ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

新規登録

その他

オノログについてQ&A問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
ジャンル別
サイト別
書籍化
タグ別
一覧
サイト関連
運営している人

@オノログ

カクヨムファンタジー10万文字以下

最凶侯爵の逆鱗に触れた者達の末路

tristanさんのレビュー

無駄がない報復ザマァ

4.0
0

開始数行目からずっとザマァが楽しめる無駄のない構成。最初からクライマックス。

登録日:2021/9/15 21:38

更新日:2021/9/15 21:12

問題を報告する

こちらはtristanさんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

カクヨムファンタジー

転生奴隷と千年の魔女〈ハーミット・ウィッチ〉

可愛いコミュ障ヒロインと異世界冒険譚!

チート能力が与えられると騙され、転生後に奴隷として売られた主人公。 彼と奴隷契約したのは、最強の魔女(コミュ障)! 世界観の設定も厚みがあって、読み入ってしまいます。 作者はノベルゲーム『ATRI -My Dear Moments-』(ANIPLEX.EXE)などで知られるシナリオライター。 紺野アスタさんらしい、可愛いヒロインとの物語、ぜひ読んでください。

カクヨムファンタジー

迷宮クソたわけ

 血と涙でドロドロになりながら、地獄のようなダンジョンを攻略していくストーリー。主人公は債務奴隷。借金を返すため、冒険に身を投じる。  よくある異世界ダンジョンもの(この作品は異世界ものではないけど)とは一線を画す、生々しさとリアリティ。そしてパーティをせせら笑う理不尽。全体的にはダークで救いようのない話だけど、実はハーレム要素があったりなかったり。  読後感という言葉があるけど、この作品に関しては『読中感』がすごい。話がどんどん広がって、深くなっていくのが手にとるように感じられる。  良い作品です。

カクヨムファンタジー

イッヌ-幸せの運び手-

ジェットコースターの速度で回るメリーゴーランドのような小説

 授業中、校庭に犬が乱入してきて騒然となる教室のお話。  キャッチコピーに偽りなし、まさに神話という趣の作品でした。感想を言語化するのが非常に難しいお話で、何を言おうとしても「すごかった」になってしまうのが困ります。あらすじをうまく紹介できないというか、好きなところに触れるために作品の中身について語ろうとすると、まったくどうしていいか分からなくなるような感覚。お話の筋そのものがかなり前衛的というか、そのまま受け止めると相当に混沌としていて、要約ではただの意味不明な文章になってしまうんですよね。面白いのはわかるんですけど、でも「どこが」「どう」を説明するのがもう恐ろしく難しい。  とりあえずわかることとして、文章がとても最高でした。偉そうになっちゃうのであんまり言わないんですけど、それでも「上手い」と言いたくなってしまう文章。勢いというかドライブ感というか、なんだか読んでいるだけで気持ち良くなるような書きっぷりの良さがあって、それが内容のかっ飛び具合とも合わさり(というかこの内容だからこその文章だと思う)、とにかく読んでいて楽しいという実感がありました。  特に、というか個人的なツボとしては、中盤の山場であるシームレスに神話化していくところが大好きです。世界の外枠を規定するべきタガのようなもの、この場合はおそらく視点保持者の自我が、でも急にしゅわしゅわ溶けちゃう感じ。その上でまったく衰えない主張の火力、食い込んでくる牙の力が緩まないところ。もちろん言い回しの妙や読みやすさもあるのですけれど、とにかく不思議な心地よさがありました。  そしてもちろん、そこに決して負けていないのが物語で、特に中盤を抜けて終盤に入ってからの展開(神話を見せてからの現実的な危機)なんかはもう本当に大好きなのですけれど、でも本当に説明できません。きっと支離滅裂と言ってもおかしくないくらいのはちゃめちゃっぷりなのに、どうしてこんなに筋の通った物語を感じるのか? 危機が本当に危機していて、そこからの解決が本当に強いんです。「訪れた危機の解消」自体が解決であるのは当然なのですけれど、でも同時にそれを成したのが彼であることそのものが、彼の存在をはっきり確実なものへと変化させている、というような。  ここまでどこか現実味のなかったティコ太郎という存在、それが初めて実体を伴ったのがこの話の終幕であり、つまり物語的な状況を解決するのみでなく、彼そのものをも救済してしまっているところがこう、なんですか、本当に〝こう〟なるから困るんです。最初に言った通り、頑張って説明しようとすればするほど、異常な文章が出来上がってしまう……一体どう伝えたらいいんでしょう……。  いやもう、本当に面白かったです。地味にタイトルも好きです。ほんのり感動映画風。そして全然間違いではないところ。でもそこが主人公みたいな扱いだけどいいのかしら、という、細かいツボを突いてくれる作品でした。好きです。

カクヨムファンタジー

旅は竜連れ世は情け

感想 竜の眼にも涙

とりあえず泣いた、ということで。 (劇中にそういった描写があるわけではありません) 不思議と爽やかな読後感と同時にこういったファンタジーが書ける作者への憧れといいますか、そうなりたい、と心底思います。 年齢、性別、読み手書き手問わず、多くの人に是非読んでほしい、そんな作品です。

カクヨムファンタジー

Fated world 机上から零れた空論

それは奇跡なんかではない。空論のその先へ──彼らが巻き込まれた事件の真相とは?

