glass menu_button

レビュー

作品

作品を探す

レビューを探す

レビューを投稿する

運営してる人

©オノログ

閉じる

こちらは 詩木燕二(蔵出し中)さん が読んだ当時の個人の感想です。
詳細な事実については対象作品をご確認ください。

零れ落ちた日常より

大事なものを見失うことのないよう 生きる為の傷も 幸せを理解するあなたも ささやかな抵抗も 本物も偽物も、 宝物には関係ないのかもしれない。

全文表示

詩木燕二(蔵出し中)さんのレビュー

語彙のセンス

5.0

 詩集ですから、まぁ感想というのは「何この綺麗な文章~!」くらいしかなかったりするんですが…。そう、タイトル「零れ落ちた日常より」。


 そうですね、別の作品のレビューも乗せましたが(未来を考えて足をつけた)今作タイトルは恐らく“テーマ”であり、日常についてが書かれているんでしょうね、作者様が考えていること…でも、逆説というか、明るい捉え方、暗い捉え方、両方の詩があります。


 読了2分とありますが、そうです、文字数は少ないです。でも、読み終えて「あぁ、この5つの詩で1つの作品だな」と思えます。


 個人的に好きな一文を添えて。


僕は、きちんと一周できているだろうか。


 

参考になった! 0
共感する! 0

登録日:2021/08/19 04:53

コメント: 0

※コメント機能はユーザーのみ利用できます。
詩木燕二(蔵出し中)さんの他のレビュー

本棚