ユーザー登録・ログイン

新規登録

ログイン

作品

レビュー

登録/ログイン

その他

オノログについてFAQ利用規約プライバシーポリシー問い合わせユーザー設定管理者Twitter
レビューを投稿
書籍化
コミカライズ原作
ジャンル別
サイト別
サイト関連
運営している人

@オノログ

かんむりさんのレビュー

スケベ令嬢と言う看板に偽りなし! おまわりさんこいつです!

5.0
1

前世を悔やみ、好きあらばスケベがないか探している見た目は儚げ美少女が主人公です。

本人が積極的に隠しているわけではないのですが、誰もそんなスケベなことを考えてるとは思いもせず、清らかな乙女と勘違いされる中、心を読める幼馴染みだけがその本性を知っています。


世界が健全な乙女ゲー世界の為、頑張ってスカートがひるがえるのを覗いても足首しか見えません。主人公のスケベへの執着心の凄さと周囲とのすれ違いっぷりには何度も爆笑してしまいます。

それでいて真面目に年齢制限を守った前世の主人公はいざとなると奥手で照れ屋で可愛くて、にやにやしながら見守ってしまいます。


短くまとまっていて、さくっと読めて笑ってにやけてほっこりできるおすすめのギャグ恋愛物です。

登録日:2021/9/21 21:09

更新日:2021/9/21 19:09

問題を報告する

こちらはかんむりさんが読んだ当時の個人の感想です。詳細な事実については対象作品をご確認ください。

こちらのレビューも要チェック!?

カクヨム恋愛短編完結

いれずみ

このものがたり、蠱惑的。

 美は毒を内包するべきなのかと。心を支配するような甘美な毒が。その先に死が待っているとしても、溺れずにはいられないような。  時は江戸時代、主人公は彫り物師。この男はある種の芸術家なのか、なかなか叶いそうにない願望ではあるけれど、美少年の肌を彫りたいという望みがあります。雪原に足跡をつけたいというような気持ちなのか、刺青の痛みに耐える姿を見たいという歪んだ性癖なのかは曖昧ですが。  そんな男に望みが叶うチャンスが訪れ、ついに夢を叶える事に。  美少年が背負う刺青の柄が、到底彼には似つかわしくない題材なのに、恐ろしくも深みのある目が離せなくなる美へ。光が作る濃い影のコントラストに息を呑む事があるように、美に醜というコントラストも人を惹きつけてやまないのかもしれません。  この物語は、ぞくりとする美が作り上げられる過程を垣間見る事ができます。

カクヨム恋愛連載:66話完結

たった今も恋しています。

恋愛三部作第一弾

恋愛もので記憶に残るシリーズ。恋愛ものってやはり女性のものなのだと思いしらされた、そんな作品です。小さな街でつながる物語が毎日楽しみでした。

カクヨム恋愛短編完結

セーラー服

ハイスペ攻め×王道受けのBLがお好きな方に

BLです。女装要素あり。健気で一途な受けが憧れの先輩を追い掛けて同じ大学に入ります。早速会う約束を取り付けたものの寝坊してしまい、着ていく服がない、どうしよう!?と、最後はハッピーエンドで終わってサクッと読める短編です。ハイスペ攻め×王道受けが好きな方は尊くて死んじゃうのではないでしょうか(笑)

カクヨム恋愛完結非公開

【旧版です】腰痛剣士と肩凝り魔女(origin/version1.0)

「寂しさはね、強さなのさ。寂しさを知っているとね、強くなれるんだよ」

ワタシも肩凝りと付き合うこと十何年。 肩凝りというワードに引き寄せられ、足を踏み入れた本作品。 結論から言いまして、タナさんの魅力が群を抜いてスゴいのです。 どうスゴいのか。 上記キャッチコピーに記させていただいたとおり、タナさんの言葉……いや、『お言葉』には、魂と熱意と愛情が溢れんばかりにこもっているのです。 忘れてはならない、主人公であり語り部のエリさん。 彼を通してタナさんと歩み行く道中は、拾いものをしたり厄介事を片付けたりと、愉快で爽快でたまにホロリな旅路です。 エリさんの存在が、タナさんを強くする。またその逆も然り。 偶然のこの出逢いは、二人を四人にして家族にした。 家族の絆が悪魔を討てるか──好テンポな愛の旅路を、あなたも共に歩みましょうや! え? まだ旅にでない? そんなボヤボヤしていたら、タナさんにケツたたかれるくらいじゃあ済まされないか、も♡

小説家になろう恋愛連載:6話完結

おまえの秘密を知っている

かわいいの嵐

はちゃめちゃにカワイイ。冒頭がちょっと不穏な気配がしつつも、読み進めるほどに顔がにこにこ笑って止まらなくなる可愛さだった。キャラがみんな可愛くてちょっと不思議ちゃん。 子供達の「神還り」の設定が一風変わった良い味になっている。いやしかし実際居るよね主人公兄sの様なお子たちって…そのスタミナは人なのか?みたいなパワフルお子さま…。 タイトルも最終話で綺麗に回収され、ボリュームもお話としてのまとまりもとても良い。 読後感も最高です。 フフンガウフィウフィ

ログイン

新規登録