたず理解できてしまう。それどころかこれが「はじまり」ということは、つまり「次」や「次の次」があると予告されているも同然なわけで、そしてまさにその「次」の話に乗っける形で、どんどん解像度を増してゆく状況の面白さ。  一切の隙がなくまた非の打ちどころもなく、ただとにかく「なんかヤバイのが来た」と震えるしかありませんでした。なにこの反則みたいな釣り込み方。読み手に「なんのこと?」とか「お、どうなるの?」と思わせるような、気にさせるポイントっていうか餌のぶら下げ方がうまく、しかもその「気になる」を追ってるだけで説明が完了してるんですよ。なにこれ。なんかヤバイの来た。みんなにげて!  というわけで、ここからはこの物語の幕切れについて個人的な悲鳴をあげまくりたいのですけれど、いやもう嘘でしょこんなのってあります? さっき上の方で「完膚なきまで」という語を使いましたが、でもこの主人公の至った結末、これほど完膚なきまでに「完膚なきまで」してるお話は生まれて初めて見ました。  いやまあ、ある意味じゃそりゃ自業自得っていうか、この主人公だってまったく褒められたものではないのですけれど。むしろ客観的には結構最悪な女で、どうしようもない奈落に自分からハマってなお言い訳してるような絶妙な無能感はあるものの、でも全部許します。許しました。これを許さないはずがない、だって共感というか感情移入というか、この人は完全に私自身なので。  未必の故意。賢しくも故意だと自覚した風でいるくせに、まだ心のどこかでそれが犯罪成立要件にはならないと思ってるかのようなこの甘ったれ具合。ほらね私です。そしてこういうのは私のことだと思えば、即座に徳政令を発してなかったことにできるもので、特にこの場合は男の方もひどいから責任転嫁が簡単というのもあって、遅くとも中盤くらいにはほぼ「いいぞやっちまえ」というスタンスで読んでいました。  なにをやっちまうかはほぼ読んだまま、せめて一矢報いる、というかほとんど八つ当たりのような。自爆テロ。まずろくなことにはならないとはわかっているけど、でももう何だっていいからとにかくひどいことになれ的な。いやその結果どうなるかなんて考えてないというか、絶対一番痛い目見て泣くのは私なんですけど、そんなのそうなるまで見なければいいだけの話なので。なってから泣こう。大声で、誰かがなんとか後片付けしてくれるまで。ひたすら。  ——という、そのつもりがまさかのこの結末。  まさかこんな、だって、いや嘘でしょここまで完膚なきまでに負けるか普通? という。  いやええわかりますよ、確かにこうなるしかないんです、実際それくらい差があるのは最初からわかって——いやわかってはいなかったですけど、むしろこの物語の流れなら行けると甘く見積もってましたけれど、でもわからされました。  いや後から読み返せばそうなんですよ、向こうふたりはもそもそも住む層が違う。でも、だからってここまで、こう……ひとかけらの手心さえないというか、最後一行とかもう悪魔かと思いました。あまりにもあんまりなその一文を、ただそれだけなら無理矢理耳を塞いで「はい見えなーい私なんも見ませんでしたー」と突っぱねることもできたものを、でもうっわあこれきっちり伏線(とは違うかも? でも予告済)張ってあるじゃないですかァァァ! とまあ、いや本当それ気づいた瞬間もうダメだと思いました。死んだ。こんなの情緒がもつわけない。未必的っていうか確定的殺意では?  やられました。メタメタに、もう感想も解説も言えなくなるほどに。実際悲鳴しかあげてないのはご覧の通りで、大変申し訳ない文章ではあるのですが、でも『ひとりの人間をこうしてしまった作品』ということの証拠として書きました。最高でした。とても面白かったです。

カクヨム恋愛連載:6話完結

家出娘と死にたがり

何をしているの? 誰を待ってるの?

冷たい雪の夜の片隅。 それまでの居場所から飛び出した少女はそこでうずくまり、ぼう、と人波に目をやっている。 通り過ぎ行く人々に、多様な幸せの暖かみと色とかたちを感じ取りながら、微睡まんとする瞼を持ち上げつつ彼女は何を思い馳せるか。 何をしているんだろう。 どうなりたいんだろう。 誰を待ってるのだろう。 人外が多種多様に目の前を横切る様も、脳内には非常に嬉しい映像です。 断片、導入、派生そして個としても成る当作品は、短いながらも『想う気持ち』がふんだんに詰められています。 寒く凍える手にその吐息を吹くように、そっとページを開いてみませんか。

アルファポリス恋愛連載:9話完結

君に会いたい

遠距離恋愛だから気づくこともある。大切な人を想う物語。

★どんなことをテーマにした作品なのか? リアルな遠距離恋愛を描いた短編集。 【遠距離恋愛とは?】 恋人同士の居住地の物理的距離が離れた状態での恋愛関係をいう。どの程度の距離が「遠距離」にあたるかという具体的な定義は存在しない。(Wikipedia調べ)日本では、12月21日を「遠距離恋愛の日」としている。 ボッサードの法則というのがあり、男女間の物理的な距離が近いほど心理的な距離は狭まる時うものであり、物理的な距離が遠いほど結婚に至る可能性は低くなるらしい。この物語では、会いたくても会えない切なさを描いた作品なのだろうと想像する。 【どんな物語なのか?】 旅が好きだと言って彼が、一年前にここではない何処かに行ってしまい主人公は彼のことを思い出していた。写真やメッセージや彼の好きだった歌などを聴きながら。主人公は彼とは恋人同士であり、ある約束を信じ彼を待っているようだ。春から始まっていくようだが、果たして彼とどんなラストを迎えるのだろうか? 【好きな所や印象に残ったところなど】 ・主人公が今の関係が変わらないものであるのか? 相手の気持ちが変わらないものであるのか不安に感じているところ。遠距離恋愛の続くタイプと続かないタイプは、信頼関係ではなくマメな連絡なのだろうなと感じる。マメな連絡があるからこそ、安心していられるのだろう。 ・募っていく想いに切なさを感じる。脳に男女の差はないとは言うが、やはり男女では考え方が違うのだろうか? 単に性格の違いなのだろうか。あたらめて恋愛について考えさせられる。 ・離れていると、いろんな出来事を見て思い出してしまうというのが切ないし、共感が持てる。 ・季節ごとに紡がれていくエピソード。まるで気持ちが雪のように積もっているように感じた。 *9話完結 【全体の見どころ】 7000強ほどの短編集。一年前に旅に出てしまった恋人に会いたい気持ちを募らせていく主人公の物語。自分も遠距離恋愛をしたことはあるので気持ちが分かる。何かを見た時にふと思い出が過る。あの時こうだったなと。 遠距離恋愛は確かに切ない。しかし相手のことを想う時間は増えるとも思う。一緒に居るうちは何ということもない毎日だが、離れてみるといかに一緒に居られることが幸せなのか気づくことができる。 この物語では、主人公がいろんなものを見たりして、彼のことを思い出していく。彼との時間は宝物の時間に違いない。 あなたもお手に取られてみてはいかがでしょうか? 普段何気なく一緒に居る相手との時間がどれだけ幸せなのか、改めて気づかされる物語だと思います。是非読まれてみてくださいね。おススメです。

ログイン

新規登録