レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

夏休みの終わり、異世界転生

作品詳細
毎年死にたくなる夏休みの最終日。にトラ転。 ちょい毒親持ちのキラキラネーム中二男子と、明日から夏季休暇で定時退社したい女神の会話。 夏休みの終わりはいつも大体死にたくなってたかつての自分と、今そういう気持ちの誰かに。 ネットを漂って届けばいいなあと思って書きました。 かぎろさんの自主企画「第二回ドゥン大賞 最高の夏休み篇」に寄せて書きました。 はてなインターネット文学賞 最終選考に残りました。ありがとうございます。 https://kakuyomu.jp/contests/hatena_internet_bungaku#nominatedWorks

物語の主人公である”君”に

5.0
1

 異世界転生という言葉をタイトルを含むたくさんの物語が綴られる昨今。


 死んでこの世界から去り、新たな世界で心機一転したくなるぐらい、今の生活はつまらなくて憂鬱だったりするのだろうかと。


 平凡な自分で平凡な人生だとしても、視野が広がれば世界は広がる。新しく見える世界は異世界に立つ時と同じ感動をくれるから、しがみ付いて自分の人生物語の感想を人に語れるぐらいに、しっかり読み切ってみようではないか。


 そんな気持ちになるメッセージ性のある物語です。


 短編でスラスラと読み切れますのでぜひ、多くの人に。

MACKさん

登録日:2021/8/14 12:23

更新日:2021/8/14 12:23

問題を報告する

こちらはMACKさん が読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

MACKさんの他のレビュー

奴隷屋の日常

善や悪というカテゴリを持たない主人公の物語

 作品タイトルからわかる通り、主人公は奴隷屋。奴隷を売買するという商売をしている青年シリウス。その相棒ともいえるライファットと共に過ごす日常や、過去の出来事のエピソードが綴られた物語です。  奴隷の売買をする奴なんて、ろくでもないのではと思いきや、彼は善人でも悪人でもないです。  奴隷の生活環境を良くしてこそ商品としての価値は高まり、客ともwinwinという理念で、奴隷を商品として丁寧に扱うし、銃や剣に名前を付けて大切にする。物と人に対するベクトルが同じなのかな?という部分も。  「身内」と呼べる相手以外に対しては、物であっても人であっても、大事にすべきものは大事にするし、いらなくなったら捨てるというクールでドライとも言える部分もあり、こういう性格の主人公であることが、とにかく他に類を見ない気がします。  だからといってどっちつかずという訳でもなく、中庸というわけでもない。掴みどころがあるような、ないような。でも裏表がない、なんとも気持ちの良いキャラクターといった感じで。このシリウスという男を知るためだけでも、読む価値あり。  ライファットとのバディ感あるやり取りも小気味よいです。  日常といっても、事件が皆無なわけではなく、ほんわかするものから手に汗握るような色々なエピソードがあり、その物語ごとにキャラと世界観が深まっていき、気付けば最新話を心待ちにしてしまうという作品です。

5.0
1
MACK

乱歩のまなざし

乱歩を読んでなくても大丈夫

 タイトルにもあったので、乱歩作品を読んでいないとわからないかもという不安がありましたが、未読でも全く問題なし!という事を、まず。  もしそれを気にして読んでいない方がいらっしゃったら、ご安心下さい。私は少年探偵団のシリーズしか読んでないけど、大丈夫でした。  「私」視点の、「私」の物語。  女子大生の、リアリティある心情と、学生生活、人間関係。  ジャンルはミステリーになっているけど、人間ドラマに感じられました。「私」のドラマ。    文学の話かと思いきや、心理学についての内容が濃密で、読み終えると色々な知見が得られている点も一読をお勧めできる部分ですが、これら一見、難しそうで尻込みしてしまう要素に見えて、それが面白さに転換されているという。  作者の文体、構成、表現が秀逸。馴染のない理論や用語がわかる、すらすらと。  最初は軽く読もうと思って、まず各話の最初の二行、最後の二行だけを見たのですが、その間が読みたくて仕方なくなりまして。  全部読みたい。    この引力をどう表現したらいいのか。  難しそうで、自分に合わないかも?と思われるなら、まず私と同様に最初と最後の二行を読んでみて欲しいです。間違いなく、全文読みたくなります。 「私」のキャラも、准教授の名木橋のキャラも、とても印象と記憶に残る人物像で、各話でいろいろと、心揺さぶられます。最初に人間ドラマと書きましたが、強いてミステリー感を感じたのは名木橋という人物ですね。カッコイイけど、存在が何気に謎めいているというか……。  熱く感想を語れる要素が多いので、この作品レビューを書く人は、自然と長文になる点でも、色々とお察しください。

5.0
0
MACK

おすすめレビュー

生まれた直後に捨てられたけど、前世が大賢者だったので余裕で生きてます

赤ちゃんのまま無双とか斬新で会話も面白い!

現地転生もの 普通は成長してから活躍するんだけど この話は0歳のまま活躍するのが面白い いちいち想像の斜め上の行動をして笑える 杖との掛け合いもセンスがある テンプレ通りの冒険者モノなんだけど 主人公を赤ちゃんにするとここまで面白くなるとは

オカルトウィッチ魔女ビーム

ハチャメチャなスピード感のトンチキ作品

うさんくさいオカルトと女子高生の爽やかな青春と超ロジカルな異能バトルが悪魔合体したハイスピードなトンデモ作品です。 3万字ほどなのでサクッと読めるのもうれしい。面白すぎる。

生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい

シビアな世界観と主人公のほのぼの感の落差がすごい!

