ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

loggingさんのレビュー

「あれは一種のテクニックだ、全部のクイズに応用できるわけじゃない」

5.0
1

かつてクイズ王と呼ばれた男、ユーヤこと七沼遊也。

彼が目を覚ましたとき、そこはクイズと妖精が支配する世界、ディンダミア妖精世界であった。

彼を召喚したのは小国の姫、エイルマイル。

この世界で、七つの国の王が競う巨大なクイズ大会が開かれる、それに出場してほしいと告げられる。

しかしユーヤは困惑する、言語は通じるものの、異世界の知識などまったく持っていなかった。

そんなとき、ある人物から決闘を申し込まれる。果たして経験と技術だけを武器に、異世界で勝ち抜くことができるのか――。


/////


異世界でクイズなんて、そんなのできるわけないと思っていました。

この作品からは、まさにその先入観を覆す「クイズの経験と技術」がたくさん出てきます。

何より、ファンタジー小説として読んでも面白い!

なろう小説の中では異色の作品でしょうけど、話の展開は手に汗握る王道バトル物語になっています。


クイズの世界ってこんなに面白いんだ、と気付くことになった作品です。ぜひご一読ください。

登録日:2021/8/13 11:22

更新日:2021/8/13 11:23

問題を報告する

こちらはloggingさんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

カクヨムミステリー連載:6話完結

アルバート・マイヤーの回顧録

サクッと読めるダイイングメッセージミステリー短編

商店街のくじ引きで寝台特急の乗車券が当たった大学生は、もうすぐ帰国しないといけないイギリス人留学生を誘って列車に乗る。そこで殺人事件に遭い、残されたダイイングメッセージに気が付き…。探偵役はイギリス人留学生で、バディ物になります。サクッとミステリーが楽しめます。

カクヨムミステリー短編完結

【短編】シニガタリ

短編と侮るなかれ、濃密な作品

カクヨムコンで佳作を取った作品であり、期待通りの面白さでした! きっとこの予想外な展開で審査員をも唸らせたんだと思います。 私は「――1――」の最後の一文と、エンディングが好きでした。 短編とはいえど濃密な作品を拝読できたこと嬉しく思います。

ノベルアップ+ミステリー連載:4話

おばあちゃんの落とし物

「落とし物」は、なんですか?

 高齢化の進む郊外の田舎町、派手な事件も滅多に起こらない町の交番に勤務する警官の〈僕〉のもとに、ふらりと吉岡のおばあちゃんが「落とし物」をした、とやって来る。吉岡のおばあちゃんはこの町に住む独居老人の一人で、少し痴呆が出ていて、だけど足取りはしっかりしている、そんな彼女の姿がどことなく自身の祖母に似ている気がして、〈僕〉が他の人より気に掛けている住人だった。特に心当たりもなかった〈僕〉に「落とし物が届けられたら、教えて下さい」と吉岡のおばあちゃんは帰っていき、それから日も待たない内に彼女はまた「落とし物」が来ていないか、と尋ねにきて、それ以降は毎日のように今度は落とし物があったと軍手を拾って(それも毎回)、自分の「落とし物」がなかったか、と交番を訪れるようになる。彼女の「落とし物」って何だろう……、本当に「落とし物」なんてしたのかな……、そんな不思議な日が一週間くらい続いた頃、〈僕〉たちの交番に、強盗事件の捜査で県警の人がやって来て……、というのが物語の導入。  ネタバレフィルタは付けましたが、事前情報を持たずに読んだほうが楽しめるタイプの作品だと思いますので、ぜひ作品のほうをまず読んでいただければ、と思います。  いつまでも纏わり続ける恐怖というものがあります。  どれだけ忘れようと努めても、忘れた気になっていても、片隅には残って消えないままの記憶が、ふいによみがえる。本作の登場人物が恐れる過去と同じ経験した者でなくても(すくなくともこれを読んでいるひとの中にはいない、と思います。……えっ、いないよね……)、恐れる過去、忘れたつもりにしている記憶を抱えた者は多いでしょう。そんなひとの心の触れて欲しくない部分に触れるように、他人事ができず自分事となっていく、そんな感情自体はどこにでもある、身近な、とても怖い物語だ、と思いました。結末には寂寥感が余韻として残る、ほのかな幻想味もあって、個人的な嗜好も含めてとても好きな作品です。

小説家になろうミステリー短編完結

彼ぴっぴしゅきしゅきビーム殺人事件

パワーワードの圧力

「通報があったのは午後一時半。凶器は彼ぴっぴしゅきしゅきビーム」 真面目な文章の中に時々登場するパワーワード。 とても面白い作品です、ぜひ読んでください。

小説家になろうミステリー連載:340話完結

【完結】塔の医学録 ~悪魔に仕えたメイドの記~

人は悪魔に魂さえ売る。人の命を救う為ならば

少女は、塔の階段を一歩、また一歩と登っていく。 その塔に住まうという悪魔に、食事を届けるために。 悪魔の名は『ヨハン=アルブレヒト』。 実の父親に、悪魔のような行いを咎められ、この塔に幽閉された男 少女は部屋に入るなり、悪魔に刃を突きつけられる。 この危機を少女は誠実さと知識と信条をもって乗り切る。 そして、食事を受け取った悪魔が言う。『お前が気にいった』と。 少女はまだ知らない。その悪魔との出会いが、自身の運命を大きく変えることになるのだと。 自身も悪魔の一味に身を落とし、人を救う為の道に足を踏み入れることになるのだと。 なんといってもしっかりとした知識による物語の深さが、この作品最大の魅力ね。 かといって文章が、複雑で読みづらいということはないのよ。きちんと読者に伝わる表現が丁寧に使われていて、とても読みやすかったわ。 時代考証、文章研究、読者への寄り添い。 この作者の努力が痛いほど伝わってくるの。 もちろん塔の主従を中心に展開される時代に抗うストーリーもたいへん見どころがあるわ。 知識による深み、しっかりとした文章、面白いストーリー。 この作品が無料で読めることに感謝の気持ちしか浮かんでこないのよね~。 是非貴方にも読んでいただきたい至高の作品よん♥

ログイン

新規登録