【物語の始まりは】 主人公が旧友から名指しで依頼を受け、二年ぶりに再会。魔法学とは何か? 魔法とは何かについて語られていく。それに付随し、アーサーレオ王国の自由騎士団とはどんな任務(依頼)を請け負っているのかなども明かされていく。彼らは、昔ながらの生活を守る民族が暮らしているウエスタンヒッツと呼ばれる森林地帯に向かっていた。序章ではウエスタンヒッツがどんなところなのか? 守り神についての仮説などが語られるが、当然ながら簡単に見ることは出来なかった。それでもその日は村長の宅にて滞在することを許されるのであった。果たして彼らは目的を遂げられるのだろうか? 【舞台、方向性】 ファンタジー世界が舞台。しかし魔法は机上の空論とされている。 ウエスタンヒッツの民は、独自の守り神を祀っている。その守り神の調査が目的。主人公は親友の依頼を受け、守り神が祀られているという集落に向かう。滞在中のある夜、事件に遭遇しその疑いを自分に向けられてしまうのだった。 オーバム……恐らく化学反応でなにかが出来るようなもの。例えばランプの代わりになったりなど。なので魔法とは異なる。 〈用語・補足〉 文化人類学とは? 人間の生活様式全体の具体的なありかたを研究する人類学の一分野。 (Wikipedia調べ) 【オリジナル設定】 王国騎士団の大部分を構成しているのが自由騎士団。身分の保証と、ある程度融通の利く生活が約束されている。平常時から広く民間からの依頼を請け負っており、旅商人の護衛や要人警護などが仕事らしい。それというのも、国指定の地域に出向く際には護衛を雇う決まりがあるからのようだ。自由騎士と契約するのは高価らしい。 それに対し、近衛騎士団は本国に駐在している。 【主人公について】 アーサーレオ王国の自由騎士団に所属する青年。 ある事件をきっかけに、突然魔法が使えるようになる。使えるようになったことに対しての仮説はあるが、まだ定かではない。 【どんな事件なのか?】 それは不可解な事件としか言いようのないものであった。魔法学を研究している親友のケイクに雇われ、主人公は共にウエスタンヒッツに向かう。そこでは、昔ながらの生活をしている民がおり、彼ら独自の神を祀っていた。 ケイクはこの守り神は、マザーエッグなのではないか? と推測し、調査をするためにここに来たのである。だが案の定、村人以外には”守り神”を見せることはできないと断られてしまう。元から簡単に交渉が巧くいくと思ってなかった彼は、まずは村について知る、彼らと仲良くなるという地道な作戦に出た。そして順調に計画が進んでいると思われた滞在数日後の夜、事件は起きてしまう。守り神があると思われる方向に異変が起きたのだ。村長、ケイク、その日村の掟を破り主人公の部屋に訪れていた村の子供のランディと主人公は、守り神の元へ向かうのだが……。 【登場人物について】 〈主要な人物たち〉 ルシオン……主人公 親友ケイク……大学院生、魔法学の研究をしている ジュノ……ウエスタンヒッツの村長 ユラ……村長の妻 ランディ……村の子供 (ネタバレ回避の為、あえて詳細は控えております) 【感想】 数奇な運命だなと感じた。偶然は必然と言うが、もし○○だったなら? が散りばめられているように感じる。確かに彼らがこの村に訪れていなければ、主人公が疑われることも追われることもなかっただろう。しかし、彼らがそこに行こうが行くまいが、事件は起きるだろう。そして誰にも知られないまま守り神を失い、村長を失い村人は路頭に迷う。主人公達がその時期に訪れたのは単なる偶然なのだと考えられるからだ。 そしてこの時期に訪れ、地道に彼らとの交流を持とうとしたからこそ、主人公は一人で逃げるという選択肢を選ばずに済み、魔法の存在にも気づけた可能性もあるし、生きることができたとも考えられる。 問題は山済みのようだが、魔法が使えるようになった仮説と自分自身の身体について納得した主人公。ここで序章でのケイクとの話などに繋がっていき、なるほどと思った。村から逃げることになった主人公ではあるが、道中には明るい様子もありその反面、不安もよぎる。一体犯人は何処から来たのか? 果たして、魔法が使えるようになった主人公は自国でどのように扱われるのか? など。現時点はまだ謎なことが多く、いろいろと想像力を掻き立てられる物語であると感じた。 【備考 (補足)】70ページ目まで拝読中 【見どころ】 序章も含め、いろんな部分からこの世界に関する情報が入って来る。それが繋がっていくのは一章に入ってから。ただそれには意外性もあり、え? となる展開である。事件に巻き込まれ、疑われると言うと方々から追手が、という逃亡劇を想像するがそういったアクションの方向ではなく、論理的に物語は進んでいく。 真犯人の目的も容姿も所在や素性が分からない為、何処で遭遇するのか分からないドキドキ感はあり、魔法が使えないこの世界で、魔法が使えるということがどんな影響を及ぼしていくのかも気になるところだ。ただ、この魔法が使えるようになる人物に関しては法則がある。誰でも使えるようになるわけではないということだ。なので、人体実験されたりするのでは? という恐怖もある。 主人公は果たして、親友と再会することはできるのだろうか?  真犯人を突き止めることはできるのだろうか? あなたもお手に取られてみてはいかがでしょうか? お奨めです。

本棚

作品へ

ログイン

新規登録