魔物の大量発生から逃れるため錬金術で眠りについたものの、ちょっとしたミスで200年眠りについてしまっていたおっちょこちょいが主人公です。 世間知らずを何とかするため奴隷を買い、なんとか薬を売ったりして生活していきます。 そんな感じで主人公視点ではまったりお店をやっていく平和な日々なのですが、裏では色んなことが起こっていたりして落差が激しいですね。 主人公も色々勘違いされたりして、地の文が軽快で読みやすいのもあってその落差でちょっと笑ってしまいます。 恋愛要素もありますが、日溜まりの中でぬくぬく育っていくような感じで、にやにや見守っていく楽しさがあります。 本編は完結していて、世界観もよくできてて、それぞれの個性や心の機微もよくて読者の心も揺さぶってくる名作です。 最終的には過去の世界でも数えるほどしかいなかったほどの凄腕へと成長していく主人公が、がんばり屋で応援したくなる話なので是非おすすめです。

「人外歓迎!異世界宿屋

緻密に描かれた食べ物の描写がリアル過ぎてお腹減る。

最初の話から可愛らしいキャラが沢山出てくるんだけど、それ以上に食べ物の描写が頭の中に残る!深夜にこそ読んで背徳感を感じたい!

セカイの果てのハテまでキミと共ニ誓ウ

記憶を失った二人が再び出逢う時、それはこの国にとって光となるのだろうか?

【簡単なあらすじ】 ジャンル:ハイファンタジー 方角により一定の季節しか訪れることのない大陸が舞台。唯一四季の巡る中央が一番の権利を握っていた。その中央の王弟陛下は中央四将を兼ね戦地に赴いていた。一通の手紙を携えて。それはこれから始まる戦いの序章に過ぎなかった。 【物語の始まりは】 他国への侵略から始まっていくようだ。主人公の受けた命は拠点を制圧(受け渡しを求め)をし敵の総大将に一通の手紙を渡すところから始まっていく。その後記憶を失う経緯が明かされていき、本編はその二年後となる。果たして約束通り、二人は再会できるのだろうか? 【舞台や世界観、方向性】 方角により一定の季節しか訪れない大陸。 唯一全ての四季が巡るのは中央のみ 群像劇であり、W主人公。 中央の現王は慈悲のない人物であり、貧富の差が著しい。 【主人公と登場人物について】 主人公の一人は中央の国の王弟殿下であり、最高戦力〝中央四将〟の一人。 魔力を持ちながらも魔法を使うことができない。 【物語について】 前述したように、他国との戦いから始まっていく。自分の任務を果たした彼は、敵の総大将に手紙を渡すが内容はこの時点では明かされていない。こののち、発端である二十日前へと遡る。そこで主人公の一人である王弟殿下が見たものは信じがたいものであり許されるものではなかった。ここではある実験が行われていたようだ。 そこに囚われていたのは、北の国の王女。王弟殿下は彼女に助ける旨を伝え一度、その場を後にしたのだった。彼女の視点から囚われた時のことについて、のちに明かされる。 この物語は、王女を救い出すことがターニングポイントなのかも知れない。 主人公にこの時告げられた真実、そして彼女を守るために犠牲にしたもの。兄が守りたかったもの。そして彼が犠牲にしたものとは。果たして王弟殿下は再び王女に巡り会うことができるのだろうか? 【良い点(箇条書き)】 ・知らないということですれ違いを生んでいる。その為、読み手はかなりハラハラしたりもどかしさを感じたりする。(兄弟について) ・細かい世界観設定が為されている。少し登場人物は多く感じるが。 ・主人公が記憶を失うことになった経緯が丁寧に明かされている。 ・その後の展開については余計な部分がなく、本題に入っていく。 ・魔法に関しての設定が特殊である。オリジナリティを持たせている。 ・戦闘にて、この物語オリジナルの部分(魔物の生態や魔法などについて)が明かされていくが分かりやすい。 【備考(補足)】12話まで拝読。 【見どころ】 兄である若き王の心情を知らない主人公、知らないからこその二人のすれ違いも見どころの一つだと感じる。しかし仮に知っていても、主人公は同じ道を辿ったに違いない。それまで兄のすることに対し、非道に感じても従っていた主人公。彼はあるものを目にし、彼を裏切ることになる。 主人公のターニングポイントは、ある王女との出会いにあった。彼は彼女を救うために、他国との戦いで相手国の拠点を制圧した後、その国の総大将にある手紙を託す。その内容は後に明かされていく。彼女を救うためには兄を裏切らねばならず、犠牲も払わなければならなかった。その中には罪のない一般人も含まれた。主人公は彼女のを救うために記憶を犠牲にし、彼女は別な理由で記憶を失う。再び巡り会えることを信じて。 二年後、少なくとも自分の置かれている立場についての記憶を持っていると思われる主人公は、自分の国と敵対する立場にいた。敵国の王弟として恨んでいる者もいるだろう。しかし彼の信念は揺るぎないものであった。 この先、彼らに待ち受けているものとは。 あなたもお手に取られてみてはいかがでしょうか? この物語の結末をその目で是非、確かめてみてくださいね。おススメです。

本棚

作品へ

ログイン

新規登録

通知

こちらはユーザー用の機能です。

to_top